イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まずは趣味と実益を兼ねたハーブコーナーから

イギリスに来たら、どうせなら、日本でやりたかったのにやれなかったことを一杯やりたい、と思っています。

その一つがハーブガーデン作りと収穫の活用。

日本に居る時は、関西で庭のある家に住んでいた頃、「生きたい物は生きろ」方式=手入れ最低限のハーブコーナーをやっていた。当然ながら、強いものはとことんボウボウに伸び放題、弱いものはすぐ消えてなくなる、という体たらく。その上、せっかく沢山採れても使う知恵や時間がなかなか無くて、構想倒れだった。

東京のマンションではベランダでラベンダーの鉢植えに再挑戦するも空しく完敗・・・。

ガーデニングの本場イギリスでは、きっときっと、ビューティフルなハーブガーデンを持って、るんるん収穫、どんどん利用、を夢見ています。

そこで。ガーデンセンターに行きました。冬場とはガラリと変わって、苗が一杯溢れている。日本では無かったような種類が、わんさかわんさか:鼻血が出そうになるほど興奮してしまった。

恍惚となりながら、
物色1
でもどういう訳だか眉間に皺を寄せたりして
物色3
物色2
懸命に物色中。
※集中の余り、盗撮(もちろん夫によるものですが)にも気付かない・・・。


ごっそり買い込んだら締めて何と100ポンド(約2万円)を超えてしまった・・・。これはいかん!絶対に元を取らねばならぬ!!
これだけ獲得
↑持ち帰ってデッキに並べた所(但し、別の所に植えるクレマチスや百合の球根も混在)。

デッキの一端がボーダーに突き当たる部分からコンポストをよそに移動させ、土を入れ替えてハーブに優しい環境を整え(これは夫の仕事となります)、大半をこの部分に植えるつもり。
∵日当り良好 & デッキに立って収穫してすぐ料理に使える目論み
ハーブコーナーその1

これ↓が植え付けのシミュレーション。
レイアウトのシミュレーション
・前方右にはジャーマン・カモミーユや這性のタイム。前方左はちょっと一段高くしてナスタチュームも植えてあげよう。
・中ほどの列にはタイムやオレガノやセージなど。これらに混じって(ハーブじゃないけど大好きなので)アスパラも育ててみよう。
・そして後方には、ディル、アーティチョーク、フェンネル。

ミントは珍しいのも入れて5種類ほど買ったけれど、まとめてミントだけに隔離してポットに収納予定。
∵どんどん地下茎で色んな所に神出鬼没する「たち」ということを痛いほど経験した。

更に、日当りが大変良い、乾きがちなボーダーを第二ハーブコーナーに改造の予定。そして、今度こそラベンダー畑を、そしてチャイブ、それからコリアンダーを植えてどんどん育てて、むしゃむしゃ食べるのだ!何たる贅沢~。ああ、その日が待ちきれない!!!
ハーブコーナーその2


あと見当たらなかったけど是非欲しいのがバジル、モナルダ、ヤローなど。これらも可及的速やかに手配しなければならない・・・。


さてさて、
・きつね(掘る、上に座る)との戦い
・りす(柔らかな芽をつっついて食べる)との戦い
・鳥(柔らかな芽をつっついてちぎる)との戦い
どんなことが待っているやら・・・。

艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越えて、夢が叶うのか、あるいは悲しく敗退してまうのか・・・100ポンドと、それに、土代も入れるともっとかかっているのだから、どうしても成功しなければならない!

どうかハーブガーデンつくりを応援してください!! ⇒ 是非ともランキング・マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。誠にお手数ながら、そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

頑張って下さいね!!

すっごい種類のハーブガーデンが出来そうですね。
ハーブたちの途中経過も見られることと期待しています。
頑張って下さいねっv-46

くるみ | URL | 2006/04/18 (Tue) 18:32 [編集]


くるみさんへ

合点です!途中経過については、うまく行った時のみかも?!

