イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オーストラリアでの宿泊はキャラバンパークに限る、と思って帰って来ました。

*今日は(今日も)イギリスの話ではなく、オーストラリア旅行記です。

オーストラリアの「キャラバンパーク」って、バカにしたもんじゃない、と実感して帰って来たんです。

バロッサで偶然にもキャラバンパーク内に泊まる事になって、結果、キャラバンパ-クのシャレーって悪く無いじゃない、と思いはしました。が、まさか以降もキャラバンパークのお世話になり続けるとは思わなかったのに・・・ご縁が深かったみたいです。

デンマークでは二つのキャラバンパークに三泊ずつしました。

これが一つ目。
デンマークで最初の

*****

B&Bはヘビーな朝食を決まった時間に食べないといけない、というのが億劫になって来たこともあって、「セルフコンテインド」のシャレー(コテージ)でのんびりやりたい、と思ってたんです。そういう希望を言ってビジター・センターに幾つかピックアップしてもらったんですが、どれも気乗りしないものばかり。

要するに、ビジター・センターに鍵を預けておいて、オウナーは遠くに住んでいて、自分達が使わないシャレーを貸している、っていう感じのもばかりしか無かったんです。ロング・ウイークエンドっていうことを全く失念してしまっていたのも大きかったかもしれません。

で、バロッサを思い出して「キャラバンパーク内のシャレーはどうなの?」と試しに行ってみたら、これが大正解!建って間無しと思しき、外も中もピカピカの抜群に快適なシャレーがありました。一泊120ドル≒1万2000円。

しかし、三泊しか出来なかった(ロングウイークエンドで先約あり)。

その後もデンマークに居たいし、と別のキャラバンパークを当たってみたら、何と、一泊60ドル≒6000円という激安のが一つだけ空いていた。嫌な予感が的中、裏ぶれた感じだし、湿気てて居心地悪し、、あそこには泊まりたく無かった。。
デンマークで二番目
二番目のキッチン

ま、その代わりと言っては何ですが、近くには黒鳥がわんさか居たり、
その代わり黒鳥とか

夜寝ていると、カンガルーがお出ましになっている音(ポン、ポン、ポン、と跳んでいる)がして来て、まるでジュラシックパークに宿泊している気分が味わえたり(!)。
カンガルーとかが
朝起きたてで玄関から見えた風景。彼らが夜、跳び回っていたのか??

*****

デンマークの後、アルバニーに移動。ここではもう、積極的にキャラバンパーク内のシャレーを探しました。

そして見つけたEmu Beach Holiday Park(HPはここをクリック)、今回のイチオシです!

これが我々のシャレー。
アルバニーのホリデーパーク

玄関を入ったら右がキッチン、左がリビング・ダイニング。
リビングの様子

シャレーの中は
・主寝室(ダブルベッド)
・子供用の寝室(シングル二つ)
・リビング・ダイニング
・キッチン
・バスルーム
・トイレ
外にはバルコニーもついていて、そこで食事や読書などが可能。

シャレーより大きいものは「ヴィラ」と呼ばれていました。
ヴィラはこんなの

オーストラリアの夏に映える、オーストラリアならではの配色のシャレーやヴィラ。
色の組み合わせに感心

このキャラバンパークは「4.5星」でした。それなのに、シャレー一泊分100ドル≒1万円。
・清潔。
・静か。
・備品が非常に整っている。
・ビーチ迄三分。
・無線LANあり(但しチェックアウト寸前迄知らなかった!!)。

パーク内は全面的に管理がきちんと行き届き、花咲き乱れる。
色んなハイビスカスあり

管理事務所があるから、個別オウナーが貸しているシャレーより、キャラバンパーク内のシャレーの方がずっと良いと思ったのでありました。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。