イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

我ながら悲しい反応 in オーストラリア

(イギリスの店員、っていうと違うかな、イギリスの田舎の方はそんなこと無いかな、と思うから。だから、ロンドン地区の店員の皆さん、と言いなおそう。)

ええ~、ロンドン地区の店員の皆さん、大抵の方々は、偉そうにしておられます。働くのが嫌みたいで怖いです。

・・・カウンターの後ろでお喋りしておられるのを邪魔してはいけないので、お喋りに一段落ついた頃を見計らって声をかけたり、

・・・商品知識はお持ちにならないことが多々あるので、質問はしないように心がけたり、

・・・そして、買い物をしたらこちらが「ありがと。」と言うんですよ。

*注:勿論、積極的に話しかけてくる店員さん、商品知識を持った店員さん、先方から微笑んでくる店員さんも中にはおられますので、全部、という訳ではありません。

*****

そんなしきたり(?)に慣れてきてしまっている私、オーストラリアでは仰天でした。

ニコニコ笑顔で感じよく、ごく自然な感じで話しかけてくる店員さんだらけ。どこに行っても。


すると、どうでしょう。私の体は硬直し、

「あれ?この人、何、たくらんでるんだろう?油断ならないぞ。」


っていうように警戒アンテナが激しく振れるんです。

夫に言うと、彼も同じくだ、と言ってました。

*****

ホリデーの後、夫が初出勤した日、苦笑いして彼が言った。

「フィル(職場の知人)もオーストラリアにちょっと前に行ってたんだけど、やっぱり、向こうの店員が押しなべて感じよくて気味悪かった、そして気味悪いと思う自分が悲しかった、って言ってた。」

つまり、私達だけじゃなかったんです。

*****

ロンドン地区の店員さんたち、同じ働くなら喜んで働いた方が自分も楽しいだろうに、愛想賃まで貰って無いワイ、っていう風に思ってるんでしょうか。

・・・昔、日本の会社で未だ未だペーペーの頃、健康診断は社員の義務だ、とか言われて、血をとられるのが大嫌い(怖いんです)なので「血をとられるような怖い思いしないといけないほど、給料貰ってませんし。」などと、うそぶいていた誰かさん(ワタクシです!)を少し思い出したりして。。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

笑顔で感じの良い店員を見たら、怪しいと思え、って、哀しいやら笑えるやら。 慣れというのは恐ろしいもんです。笑
私の使っている日本語テキストの買い物編には「Japan is a shopper's paradise」というコラムがあります。はは オーストラリアも感じいいんですねえ。最近日本人の定年後の移住先としてとても人気があるのも、そういうのも関係あるのかも。

hiro | URL | 2008/03/17 (Mon) 16:55 [編集]


hiroさんへ

哀しいですよね。ロンドンから少し離れるとそんなこと無かったりもするんですけどね。

オーストラリア、最近は物価高傾向になってますが、前に移住した人は住宅についても恵まれてるでしょうね。

りす美 | URL | 2008/03/18 (Tue) 01:43 [編集]


私も去年オーストラリアのケアンズに行きましたが、本当に向こうの方はフレンドリーですよね。

てことは、ロンドンのマックはどうなのかしら、と気になってみたり。日本ではスマイル0円ですけど、ロンドンはいかに?(笑)

里 | URL | 2008/03/18 (Tue) 09:56 [編集]


スーパーでの話じゃないですよね?

ココも個人商店は、一歩お店に入った途端、"May I help you?"ですね。言葉ができないから、放っておいてほしいのですが・・・v-393もちろん、チェーン店やスーパーでは起こりえない話ですが!

ふくみ | URL | 2008/03/19 (Wed) 02:10 [編集]


里さんへ

マクドナルドですか!!行かないから判らない、、今度偵察に行ってみます。興味津々です。

りす美 | URL | 2008/03/20 (Thu) 03:29 [編集]


ふくみさんへ

May I help you?な店員さんはいますね、でも、全般的に無関心、、質問しても答えが判らなくていけしゃあしゃあ、みたいな印象を強く持ってしまっているんですが。

りす美 | URL | 2008/03/20 (Thu) 03:33 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。