イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幾らなんでも多すぎる!

1月の中頃、通りを歩いていたら

「ひゃ~。。」

一緒に居た夫が言った。

「Oh, NOOOOOO...」

と更に。

*****

ここをクリックして出てくる最後から二番目の写真がBefore。

そしてこれがAfter。
coming soon

看板をズームアップすると、こんなんに変わってるのが良く判ります。
看板には

*****

ここに越してきた最初の夜=忘れもしない去年の8月24日に行った
徒歩で行けるオリエンタル・レストラン、「ブルー・ドラゴン」
・・・タイ&チャイニーズ&ジャパニーズをミックスしたメニューで、美味しかった。近くにこういうレストランがあるのって良いね、と喜んでいた。

その後、家売却の法的手続きがなかなか進まなくて、金利負担も続いている中、「外食禁止令」を出していたので、ちっとも再訪できなかった。

12月4日にやっと決着が完全について、、するとクリスマス関係で呼んだり呼ばれたり、っていうのが続いて日が経ち、

年末に夫の友人が泊りがけで遊びに来た時に行こう、と思ったけれど、何故かその日は閉まっていた。

以降、年が明けてもずっと閉まったままで、

「きっとクリスマスの後、売り上げの落ちる1月だし、ホリデーにでも行ってるんだろう。」

などと思っていたら。。。

だから気に入ったのに、一回しか行ったことなかった

*****

この町には既にインディアンが二軒、イタリアンが一軒、美味しいパブ飯のパブ(とイギリス人が言うので当てにならないかも)が二軒、チャイニーズが一軒、そしてこのオリエンタル・レストランが一軒。どれも結構イケてる店なので、小さなエリアとしては、かなり満足できるラインアップだった。そして、中でも一番気に入っていたのが、このオリエンタル・レストランだった。

愕然。

この小さな町の中で三軒のインディアンが戦うことになる。幾らイギリス人がインドカリー好きとは言え、三軒全部が存続出来るんだろうか?勝ち抜くのはどれなのか?

引き続き観察していきたいと存じます。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

インドカリー!!!

美味しいですよね。
それに同じインドでも地方によって、個性やスパイスの使いかたとかも違ってるようですし、美味しいお店はしっかり残っていけばいいですねv-272

うちも美味しいお店を見つけると、しょっちゅう通わなくても、なんとも気持ちが豊かになります(^^)

くるみ♪ | URL | 2008/02/23 (Sat) 13:59 [編集]


生き残り

 少し繁盛するとすぐに同じことを真似する。
昔松下電器がまねした電器といわれた時代がありましたがあの時代があって今があるわけです。
生き残るにはどれだけ人の心をつかむか、リピートを多く確保するかそれをクリアーするところが残ります。
いずれにしても過当競争をしているときに消費者は楽しみましょう。

自然を尋ねる人 | URL | 2008/02/24 (Sun) 18:58 [編集]


くるみさんへ

インドカリー、味は大好きなんですけれど、てきめんに胃もたれするので敬遠しがちなんです。調子の良い時に一度行かないと、と思ってるんですが、まだ、この町のカリー・レストラン、そう言えば一度もどこにも行ってませんv-12

りす美 | URL | 2008/03/13 (Thu) 07:00 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

この店、昨日車で通り過ぎた時に、「2コースで8.7ポンド」っていうランチの看板が出てたんです。お高くとまってる感じに見えてたんですが、早くもそれでは採算が取れなくなってしまったのかもしれません。。始めたからには長く営業して欲しいんですが。

りす美 | URL | 2008/03/13 (Thu) 07:03 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。