イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

来た・・・けども。

イギリスの家具屋New Heights。依然、クレーム話が長引いて膠着状態。

ぎゅっと要約すると、

・・・去年の8月末に注文して、ソファ類は二ヶ月ほどで届いた。残りの食卓・椅子・サイドボードとハッチはクリスマス直前にやっと到着。が、
・サイドボード上置きはガラスが破損、
・下は汚れが木目に入っている不良品、
・テーブルは脚の金具が穴にめり込んで折れている不良品
broken leg

その後の処理ですが、

・謝りの「あ」の字も一度たりと無い
・担当者たらい回し、
・こちらから電話しなければ、常に連絡は途絶える、
・代金だけは取ろうと督促して来る。

等々、日本じゃ信じられないことが立て続けで、本当に気持ちがおさまらない。

去年の年末にメールと手紙で「トップマネジメント」宛にクレームを出すも何の反応もない。

*****

と、これは半端なプライベート・カンパニーに多分ありがちなお粗末話なんでしょう。

*****
*****

高尾慶子さんの本に「イギリスは、えらい人からは返事が来る。」っていうことだったので、試しに、とゴードン・ブラウンに手紙を出したのはいつの日か・・・。

ここに書いてました
=3月27日のことでした。

*****

4月18日のこと。

配達されて来た郵便物の中に、銀行からのステートメントとか、そういうのじゃあない、私宛の封書があった。

裏返すと
裏を返すと

文字部分を拡大します。
アップにすると

ダウニング・ストリート10番地=首相官邸。

あら、ほんとに返事らしきものが来た。。。

中を見ると、

中身はこれ

「首相本人は多忙につき、来る手紙一つずつに返事出したりは出来ないのは君にも判るだろうに。

Department of Business, Enterprise and Regulatory Reformに回すので、そこから返事が行くと思うよ。」

という内容を礼儀正しい英語で綴ったものが秘書(なんでしょう)の名前で送られて来ました。

多分、テンプレートが数種類あって、その3、とかそういうのなんでしょう。

この先、本当にその部門から返事が来るのか???・・・もう、どうでもいいです。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りす美さん、ご無沙汰しておりました。
>ダウニング・ストリート10番地
うーん、さすがです、ドラマみたいだーと思ってしまったわたしはまだまだ修行がたりないようです^^秘書からの、その3レターであったとしても、ネタとしてはかなり楽しいですね。

それにしても、その家具屋、いただけませんね。どうして、いい加減な接客をするんでしょうね。
転じて、一つ前のお茶の対応はすばらしい、というか日本ではこういう感じになりますよね。
ふう、いろいろ大変ですが、負けないで下さいね!ほうじ茶飲んで、心をおちつけて、また元気だしてくださいね!

harry | URL | 2008/04/30 (Wed) 19:44 [編集]


りす美さん、お元気ですか?
家具の件、災難でしたねぇ・・・。
実は我が家でも最近似たようなことがあったので、りす美さんの怒りと疲れを自分のことのように感じています・・・。
ホント、やりきれないですよねぇ・・・。
解決するまで落ち着かない毎日になると思いますが、こんなときこそ体に気をつけて、おいしいものをたくさん食べて、ご自分をPamperしてください!

sugarplum | URL | 2008/04/30 (Wed) 20:42 [編集]


harryさんへ

応援ありがとうございますv-14 張り合っても仕方無いし、気にしないようにするのが結局は一番体の為に良いのかもしれませんが・・・。

りす美 | URL | 2008/05/04 (Sun) 04:48 [編集]


sugarplumさんへ

有難うございます~。もう二度とこんな目に遭わないように、何も買わないようにします!?

りす美 | URL | 2008/05/04 (Sun) 04:49 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。