イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どうすれば良いのだ・・・。

先週の金曜日、夫の友人一家に夕飯をご馳走になりに夫と二人で出かけました。帰ってきたのが10時15分くらい。

玄関の扉を開けて、私はまっすぐリビングへ、夫はどういう訳だか左に曲がって台所へ。

リビングに入ろうとした私、

「あれ?引き出し、閉め忘れてる。」
何故引き出しが
・・・別に深く気にせず中に入っていくと、何だか風が部屋の中に入って来ているような感じがして、リビング突き当たりのドアを見ると、

開いている!

「裏のドア、閉め忘れてた?!」と私が台所に向かって言うのと、

「空き巣だ!」


と夫が叫んでリビングにやって来るのが同時。

********

夫は台所に入った時、戸棚が開いている・・・
裏のドアが、といった時

おかしいな?

とまず思って、すると私の声が聞こえて、それらが繋がって、空き巣にやられた、と気がついた。

********

二人とも凍り付いてしまって、互いを凝視していたのが5秒くらい。

その後、

「被害は?」

と家の中を見回る。

まず、リビングの隅のこれ

リビングの角をみると

引き出し開け放題で物が散乱。

その斜め向かいのサイドボードも扉が開けられたまま。

ここも扉が


私の勉強部屋はこんな状態。トートバッグが床にゴロン。横には夫に隠れて食べていた(中身は既に空・・)チョコレートの箱も転がっている。

私の勉強部屋も

二階に上がってまず目に付いたのがこれ。

屋根裏へも行っていた

屋根裏への階段が出しっぱなしになっていて、屋根裏にまで上がりこんだ形跡が。

・・・未だ屋根裏に隠れているかもしれない、と夫が上って行きましたが、賊は居ませんでした。

私の整理ダンス、そして一番被害に遭った、その上のジュエリー・ボックス。

私の整理ダンス

洗面所も扉が開放状態。

洗面所も

寝室もユーティリティ・ルームも夫の部屋も、扉と言う扉、引き出しという引き出しは皆、開けたままになっていた。

********

すぐ警察に電話をして、警官がやって来るまで何も触らずに待機。小一時間ほどして警官がやって来て、今度は三人で見回る。

********

賊は、この扉をこじ開けて

ここをこじ開けて

中のプレートを取り剥がして

プレートを取り去って

そして鍵を解除して中に入って来ていた。

********

・注:写真は全て、翌日の土曜日に、証拠を残しておこう、と考えて、警察から人が来るのを待つ間に撮りました。

********

翌日、指紋を取りに来た人が帰ってから改めて点検した所、盗られたのは私の宝石類とキャッシュカード二枚。

私は宝石類に余り興味が無く、中でもキラキラ度の高いものには特に興味が無いのです。が、それでもこの年にもなれば気に入っているものが数点はあって・・・。

・プラチナ台に小粒のダイヤモンドが散らばっているデザイナー・リング。
・ゴールドの四葉の形のトップにチェーンがついているペンダント。
・ピンク水晶の指輪。
・ルビーの指輪とペンダント(ペアもの)。
・パールのトップが先についたゴールドのチェーン。
・結婚式の時に身に付けたプラチナ・チェーン&パールの首飾り。

など、どれもこれも、思い出も愛着も深いものが消えていた。

宝石類のみを、しかも、私の手持ちの非キラキラ系の中で、プラチナとゴールドに絞って選択的に盗られた。

・バッグ内の財布は、30ポンドほどしか入れていなかったけれど、全く無事。デビットカードも。
・一万円札が幾枚かあったのも、触った形跡はあるのに、無事。
・メキシコで冗談で買ったギンギラ玩具みたいな指輪(確か1000円未満)なんかまで消えている。

など、解せない点が幾つもあるし、それに、屋根裏までわざわざ行く例も余り無いらしいし。

********

翌日、指紋を採りに来る人が、なっかなか来ないので、どうなっているのだ、と訝っていた所、拙宅から500m程の家も空き巣に遭っていて、金庫に入れていた大変な大金(キャッシュ)がごっそり盗られたのを始め、物凄いことになっていた(詳細は不明ですが)から手間取った、とのこと。

