イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

食費出費抑制下のメニュー:後半

何でも食卓に持ち込んで、あたかも豪華な食事のように見せる「はったり術」の後半です。

月曜日(4/24) - この日はイタリア風(のつもり)。
monday

(写真・左から)
・クルジェット(ズッキーニ)のトマトソース煮:ラタトゥイユの簡素版。何しろもう、野菜が枯渇し始めているので。。
・ポテト・豆乳・チーズ&シナモン:ポテト薄切りにチーズパラパラ&シナモンもパラパラ→電子レンジでチン→オーブンで焼くと出来た。
・カッラ~リィ(やはり冷凍モノのイカ使用。「マ」にアクセントを置いて、イタリア語風に発音?することでイカフライを格上げする)
・ピーマン(赤&緑)のガーリック炒め
・オリーブ(蕎麦猪口に入れてあるけれど、写真を撮る迄に、既にオリーブ・モンスター*が大半を消費済みだったので、写真では見えない。)
◆こういうイタリア風(のつもり)は概して受けが良い。この日は総合評価、大盤振る舞いの五つ星★★★★★

あ。。でも、この日はル・クルーゼ鍋は使っていないぞ・・・ということは、ル・クルーゼが無くとも良い、ということ???

※何だか白ワインのように見えるものは何だろう?!? - 白ワインです・・・又もや反則者が出た。

*オリーブ・モンスター=拙宅に出没する、あっという間にオリーブを完食してしまう一見イギリス人(中年!)男性風モンスター。アップル・モンスター、グレープ・モンスター、ビール・モンスター、デイツ・モンスター等々の別称も持つ。

火曜日(4/25) - この日は和風で。後から半月盆を使えばもっとグレードアップして見えたのに、と気付くも時既に遅し・・・。
tuesday

(写真・左から)
・こんにゃくフライ:レタスのざく切りと一緒に食す。ウースターソースとケチャップを混ぜたお子ちゃまソースで食す。
・セロリとじゃこの煮物:20年程前に宇治の窯元で焼いた自作皿を使っているのが大きなポイント!?
・干しえびザー菜ご飯:すりごまを混ぜいれ、刻みスプリングオニオンをトッピング。これは栗原はるみさんのレシピから干しえびの量を半減させたもの。
  ∵余りに干しえび干しえびしているとイギリス人にはどうだろう?
と思ったのと、勿体無いのと。
・高野豆腐&えび&干しゆばの含め煮

※日本酒をお猪口に一杯、景気づけに飲む。

特記事項:こんにゃくフライは、図らずも「日英箸使いコンテスト」となった。優勝者は何と!イギリス人・・・イギリス人選手が早くもこんにゃく攻略テクニックを開発&会得したのに対し、日本人選手は、あわやお子ちゃまソースが服にべったり付きそうになったりして、辛くも敗退・・・。次回リベンジ戦に賭す!

◆高野豆腐に幸せがヒタヒタ染み入るのをしみじみ味わうも、イギリス人選手にはその感覚が今ひとつ伝わらなかったことから、総合評価、四つ星★★★★

水曜日(4/26) - キャンドルが無くても8時頃までは充分明るいので、例のエグゼキュティブ・ダイニング・ルームにて、「無キャンドル・ディナー。」
thursday

(写真左上から)
・大ボケも良いとこですけど、どうしても思い出せない・・・。何だと思います??
・マカロニのグラタン風:インスタントのフィッシュ・スープの余りを冷凍してあるのに気付き、それでマカロニを和えて、チーズとパセリをかけてオーブンへ入れると出来たもの。
・そして本日の大目玉!拙宅メニューの横綱、ラムの赤ワイン煮!!と行きたい所、赤ワインが無いので、大関級の「ラムの香草焼き」。川津幸子さんのレシピがベース。
 ※香草は、本来はホーム・ハーブ・ガーデンから…と行きたい所が、未だ植えたばかりなのと、なめくじ忌避剤をばら撒いてしまっている(ハーブになめくじは来ないだろうけれど、心配の種をことごとく駆逐する意味で…)のとで、ずっと前に買ってレンジ前に置いてあるタイムやパセリのポット植えを根こそぎ活用。・海草サラダ:この前の日本行きで購入したインスタント。
※どういう訳か、お猪口が一つ見えるのは、多分、お酒をちょびっと飲んだからなのかな~。思い出せない。

◆ラム大好きの拙宅のイギリス人が骨までしゃぶって満足していたので、えぇ~い、思い切って四つ★★★★!

