イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

西オーストラリアの動物達は何だか笑える・・・。

※この所、イギリス篇ばかりになっていましたが、未だ西オーストラリア篇でアップしておきたい内容もまだまだあるので、忘れないうちに、今日は再び、「西オーストラリア篇」にします。

西オーストラリアには、勿論、カンガルーやエミュー以外の動物が沢山。出会えなかったものもいますが、期待してもいなかったのに出会えたものや、そんなものがいるのを知らなかったのに居たものも一杯。それらの中からピックアップしました。

◆まず、小さいものから。蟻です。というより、蟻塚の接写から。ココナッツ&シナモンをまぶしたドーナッツみたい。実際の大きさは直径1cmぐらいだったと記憶しています。
蟻の塚
蟻「道」も。
蟻道

いずれも蟻そのものは写真では見えないんですけれど・・・。

◆次が、ハニー・イーターという鳥。最初に泊まったB&Bの斜め前の家の木で蜜を吸って(イーターというくらいだから食べて?)いたのにバッタリ。
ハニーイーター

◆森を歩いていたら、地面に鳥が座っていました。近づいても逃げないので、具合が悪いのかと更に至近距離に近づいた所、飛んで行きました・・・鈍感なのか、のんびりなのか、腹が据わっているのか、実態は依然不明。
じっとしている鳥

◆ブリッジタウンという、木登りをした日に泊まったB&Bのバルコニーの餌場で餌を食べているオーム達。鳩も便乗していたりするけれど、追い出されたりはしていなかった。
おうむ


・・・という前置きの後は、じゃあ、ペリカンは???

◆ある時、島の中を、ペリカンが並んで歩いていましたとさ。
整列

すると、魚を捕獲した一羽のペリカンが島に着陸(写真中央部)
着陸したぞ

「お!」「わ!」「ぎゃ!」…と、一斉に他のペリカンが周りを取り囲み、
取ってしまえ

→→→逃げる漁師ペリカンは、逃げるのに必死になった挙句、海の上に飛んで行って、そうして魚を海に落としてしまって、あぁ~あ、誰も食べられなかった。というお話が目の前で繰り広げられていました。

◆ペリカンの戦いの背景(手前)↑に居る大きなナメクジは、ナメクジではなくて、あしか達です。微動だにしない。ペリカンとは無関係に、マイペースでごっろ~ん、と半回転していたのが一匹いたかな?

◆パースの南の方の沖にあるペンギン・アイランドにて。迷子のペンギン(フェアリー・ペンギンという世界で一番小さなペンギンとのこと)を保護・観察している場所で、ペンギンに餌をやるのを見せてくれます。これは、もうじき餌がもらえる、というタイミングのペンギンたちの様子。

固まって、餌をもらえるのを大人しく待っている様子。
待っている

誰も何もしていない。筈。なのに、いっきなりぎゃーぎゃーびゃびゃびゃ
ぎゃーすか
誰から先に貰うのかでもめていたんでしょうか・・・。

◇さて、所変わってここはイギリス。動物と言えば、ハーブガーデンを猫がloo(イギリス英語の口語では、こう言うんです・・・余りにイギリスっぽくて、イギリスに来て日が浅い未熟者の私にはおこがましくて、口から出す事が出来ない)にするかもしれない、という恐怖の件。

→昨夜の家族会議(構成員はたったの2名ですが)にて、「居心地良さそうな平らな乾き目の土、というのが猫をそそるのだ。だから、株と株の間に小石を並べて、居心地を悪くしてみよう。ダブル・プロテクションとして、ハーブ畑の周りはライオン糞で囲もう。」という結論に達しました。実際のハーブ畑は、明日と明後日の休日を使って、土の掘り起こしと土の入れ替えを行って、霜の心配が消える5月上~中旬の植え込みに備えます。
※何故、早々と苗を買ったのか? 
 → 答えは、以下から選んでください。(注:応えは一つだけとは限りません。)
a)早く手元に置きたかったから。
b)畑を整備する人へのプレッシャー。
c)その他(詳しく記入してください。               )


ペリカンやペンギンを沈静させる為(!?)是非ともランキング・マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。誠にお手数ながら、そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。***









スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

答えはaかな??

クイズの答えはなんだろう?
aかな??と思いました。
思い立ったら吉日!!のりす美さんなのかな?と推理して♪

西オーストラリアの動物たちは野生の王国みたいなすごい画像ですね・・・・
圧倒されます!

くるみ | URL | 2006/04/22 (Sat) 18:18 [編集]


くるみさんへ

クイズの答えは・・・もう少しお待ちくださいませ。

野生の王国!まさしく!!

KK | URL | 2006/04/23 (Sun) 08:06 [編集]


さすが、オーストラリアって野生動物王国ですね。野生の孔雀もたくさんいるって、姉が言ってましたよ。

答えはbでしょう。おらおら、はよせんかい~(ま、こんなに下品じゃないですよ、勿論!)
って感じで、目に付くところにおいて暗黙のプレッシャーってやつですね、はい。

hiro | URL | 2006/04/24 (Mon) 00:28 [編集]


hiroさんへ

答えは・・・今、ちょっと調べたい事もありまして。もう少しお待ちください。

KK | URL | 2006/04/24 (Mon) 01:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ブリッジタウンについて

ブリッジタウンブリッジタウン(''Bridgetown'')は、バルバドスの首都である。人口5,928人(1994年)、都市圏では110,000(2000年)。北緯13度7分 西経59度37分。カリブ海に浮かぶ島にある。1628年にイギリスにより建設され、現在は観光地となっている。町並みはイギリス [続きを読む]

首都の旅 / 2007/02/11 (Sun) 08:47


ブリッジタウンについて

ブリッジタウンブリッジタウン(''Bridgetown'')は、バルバドスの首都である。人口5,928人(1994年)、都市圏では110,000(2000年)。北緯13度7分 西経59度37分。カリブ海に浮かぶ島にある。1628年にイギリスにより建設され、現在は観光地となっている。町並みはイギリス [続きを読む]

首都の旅 / 2007/02/14 (Wed) 15:48


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。