その家は所有物への保険をかけていなかったそうです・・・。

********

拙宅は、一応、建物と中身双方に多少の保険をかけてはいるんですが、勿論イギリスのことなので、保険会社の対応は超イライラものも良いとこ。

・・・何度も電話をした後、やっと連絡が来た、と思ったら、事故の対応についての打ち合わせではなくて、追加保険のセールスだった、と、夫が怒り狂っていました。

********

空き巣に遭った話をすると、「うちもやられたことがある。」という人が次々現れ、驚いています。

********

気味が悪くて気分も悪い。

空き巣、どうやって防ぐのが効果的なんでしょうか。
・・・ブログに書いてお知恵拝借したら、と夫が言うので、思い出したくも無い証拠写真をアップロードしました。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とんだ災難に遭遇されましたね。
盗まれたものに対しての愛着と、見ず知らずの他人が家に入ったという気持ち悪さ・・・。早めに気分を切り替えられることを祈っています。

今住んでいる家は2年前に購入したのですが、以前の持ち主の職業は刑事さん、俗に言う「デカ長」。防犯もしっかりされてました。

この辺りはそうしている人が多いのですが、地上階の窓には全部シャッターが付いています。あとバルコニーなどのある2階以上の部屋の窓にも。暗くなったら自動的に全部降りるように設定がしてありますが、長期留守にする時は手動に切り替えて、ずっと閉めたままにします。

こうすると、留守だということは一目瞭然なので逆に私はちょっと怖いのですが、確かに住宅が密集している地区でわざわざ物音を立ててシャッターを壊してまでも入ってくるドロボーはいません。

問題はちょっと昼間に出かける時。(全部のシャッターを閉めるまでもない時)ですよね。お巡りさん曰く、「ちゃんと戸締りをしても入られる時には入られる」。ガーン。じゃ、防ぎようがないですね。

写真にありましたような、取っ手を90度きゅっとひねって開けるタイプの扉がうちにもあるのですが、どこも小さな鍵が付いているので、昼間ちょっと出かける時は全部鍵をかけ、鍵ははずして目に付かない所に置きます。面倒ですが、それだけはするようにしています。

夜出かけるのであれば、薄明かりだけでも付けたままにする、ラジオを付けておく、ってのはどうでしょう?

他人事ではないので私も気をつけなくては。

Tomojana | URL | 2008/10/15 (Wed) 16:19 [編集]


たいへんですね・・・。

こじ開けられた扉は二重ガラスのものではなかったのですか?そんな、簡単にこじ開けられるんだ・・・。

最近ちょっと慢心気味だったのでわたしも気を引き締めます。

ちなみにわたしも夜外出の際は電気をつけておくこともあります。

ハイジ | URL | 2008/10/15 (Wed) 17:26 [編集]


ご無沙汰しています。いやあ、ショック!あのお宅に空き巣が!?とんでもないことでしたね。お気持ち、お察しします。
旅行時なら警戒もしますけど、ちょっと出かけた隙に、というのは思いがけないことでしたね。

うちも長期に家を空けるときは、1箇所電気をつけたままにして、ラジオをつけっぱなしにしておくのですが(あと、ゴミのコンテイナーを収集後、元の位置に戻してもらうように隣人に頼む)、日々の外出時はそこまでしませんけど、<在宅>のようにさりげなく電気をつけたままにして出る、というようなことはしています。

幸い、うちは庭側から侵入される心配はあまりないので(皆無ではありませんけど)、その点はちょっと安心ですけど、りす美さんのお宅は閑静な住宅街で、お庭からの素敵なクリケット場の眺めが魅力ですけど、その分、たしかにリスクは高くなってしまうんですね。

長年愛用されてきた思い出のジュエリー類をなくされて、しかも家中(屋根裏まで!)こんなふうに荒らされて、本当に許せないことですが、すてきな家具類など大物の被害はなかったご様子で、それは不幸中の幸い。

とにかく<在宅>であるという気配を感じさせるというのがひとつの手かと思います。

保険処理をはじめ、諸般の手続きがスムーズに進み、これを機会により安全な住環境となりますように、と願うばかりです。

AiM | URL | 2008/10/15 (Wed) 17:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/15 (Wed) 17:48 [編集]


さぞかしショックだったでしょうね。 お気持ちお察しします。私は結婚してからずっとマンション住まいなので(最初は4階、今は11階、オートロック)あまり空き巣には警戒心がなかったのですが、それでも数年前にマンションの鍵を巧みに開ける空き巣が多発したときに、もう一つ玄関ドアに鍵をつけました。(簡単にあけられないやつです)鍵穴が二つあるだけでも空き巣は避けるそうです。
一戸建てだと、まして閑静な住宅街だと注意が必要でしょうね。念には念の防犯対策とか。姉の家は2回空き巣に入られて、セコムにしたり、全ての窓にシャッターをつけたりしました。指紋認証(?)にしたり。。2,3頭ドーベルマンでも飼おうか、なんて冗談に言ってました。でも強盗じゃなくて命があっただけでも良かったと姉は言ってました。

hiro | URL | 2008/10/15 (Wed) 19:09 [編集]


たいへんでしたね...