KK | URL | 2006/04/19 (Wed) 02:09 [編集]


りすみさん>
私もイギリス時代庭で菜園してました。
が・・・・猫がやってきて、おしっこするのですよ~^^;
なので、それ以降は、もっぱらプランター専門です。アイルランドでも近所の人が猫を飼っていて、やっぱり我が家の庭に来るので、今は専用ルーム(サンルームをプランター置き場にしてます)ですくすくと、水菜をはじめ、シソ、春菊、ハーブ関係が一式育ってます。
外での菜園は、本当に難がつきもの・・・猫のおしっこには気をつけてください。
我が家も隠しビデオを掛けて発覚しました。これお勧めですよ~^^;

hami | URL | 2006/04/19 (Wed) 02:27 [編集]


hamiさんへ

有難うございます・・・ハーブガーデンも菜園もメッシュ針金で覆うことをチラッと考えてましたけど、やっぱり要注意ですね。うちにも猫、来てます。

隠しビデオって、猫は撮られていてもビクともしないから、それ自体が自衛手段にはなりませんものね。。

嗚呼、いったいイングリッシュ・ガーデンって何?ただの幻想?げっそりです。v-40

KK | URL | 2006/04/19 (Wed) 06:03 [編集]


すみません。説明不足ですね~^^;
最初に猫が来てるのが、分からなかったのですよ~でも悪臭がするので、何だろう~と思って、リス?犬?まさか猫とは思ってもいなくて、、ビデオで発覚した訳です。猫がお庭に来てるのなら、要注意ですよ~~
私は今家の中なので、気は楽ですが、主人からは、ブーイング受けてますわ。トホホ

hami | URL | 2006/04/19 (Wed) 07:18 [編集]


はじめまして

KKさま、はじめまして。先日偶然こちらを発見して、それ以来ちょこちょこチェックさせてもらっています。今日はハーブと聞いて、大人しく帰るわけにはいかなくなりました(笑)。
ベランダでのハーブ。数年前に初心者でいろいろなものに手をだし、みごとに玉砕しました。全滅です。それ以来、主人にはグリーンサムならぬブラウンサムの持ち主と言われています。イギリスは以前からとても興味のある国。そこでのハーブ菜園なんて、私もつくってみたーい!でも、ハーブたちのためにはこうしてKKさんのガーデン日記を見るにとどめておいたほうがいいのでしょうね(笑)。
また遊びにきます。

pocoyo | URL | 2006/04/19 (Wed) 11:57 [編集]


hamiさんへ

昨夜の臨時家族会議(!)で、この件についてディスカッションが行われました。結論は未だ出ていません。

次回会議では、「猫にとって居心地が悪いようにするには、どうすれば良いのか。」についてのブレーンストーミングがテーマとなります。hamiさんも参加して欲しい。。

KK | URL | 2006/04/19 (Wed) 17:53 [編集]


pocoyoさまへ

大人しく帰られずにコメント残して頂き、ありがとうございました!

ブラウンサム・・・うまい事言いますね、とはおっと、失礼。。すごく難しいのばかりに挑戦されたんでは?  ちなみにうちの夫は「砂漠イメージのハンギング・バスケット」のプロです=ハンギング・バスケットは必ず枯らす。

今、球根を植える直前で、しかも暗雲が見えるので、業務完了後、もう一度pocoyoさんのブログにおじゃまさせて頂きます。

KK | URL | 2006/04/19 (Wed) 17:59 [編集]


この件に関しては、是非スカイプ会議しましょう!
私のIDは、hamiingです。^^

今住んでる家も猫ちゃんさえ来なければ、外で菜園したいので、、、^^;

hami | URL | 2006/04/20 (Thu) 00:56 [編集]


hamiさんへ

当方ですね、未スカイプなんですよ・・・日本に行った時、設備を見て回ったんですけど、MacとWindowsの両方に対応するものが無かったので、拍子抜けしてしまったのです。

でも、「やることリスト」には書き出してあるので、今月中には何とかしよう!!!

それまでは、申し訳ありませんが、紙媒体(?)でお願いいたします。嗚呼、ああ、アア、無念残念です。

KK | URL | 2006/04/20 (Thu) 02:15 [編集]


私、広瀬きよみさん(だったかな?)のハーブガーデンの写真を見て、そりゃ、もうあこがれたもんです。でも虫恐怖症の私にはハーブについた虫を手でとるってことがムリなんであきらめました。 ><
ベランダでパセリや大葉のタネをまいて育てたこともあるけれど、虫が大発生して、断念。
それとこちらは夏は蒸し暑いので、なかなか難しいですね。
とりあえず、ご健闘をお祈りします。

hiro | URL | 2006/04/21 (Fri) 07:46 [編集]


hiroさんへ

私も虫恐怖症ですが、健闘してみますv-206

私もパセリや大葉は日本では散々な目に合いました。イギリスではどうなるのか!!

KK | URL | 2006/04/21 (Fri) 16:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。