イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オープン・スタジオに続いては、オープン・ガーデン。

沢山の皆様からの義母逝去にあたっての暖かいコメントやメッセージ、本当に本当に有難うございました。無事にお葬式も済み、昨夕、戻って来ました。良いお葬式でした。差し障りの無い事は追ってまた書こうと思っています。

・・・重ねてお心遣い、本当に有難うございました。

********

さて。オープン・スタジオで感動した後は、今度はオープン・ガーデンです。

イギリスでは全国的にNGS(National Garden Schemeだったかな・・)という組織がオープン・ガーデン(特定の日に自宅の庭を公開。入場料はチャリティに回す。)を運営しているんですが、それ以外にも、NGSとは別途行われている、地域コミュニティが主催するものも沢山あるようです。

住んでいる町(村)でも、コミュニティー主催のものが6月22日(日)にありました。数日前の天気予報では終日雨、とのことだったのですが、朝になってみれば快晴!万歳
感心するほどきちんと運営されています。毎年、前年とは異なる6つのガーデンがノミネートされ、それぞれ異なるテーマで特徴付けられて公開されるようです。大きい庭から小ぶりの庭まで、バラエティに富んだものが全部で6つ見られる、という次第。

料金は、前売り券だと4ポンド。当日券だと5ポンド。NGSのだと、一庭でそれくらいするものもあるし、非常に妥当なお値打ち価格。
・・・勿論チャリティーで、庭の持主には何ら利益はありません。

********

まず一軒目は、拙宅から向かって4軒目:お隣主催の去年のクリスマスパーティで紹介してもらっていたフランク&ダフネのお宅の裏庭です。
ご近所のご夫妻

・・・プログラムによると「鉢植えやシュラブが豊富。庭の奥の白樺の大木に惹きつけられ、するとそこではquintessentially English=誠にもってイギリス的なクリケットマッチが繰り広げられているのが見えている庭」

庭の奥、左の方。

はいはい、庭の一番奥には、確かに白樺の大木が。そして、その先のクリケットフィールドで折からやっている、ちびっ子達のクリケット・マッチが垣間見られます。

庭の奥、右の方はこんな。

*余談ですが、帰り際に、フランク氏から、「これ、お宅のクリケットクラブ会員証。」と小冊子が渡されました。彼、家の裏のクリケットクラブのお偉いさんなんですけどね、、、実は夫が、お付き合いっていうこともあるし、と、クリケットクラブの非・プレイ会員に応募したんです、今年の初め。。推薦人が二人要る、っていうことで、すぐお隣のケンとこのフランクにお願いして、で、応募したものの、待てど暮らせど何も連絡が無くて、、、あらま、うちの夫って失格なの???と戸惑うこと約半年。。なんか、忘れてたみたい・・・ま、のんき、ってことで。。


********

さて次、二軒目です。地図を頼りに向かいます。

と、この町(村)の中で、未だ行った事の無いエリアでした。

どうも、この家の裏庭らしい?!?
次はこの家の裏庭?

と思って写真を撮ったんですが、違いました。この右奥のお宅でした。こちらのセールスポイントは
「ドライブウエイから入るとYewの大木が迎えてくれる、2パーツから構成される素晴らしい庭。ハーブ、果樹、水場、、そして、兵馬俑も。」

兵馬俑、、ですか????????

はい、まずこれがYewの大木。
家の左側の方の庭

そして水場。
池もありますよ

で、、これが兵馬俑!(暗くて見えにくくて失礼、、、)(英語では「テラコッタ・アーミー」と言います。)
テラコッタ・アーミー
オウナーご夫妻に聞いてみたところ、10年前ぐらいに中国に行って、この兵馬俑のレプリカが気に入って買った。お値段は1200ポンドとのことだったのを半額に値切って船で輸送したところ、輸送代+関税で総額1200ポンド≒26万円。百万円ほどしたんでは?と想像しただけに、割とお安いのね、などと思ってしまいました。屋根は自分達で作ったそうです。

日本にも行ったことがあって、京都と奈良が非常に気に入ったとのこと。

「じゃあ、奈良の大仏も庭に置いたら?」と提案したところ、

「いや~、、、そこまではちょっと。」

とのことでした。


凄いなあ、、、、、既に堪能。でも、あと四つあるので、続いて見に行きます。



所謂、・・・to be continued・・・






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

個人的に2軒目の「兵馬俑」がめちゃめちゃウケました!しかも屋根がちゃんと中国風に反ってる!
26万円…案外安い、けどこんなもん1つに26万円。。。そして屋根まで作って~・・・と考えると、英国人はなんて心もフトコロも豊かなんでしょう、と思いました。
(自分は東洋人だから兵馬俑を「こんなもん」と思うのかしら)

きちゅー | URL | 2008/06/30 (Mon) 03:08 [編集]


池を作っても広い広い

写真を撮ってもお隣の家が写らないし家が絵になるし。 うらやましいな~。

私は池のあるテラスがおもしろいと思いました。 ツルのオブジェは口から水が出たりするのかしら?  

kusaki | URL | 2008/06/30 (Mon) 10:26 [編集]


きちゅーさんへ

ちょっと度肝を抜きますよね、兵馬俑。庭に持ち込んだ目的は多分、「度肝を抜く事」だったんだろうな、、、。ここのお宅、明らかに非常にお金持ちですから、これが標準じゃないですから!!

りす美 | URL | 2008/06/30 (Mon) 16:46 [編集]


kusakiさんへ

名庭園を持つkusakiさんが何をおっしゃいますかv-31 でも、二軒目の庭、確かに広大でした。右側の庭から入った時は、「え?これだけ???テラコッタ・アーミーは何処?」とがっくりしたんですが、左側の庭に移ったら、、圧倒されました。

ツルが口から水を出しているか?すみません、、記憶にありませんv-15

りす美 | URL | 2008/06/30 (Mon) 16:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。