イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原則は「昼前後には目的地に到着し、ゆっくり宿を探す。」

オーストラリア宿泊場所お薦め:本番、シャレー(コテージ)篇。

バロッサのホリデーパーク内シャレーで三泊の後、パースに飛ぶ。

パース到着は既に午後3時を優に回っているも、予約しておいたレンタカーをピックアップするや、ブンブン飛ばして一気に500km南のアルバニー(Albany)まで行ってしまう、と暴言を吐く夫!

*今回のホリデーは南西オーストラリアの海寄りのエリアを中心にすることになっていました。アルバニー(地図等の基本情報はここをクリック)は、そのエリアの中心の街です。といっても人口たったの3万人。

午後7時30分には暗くなってしまうんです。だから500km全行程を時速100kmでコンスタントに飛ばしたとしても5時間かかる。4時前から5時間後、ということは、

真っ暗 
 &
インフォメーション・センターが開いている筈も無い


というダブルパンチの午後9時頃の到着。

そんな遅くから宿を探すなんて無謀過ぎる!

強硬に反対したものの、パースとアルバニーを結ぶ「アルバニー・ハイウエー」上には、殆ど町も村も無い状況。果たして泊まれる所があるのか非常に不安。

空港で取って来たリーフレットを頼りに、午後8時前に通りかかった小さな町を流して見つけたB&Bで一泊。ホッ
・・・ここは一泊朝食付きで9500円也(今回も便宜的に1ドル=100円として計算)
オーストラリアはカップル単位の料金設定=二人一部屋で、二人分9500円。

*****

あらら、今回も「本番、シャレー篇」に行く前に、こんなに長くなってしまったので、この項、ここまでとします。

次回こそ、今回の旅の大半を過ごした「シャレー」達のことを書きますので。

*****

・・・それはそうと、オーストラリア南西部は良い所ですよ。「オーストラリア」としてイメージするのとちょっと違って森林がある。気候が温和で過ごし易い:灼熱状態にはならないんです。

今回はしかし、オーストラリア・ドルが力を増し、且つ、GSTという消費税に当たるものが導入された、というダブルパンチで、今までと比べて随分割高になった実感が強かった。長期ホリデーには快適&割安の絶好の土地だったので残念です。

・パースからレンタカーでドンドン走ると到着する。
・そして道路は日本やイギリスと同じく「車は左」なので戸惑わない。
・日本からだと時差が少ない。

そういう利点もあるので、一週間程度以上の休暇が可能なら、日本在住の人に特にお薦めと強く思う次第です。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本からだと。。。

時差がないのはいいですよね。
宿泊先を見てから決めるのは、いいアイデアかもしれません。でも、観光地では、苦しいかも。。
足が(車)があって、郊外に滞在OKという、旅慣れた人向けですね。

KH | URL | 2008/03/16 (Sun) 07:15 [編集]


KHさんへ

宿泊先はウェブサイトだとなかなか実情が判らず、それに所謂「観光地」は外すので、大抵は現地で見てから決めるんです、、この方式、私はドキドキものなんですが、何とかなってます。

行きたいところに自由に行くにはやっぱり車は必要。オーストラリアは運転しやすいから、その点でも安心かと思います。

りす美 | URL | 2008/03/16 (Sun) 15:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。