イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロンドンからイギリス南部の海辺への最新・交通手段

イギリス全土に運河が張り巡らされているのは以前も少し書いたんですが、今回は、もう少しだけ詳しく。

運河・・・なんてロマンティックな響きなんでしょう。

で、実態はこんなんです。
ほったらかしの運河
ロマンティックとはかけ離れていて、呆然。。

昔の交通手段は馬。雨が降ると、こんな泥濘(ぬかるみ)になる道をせっせと馬車で荷物の運搬をしていた。
ぬかるみ1

ぬかるみ2
※この写真がある、ということは、即ち、私がここを通った、ということです。もうもう、ウオーキングはいつだって、いつだって、いつだって、泥んこです・・・。

産業革命と共に運河が建設され、建設材料や輸出入の貨物を、速くは無くとも、馬車よりもっとスムーズで安定的に運搬できるようになった。運河全盛の時代。(19世紀前半)

しかし、その時代はすぐに、鉄道の時代にとって変わられた。(19世紀半ば)

そして、短かった全盛時代を過ぎ、ずっと長い事、見捨てられていた運河。

それが、ここ10年間ぐらいで、
・まずはカヤックなどのレジャーに使える。
・運河沿いの道をサイクリング出来る。
などという可能性のもと、様変わりを見せ始めているとのこと。

現に、今日たまたま通りかかったこの運河、名前をWey and Arunと言うのですが、ロンドン中心部からイギリス南の港ポーツマスまでの運河ルートの一部。この部分を含めて、全ルートを復旧させようという活動が始まっているのでした。
建設進む

建設現場


あと何年かすると、ロンドン発、運河経由で、ゆるゆると、ポーツマスまでの船の旅が出来るようになるのかもしれない~。なんて素敵!!

もっと面白いと思ったのが、光ファイバー・ケーブルを運河沿いに通す権利を売る、という可能性。産業革命の立役者として一瞬だけ脚光を浴び、その後は長く打ち捨てられていた運河が、ここへ来て再び時代の先端手段として復活するかもしれない!何て素敵!!

とは言え、ボランティア活動の中で、イースターに因んで子供を呼び込もうとしての工夫は・・・

行楽用の運河ボートを花電車みたいに飾り立てたり、
お花のお船

向こう岸に、どこから持って来たのか、あらん限りのぬいぐるみを集めてきて、一つずつ木の下に置いたり、木の幹にくくりつけたり、
ぬいぐるみ

あるいは、小さいプラスチックのあひるをずらっと並べたりして、
あひるがずらり

その上、写真を撮らせて欲しいとはどうしても言い出しかねたんですが・・・体の線をモロ出して、うさぎの着ぐるみを被って岸に座って、やって来る子供たちの機嫌を取ろうとしたり、

涙ぐましすぎる。

夫に言いました。「ここは一つ、ボランティア活動に参加して、もっとビューティフルで実のある復旧促進活動をすべし!」

ひょっとすると本当にメンバーになるかもしれません・・・でも、新参者に発言権が無くて、来年、夫はうさぎの着ぐるみ着て客寄せしているのかも?!?

◆おまけ その1
1月、2月のウオーキングではスノードロップの自生が見事だった。今は、桜草=プりムローズが、どこかしこに可愛い花を咲かせています。
さくらそう

◆おまけ その2
うさぎがぴょんぴょこ・・・オーストラリアのカンガルー同様、ちょっとでも限界距離を越えるとササっと逃げていってしまうので、写真を撮るのは物凄く難しくて、これが関の山でした。
のうさぎ


ランキングって、厳しいんですね…。ダントツの凄い点数の人なんって、どうやってるんだろう。不思議・・・。

という訳で、最後に、是非ともランキング・マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。誠にお手数ながら、そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そういうえばイースターでしたね。
このさい、来年はご夫婦そろって、ウサギの着ぐるみで協力を!! 笑

運河っていうんで、私は、てっきり、ベニスみたいなロマンティックなのを想像してたんですが、どろどろですねえ。そのうち、観光の切り札になるかもしれない、と期待しましょう。

hiro | URL | 2006/04/17 (Mon) 21:00 [編集]


hiroさん

運河復活が早いか、hiroさんの高所恐怖症克服が早いか!飛行機に乗れるようになって、運河ボートに乗りに来て下さい!

KK | URL | 2006/04/18 (Tue) 00:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。