イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ケチとエコの境はどの辺り?

前の家の時に検討に検討を重ねて選び抜いたスリムライン(ハーフサイズ)のディッシュウオッシャーでした(経緯はここをクリック。自分で読み返しても長ったらしい!ですが。。)が、今の家の台所にはフルサイズの備え付けのものが元からあって、それを放り出して迄、気に入っているスリムラインと入れ替えるのも手間なだけなので、フルサイズのものを使っています。

が、やっぱりフルサイズは大き過ぎる。

・・・という問題が一つ。

*****

もう一つ、私の大切な和食器達は、間違ってもディッシュ・ウオッシャーになど入れる訳にはいかない!

・・・・というのが一つ。

*****

しかし、いつも手で洗うのは、しんどい。

・・・というのが更に一つ。

*****

それから、夫が「プロの技」と称して皿洗いを率先してやってくれるんですが、その方法が私は承認出来かねる!
*「プロの技」というのは、若い頃に皿洗いのアルバイトをした折に編み出したらしい手法で、日本人的には認め難い「技」であります。

・・・という問題もあります。

*****

もう一つ、ここの台所は、シンクの右側に溝が刻んであって、水切り籠を置くとするならばそこなんですが、そのすぐ右横がガス台になっているので、このスペースは調理スペースとして使いたい。
kitchen sink
つまり、水切り籠を置くスペースが無い!

・・・という問題もあるし。

*****
*****

そこで考案した皿洗い術ですが、

1.ディッシュウオッシャーは、基本的には水切り籠として利用する。
・・・つまり、基本的には手洗いして、水切り籠を置かずに、漱いだらディッシュウオッシャーに入れて乾かす。メリットは、、台所がすっきり見える。

2.疲れている時はディッシュウオッシャーに入れても構わない食器で食事をして、そう言う時はディッシュオッシャーをディッシュウオッシャーとして使う。
・・・一週間に1~2回程度です。

3.脈絡は乏しいんですが、今般、アクリルたわしを導入。
・・・ふとしたことで、アクリル毛糸で編んだ「たわし」だと洗剤無しできれいに洗える、と今更ながら知って、以来、アクリル毛糸を探し求めて、売ってそうな所を探しあるけど、どこを探しても無い!

◇デパートに行くとウール100%のモノしか無い。しかも何色か素敵な配色を組み合わせた、セーターにすれば格好、というようなものは幾らでもあるのに、私が目指す「アクリル100%」モノは無い。

◇いつも行く街にある手芸店ならあるかも、と出向くと、手芸店そのものが消滅していた!

◇別の街に友人と行った時に彼女に相談した所、「そう言うのはインディアン・ショップなんかにあるよ!」 とアドバイスされて行ってみたけれど、置いてあるものに毛糸の種類は記載されておらず、店員に聞いても勿論知らないということだったので、パス。

◇「チャリティ・ショップなんかにも出てることあるよ! 」とのアドバイスで続いて行ってみると、あったけれど、グレーと青っぽいものの5つ入り。そういう色は台所で使わないしい、そんなに沢山要らないのでパス。

◇隣に手芸店があったので入るも、やはりウール100%しか無い。聞いてみると、その店では売っていないが、最近出来た毛糸専門店にならあるんでは、と、店の人に行き方をざっくり教えてもらう。

・・・・・というプロセスの後、

やっと目出たく思い描いたものを入手。太さに合ったかぎ針と一緒に購入。
台所小物は赤、アクセントは白、と決めてるんです。

帰りのバスの中で試しに赤だけのを一つ編み上げ、
square tawashi

下手!

帰ってから赤白の丸いのをもう一つ編み上げ、
round tawashi

二つとも早速その日の夜から使い出しています。

フライパンとかには、さすがに無理だし、たわしそのものを洗う必要があるので、洗剤ゼロっていう訳にはいかないけれど、良く落ちます♪

台所に良いなら風呂だって!と、風呂磨き用たわしも作ろう、と思ったけれど、一つの風呂のカラースキームは黄色とネイビーブルー、もう一つのは浅い青なのに、一昨日買ったのは赤と白だけなので、ああ、あの時、黄色と青も買っておけば良かった、と後悔しつつ、取り敢えず台所用のをあと何枚か作っておこうかな、次は苺型にしようか、それとも楕円にしようか、などと構想中。

*****
*****

私って、「エコ」のトレンド先端を行っている!?

或いは、ただの「ケチ」?


*****
*****

◇追記1:ところでディッシュ・ウオッシャーは手洗いより水の量が少なくて済むから、かえって経済的、っていうのは本当に本当なんでしょうか? 

◇追記2:検討に検討を重ねて購入したのに、ろくに使わないうちに引っ越しとともに不要になったスリムラインのディッシュ・ウオッシャー。e-bay(オークション・サイト)で売ってみようと思うんですが、やった事無いのでグズグズしてます。すると、保証書では「599ポンド」となっているのに、私が書いたブログ内では「300ポンド」となっている事に今気付いて、あれ??どっち?????状態に。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕も皿洗いしてるので、ご主人のプロの技、是非知りたいです!

ディッシュウォッシャーが経済的なのは流した後の水を再利用するからじゃないですか?
あくまでも想像ですが・・・

にせピ | URL | 2008/01/14 (Mon) 20:12 [編集]


にせピさんへ

プロの技、はね、簡単に言うと

1.シンクにお湯を貯めて洗剤を入れて泡立てる。
2.そこに、汚れが少ない順に次々食器を入れて洗い、そのままワークトップに並べて行く。
3.全部洗って並べたら、小鍋にお湯を入れ、上から注いで行ってすすぐ。

です。真似したく無いでしょ。。。

りす美 | URL | 2008/01/15 (Tue) 06:38 [編集]


使う水の量が少ないから経済的、というのは日本国内で日本人の話。
外国で外国人(例:英国人)の場合は、きちんと水で濯いでくれるからディッシュウォッシャー使用の方が健康的、という説を聞いたことがあるような…orz

kWal | URL | 2008/01/15 (Tue) 09:01 [編集]


kWalさんへ

なるほど・・・。うちの夫も私が監視していないと漱ぎをさぼるような気がするし、きちんと洗い切れてなかったりするので、皿洗いやって欲しくないんですが、本人は私が遠慮してると思って、いいからいいから、って取り組むのが有り難迷惑なんですv-40

りす美 | URL | 2008/01/16 (Wed) 01:31 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。