イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マクロ・・・授業の概要ですが、

まず、一日の流れは以下の通りです。

★7時~8時:朝のエクササイズ:
・・・導引、ヨガ、太極拳、気の道(と書くのかな、Kinomichi)、ノーディック・ウオーキングから選ぶ。
※私は導引一回、ヨガ一回、Kinomichi一回、ノーディック・ウオーキング一回に参加しました。あとは、、お寝坊!

8時~9時:朝食

★ 9:00~10:30:モーニング・セッション1
★11:00~12:30:モーニング・セッション2

12:30~ 2:00:ランチ&休憩(又の名はお喋り)

★ 2:00~ 3:30:アフタヌーン・セッション1
★ 4:30~ 6:00:アフタヌーン・セッション2

 6:00~ 8;00:ディナー&休憩(同上!)

★ 8:00~ 9:30:イーブニング・セッション

☆ 9:30~ :以下から選択。・・・生姜シップ、Late Night Movie、サルサ・ワークショップ

********

「セッション」は、今回はレベル1、レベル2というコース別のもの、それからパブリック・クラスの三本立て。

・・・アムステルダムでコースを取ると、指圧の先生が外から来る以外は殆どKushi Europeを運営しているネリセン一家+αの面々で代わり映えしないのですが、コンファレンスはアメリカを始め、外部からバラエティに富む講師陣がやって来て、色んな人から学べるので、その部分は大変よろしかったです。
*昨年もコンファレンスに参加した人によると、今年は講師陣が去年と比較にならないくらい多彩だったとか。しかも皆さん中身が濃かったです。今年行ってラッキーでした。

食の美味しさをとるか、講師陣のリッチさを取るか、、私は迷わず後者。万一、レベル3もやりたい、と思った時には、やっぱりコンファレンスの時に、と決めました。

・・・よくあるビジネス・コンファレンス形式に準じた形式、つまり同じ時間帯に4~5種類の授業が同時にあってそこから自分の授業を選びます。

レベル1、レベル2は決められたものを履修、コンファレンス参加だけの人はパブリッククラスから選択するのが「筋」です。

********

セッションの種類ですが、私の取った「レベル2」は次のような構成。

★クッキングクラス・・・デモ&サンプル試食。

★クッキング・ワークショップ・・・ニ三人が一組になっての調理実習。

★Order of Universe・・・宇宙の秩序についてのレクチャー。

★望診・・・顔や体に出ているサインから症状を見つける東洋医学の診断法レクチャー。

★ヘルスケア・・・人体各部位についてのレクチャー。

★指圧実習・・・経絡を学んだ上で二人一組で実習。

★その他色々・・・米不足問題の実情とか、え~、より麗しい男女の営みについて、とか・・。

・・・・・場所がホテルだったこともあってなんでしょう、調理実習は三コマしかなくて、それが不満、という人が多かったです。

が、私は調理実習も発見があるけれど、むしろヘルスケアや望診に興味モリモリなので、今回の構成でかなり満足しました。

********

★食材、書籍などを販売するショップも一室に設営されていて、いつ行っても何か新しいものが届いていたりするので・・頻回訪問いたしまして、、面白そう!と思える本が目白押しでついつい一杯買い込んでしまったり、イギリスでは手に入らない食材(ぬか、とか)だの、多額購入してしまいました。

★カフェもあって、マクロ・スイーツやメディシナル・ドリンク、ビールとか酒も販売してるんですよ!私は専らスイーツ狙いで通っていました♪

********

Kushiヨーロッパの回し者では全くありませんが、ヨーロッパ在住の人で、マクロに興味があるけれど、コミットするのは躊躇う、、という方は、このコンファレンスに一週間だけ行ってみて様子を伺ってみる、っていうのがお薦めかな、と思いますよ♪

********

では、今回は文字のみにて失礼

















スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごく充実した内容なんですね~。
もちろん私は行くことはできないけれど^^。

izumimirun | URL | 2008/08/24 (Sun) 09:11 [編集]


こんばんは!
メールへのお返事ありがとうございます。

>Order of Universe・・・宇宙の秩序についてのレクチャー。

↑こんなのもあるのですね。
まさにマクロですね~。
とても興味津々ですが、オランダに行って参加するのは今のところ無理なので、りす美さんのレポートを楽しく拝読させていただくことにします。

ちなみにうちの夫(ドイツ人)、最近では肉を家で食べなくても全く平気になりました。気が向いたら外食の時に注文してます。野菜嫌いは相変わらずですが。

Tomojana | URL | 2008/08/25 (Mon) 04:42 [編集]


izumimirunさんへ

そうなんです、充実してました!ノートの整理、ほんとにそろそろしないと勿体ないですね。

りす美 | URL | 2008/08/26 (Tue) 04:04 [編集]


Tomojanaさんへ

夫には「外食では肉,食べてね。でもその時は同時に野菜を肉の三倍は食べて欲しい。」と言っているんです。家では魚は州に二三回出すけれど、肉はご勘弁願いたい気持ちになって来ていて、しかし、男性はやっぱり動物性のものが必要みたいですね。良い動物性のものを毒消ししながら食べてくれれば、と思っております。

りす美 | URL | 2008/08/26 (Tue) 04:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。