空き巣に入られてしまったのですね。
大切におもっていたものをこんな無礼なやり方で持っていかれてしまい、
どんなにつらいお気持ちであろうかと...お察しいたします。
私が子供の頃、実家に(そのときは地方の貸家)泥棒が入り、
母の結婚指輪を盗られてしまって、母はずっとそれを悲しんでいました。
りす美さん、どうか気持ちを切り替えて、元気出してくださいね。
ニホンも近頃は物騒なので、わたしも気をつけなくてはと思いました。

harry | URL | 2008/10/15 (Wed) 21:20 [編集]


ショックですね~よくもまぁ全部開けてくなんて!
大事なもの達、残念ですね。。。
元気出してください!

そらじ | URL | 2008/10/15 (Wed) 22:45 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/15 (Wed) 23:47 [編集]


そんなに長時間おうちを空けられた訳ではなかったでしょうに、こんな目に遭わられたとは、私まで写真を見てショックを受けてしまいました。

確かに閑静な住宅街であっても、残念なことですが、空き巣に遭われた方は多いです。そして、あまりにも件数が多いからか、警察も真剣に犯人を探そうとしてくれないのだそうです。直接の知り合いも、パスポート、パソコン、貴金属類、現金、被害合計額約200万円と言っていました。私が昔住んでいたところの一軒家は、ほとんどセキュリティーがついていたと思います(ドロボーが入ったら、警備員がすぐにやってくるシステム)。

しばらくは気持ちも落ち着かないと思いますが、どうかあまり落ち込まれませんように。。。

ふくみ | URL | 2008/10/16 (Thu) 00:22 [編集]


りす美さん。。。I'm speechless...
とてもショックです。。(涙
わたしに出来ることあったら、言ってください。

キャシ | URL | 2008/10/16 (Thu) 01:44 [編集]


災難でしたね;;;
我が家は間口の狭いテラスドで家がくっつきすぎていてみられ易く発覚しやすのか、空き巣に入られたことはありません。
(窓全開で出かけてたり・・・汗;)

愛着深い品をもっていかれたのはショックですね

でも慰めになってしまいますが、強盗でなくて、空き巣、出くわさなくて怪我もなくてよかったと・・・。

昔のTV番組で、空き巣をやってた!?かなんかで、空き巣被害の手口に詳しい人が、TVで空き巣対策を伝授する番組がありましたが、、、今回入られたところから、先ずは補強、探られたところに大事なモノを置かないようにするのが一番ですかねぇ。。。
しかし屋根裏までなんて・・・なんてご丁寧な。

保険、すぐに戻ってきますように。

ろくろく | URL | 2008/10/16 (Thu) 02:41 [編集]


とんだ災難ですね。
あんなに善良な人達ばかりのような閑静な住宅街で・・・と私までショックを受けてしまいました。

参考になるかどうかわかりませんが、以前防犯テレビでやっていた案をいくつか。

・夜まで留守にする時は電気をつけておく。
・家から出る時「でかける」とか「何時に帰る」とわかるような会話はしない。
・セコムのシールを目立つ所に貼る。
・犬を飼う。
・窓に割ること防止フィルムを貼る。
・見せかけでもいいから防犯カメラや追加のカギを設置する。
・人体センサーで着くランプを玄関先や窓際に置く。
・(トイレなど目立たない=泥棒が入りやすい)窓の内側に鉄製の柵

「生活パターンがつかみにくく、防犯意識の高そうな家には入りにくい」と元泥棒さんがテレビで言っていました。

例え保険で金額的に保障されても、お気に入りだったものを無くしたという精神的打撃はお金でもどうにもできないもの。
お察しします。

不幸中の幸いは犯人と鉢合わず、命は無事だったこと。
お辛いでしょうが、りす美さんとご主人が少しでも早く気持ちが晴れるよう願っています。

パセリ | URL | 2008/10/16 (Thu) 03:43 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/16 (Thu) 07:13 [編集]