木曜日(4/27) - ちょっと中華風っぽくしたつもり。エグゼキュティブ・ダイニング・ルーム改めエグゼキュティブ・マルチ・エンターテインメント・ルーム(DIYを始め、洗濯機置き場、苗置き場、雨天洗濯干し場等々にも使われるので。)にて。
wednesday

(左から)
・豆ち醤ご飯:豆板醤と間違えて買ってしまった瓶詰め。ちょい辛味噌として、結構活躍。栗原はるみさんのレシピは豆ち炊き込みご飯だったけれど、ま、いいんでしょ、と、そのレシピの運用篇。
・キャベツと玉葱の中華炒め:これも栗原はるみさんのキャベツの中華炒めから。キャベツの量が少なかったので、玉葱を混入した。
・にんじん&パースニップの甘辛煮:本当はきんぴらにしようと思っていたのに、気がついたら煮物になっていた・・・。
・いかとスプリングオニオンのオイスターソース炒め:これは川津幸子さんのレシピ。冷凍の小イカを使っているので、パンチに欠けた・・・もっとドッド~ん!と作ってみたいわぁ。

◆なぁ~んだか、どれもこれも、今ひとつピンと来なかったので、今回は残念ながら星二つ★★。


この期間を振り返って判明した恐るべき事実

1.普段とさして変わらん!! → 拙宅はもともとが節約やりくりメニューじゃないの!

2.ル・クルーゼの元を取るには、もっともっと使わなくてはならないぞ!!


・・・さて、昨日も申し上げたように、この日を以って、食費の発生の禁が解かれたのでした。

が、

この辺で、ちょっと一息入れて、ランキング・マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。誠にお手数ながら、そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。***
ここに戻ってきた後、「続きを読む」にお進みください。


バンクホリデー(イギリスは5月の第一月曜がメイデーでお休み。今年は偶然ずばり5/1。)でスーパー大混雑が予想されるのと、火・水はジャージー島(夫の実家)に行くのとで、


結局買い物はせず仕舞い。


で。昨日のブランチは、何と!こんな風に落ちぶれてしまったのでした・・・。
fish & chips
夫が買いに走った、ご存知「フィッシュ&チップス」。フライパンの上に緑のものが見えるのは、せめて何か野菜モノを、と、ピーマンを炒めた。。テーブルを賑わす目的のみで置かれてある鍋敷きが空しい。
※実の所、結構好きなので一ヵ月に一回くらいは、こういうこともあ~る!

これでは幾らなんでも、と、今日のブランチは、ちょいとメキシコ風??
salsa?

トマトが無かったので水煮缶。セロリ、玉葱、ニンニクと冷凍させてあるコリアンダー(パクチ)を使った偽サルサを作ってみるも不評・・・。
∵お子様は辛いものが苦手。

さっき押し忘れた方、ここでランキングのクリックをして帰ってください!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。誠にお手数ながら、そこで又このブログに戻ってきて、次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、そこでのランキングを見てみてください。
    人気ブログのマーク
***お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやいやなかなかのもんです、って、私と比べたら失礼というもんですが。
でもやっぱり、西洋の方は、日本の「味がしみしみしてる」高野豆腐みたいなのが苦手なのかしら。知り合いのアメリカ人も「ビショビショ」と表現してました。><
ブランチも、うちのほうがずーっとビンボー臭いです。笑

hiro | URL | 2006/05/01 (Mon) 07:35 [編集]


まー、コレが節約ディナーだなんて・・・うちの相方には絶対に見せられないページですわ、ここ。

お皿もステキなのがいっぱいあって、うらやましいです。ウチ、いつも一緒。
決めた。今日サラダ用のお皿を買いに行こう!!

em | URL | 2006/05/01 (Mon) 08:50 [編集]


hiroさんへ

結局、節約料理であろうが無かろうが、基本的に簡単で材料費のかからないものが私のフィールドなんだと再認識。。けちです、私。

KK | URL | 2006/05/01 (Mon) 10:06 [編集]


emさんへ

陶器のお皿って、イギリスは売ってないんですよ。西洋皿よりずっと面白いのに。日本から沢山持ち帰りたいけれど、重くて壊れやすいから難しいですよね・・・。

KK | URL | 2006/05/01 (Mon) 10:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。