災難でしたね。お見舞い申し上げます。

日本と事情が違うと思いますが
以前雑誌の取材で『空き巣防止』をテーマにしたことがあります。
そのときのアドバイスとしては『ワンドア、ツーロック』
手間がかかるだけでなく、防犯意識の高さもアピールすることで、
ある程度防げるということでした。
日本の建て込んだ住宅地なら鍵を二重にすることで侵入に時間がかかり、
泥棒もあきらめるというのですが…。
もうひとつはセンサーつきライト。人が通ると明かりがつくライトをつけておくのもいいそうです。
夜の外出はあらかじめ伝記をつけておくという手もあります。

夏海 | URL | 2008/10/16 (Thu) 16:02 [編集]


ぎええ!空き巣!とんだ災難でしたね。。。
それにしても泥棒てこんなにあらゆるものを徹底的に開けてあさっていくもんなんですね。社会勉強になりました・・・。
愛着があったジュエリーが盗られてしまって本当に悲しいですね。ちなみにダイヤモンド等宝石はほとんど資産価値がないと聞きます。換金がたやすくて価格が高騰してるプラチナとか金が狙われたんでしょうね。
一万円札は・・・価値が分からなかったのでしょうかね?円高なのに。。。
ドロボー対策、日本ではセコムに入るとか、窓に柵をつけるとか、家の周りに音の鳴る砂利を敷くとかありますが、イギリスのお家ではこんなん参考にならないような・・・。鍵の部品や柵についているドライバー用のネジ穴は徹底的につぶしておかないと意味がないとTVの防犯特集ではやってました。

空き巣に直接会わなかっただけラッキーでしたよ!旦那さん、屋根裏部屋でもし賊と格闘になってたらと思うと・・・(怖)。

きちゅー | URL | 2008/10/16 (Thu) 17:55 [編集]


これは、これは、ほんとうに、ビックリ仰天、ショックがあとからじわじわと盛り上がってくるでしょう。悔しいですね。まったくひどい。どうか保険会社がしっかりと補償してくれますように。そのために払っていたお金ですからね。

やっぱりこれは、セコム、しかないでしょうね。
そして不在中と夜間の点灯。
今の私のステイ先はこの二つは徹底してますね。毎晩1階部分はセコムをオンにして、寝ます。ときどき夜中に蜘蛛(足長の)がセンサーにひっかかり、ものすごいアラームで起こされること(この方が実害よりはるかに多い。)がありますが、これはこのステイ先がそうじが行き届かなくて、蜘蛛の巣がいっぱいあるため(恥)。
とにかく、セコム(アラーム)はおすすめです。それを家の外に飾っておくだけでも、ないよりはずっと効果があるみたいですけど。

dekoboko | URL | 2008/10/16 (Thu) 18:15 [編集]


こんばんわ
災難に遭われてしまい、なんと申したらよいか・・・
最近こちらでよく見るCMで、
「鍵が2つあるのを見るとその家に入るのを諦める泥棒・・・何%」
「3分以上鍵が開かなかった場合は諦める泥棒・・・何%」
というのがあります。
少しでも出来る手は打った方がいいということですね。
それにしても、BLOGを通してですが身近なかたが
泥棒に遭われたのはショックですが、
BLOGを通してでも応援をしておりますので、
お気を落とさないように・・・
なくなったものも出てくるよう、奇跡かもしれないですが、
祈っております。
今こちらでは、カツラの落葉がいい香りです。
そのカツラの葉の甘い香りを何かに詰め込んで
お贈りできればいいのにと思います。

guitarbird | URL | 2008/10/16 (Thu) 18:51 [編集]


りす美さん、大変でしたね。
金額云々ではなく、愛着ある物がなくなってしまうのは
――しかも盗られてしまうなんて!――
とても辛いですよね。
それに、大切な家に見知らぬ人に入られて
そこらじゅう触られたかと思うと
う~、気持悪いですよね~。
近くのお宅も空き巣に入られたというから
犯人はその付近に目をつけていたのかも・・・?

じつはうちの近所も空き巣多発地帯で
以前、テレビの特番で取り上げられたくらいなんです。
防犯対策をしているにもかかわらず
複数回、空き巣に入られる家などもあったらしく・・・。
で、その後、うちの地区では、
ボランティアさんたちが何人かグループになって
道のゴミ拾いや、犬の散歩をしながら
町内の見回りをするという防犯プロジェクトが始まったんです
(たぶん、子どもが犯罪に巻き込まれるのを
予防するためもあるのだと思います)。
区or警察の車も2~3日に1回くらいやってきて
「空き巣が多発しています。
出かけるときは、きちんと戸締りをして
出かけましょう~~~」と
スピーカーで呼びかけながら、巡回もしてくれています。
空き巣がいちばん嫌がるのは
人の気配と視線らしいので
隣近所で協力して、防犯対策を考えるというのは
大切かもしれませんね~。

あと、その特番で
「鍵はぜったいに2コ以上つけること。
鍵を開けるのに手間と時間がかかると
空き巣はじれて、途中で断念する」と言ってました。

りす美さん、ぜひ気をつけてくださいね!

Hana | URL | 2008/10/16 (Thu) 22:00 [編集]


とんだ災難でしたね・・・。
私も8年くらい前にオーストラリアでジュエリーボックスを盗まれたので、りす美さんのお気持ちをお察しします。りす美さんと同じく、高価な物というよりも、思い出や愛着のある物ばかりで、特にプレゼントして貰った物はプレゼントしてくれた人達に申し訳なくて心を痛めました。海外保険でカバーされていたけど、心にぽっかりあいた穴はカバーされないんですよね・・・。

今は明らかにセキュリティーが設置されていると分かる家なので何も対策はしていませんが、時間を設定して自動的に電気がつくようにしても良いかも知れませんね。

あゆみ | URL | 2008/10/16 (Thu) 22:17 [編集]


ほんとにとんだ災難でしたね。

昔、うちも空き巣に入られたことがあるんですけど、あちこち、これでもかって言うくらい開けっ放しになってました。

最初、見た時はまさか空き巣だとは思わなくて、私は閉めてしまいましたよ。
ほんとに腹立たしいし、気持ち悪いですよね。

でも強盗じゃなくてよかったですよね。
早く立ち直ってくださいね。

なつ | URL | 2008/10/16 (Thu) 22:27 [編集]


びっくりしました。。。

本日、1週間弱の旅行から帰ってブログを読みました。本当に災難でしたね。お見舞い申し上げます。

ドアというドアがすべて開けられたキャビネットや、すべて開いている引出しの写真を見ながらぞーっとしました。発見した時のりす美さんの気持ち、わかります。

私らの両方の実家も空き巣に遭ってます。特にJの所は2度です。ここも鍵を取り換えて、アラームが付いているので、以前に何かあったのではないかと思います。

お互い気をつけましょうね。

KH | URL | 2008/10/17 (Fri) 02:14 [編集]


大変だったですね・・・。この部屋の惨状は忘れられないですね。私は幸いこういう被害に遭った事は無いのですが、ただ単に運がいいだけだと思ってます。どこで狙われるか、分かりませんもの。嘘でもいいから門前に「猛犬注意」とでも出しておくと、留守でも入られにくくなるのかな?

思い出の品が盗られてしまうのが一番悲しいですね。お見舞い申し上げます。

里 | URL | 2008/10/17 (Fri) 09:43 [編集]


りす美さん、大変でしたね。
人的被害が無くてともかく良かったものの、思い出深い品々を奪われたお気持ち、お察しいたします。
マンション住まいであまり空き巣対策を意識したことは無かったのですが、ネット検索で探してみたら空き巣対策を扱ったサイトがいろいろありました。いくつかピックアップしてみました。イギリスと日本では事情が違うところもあるでしょうが、よろしかったら参考になさってみて下さい。

http://www.jp-security.net/akisu/index.html
http://www.ec-p.co.jp/mame_akisu.htm
http://www.securityhouse.net/blog/archives/2008/09/post_861.html

少しずつでもお気持ちが癒されて、安心して暮らせる日が早くやってきますように。

WCR管理人 | URL | 2008/10/17 (Fri) 11:12 [編集]


りす美さん、初めまして。

時々ブログを拝見させて頂いていました。久しぶりに訪れたら空き巣の記事でびっくりしました。大変でしたね。

私も東京で一人暮らしをしていた時に空き巣に遭いました。実際には窓ガラスが割られていただけで、中には入られていなかったようですが。夜帰宅して、一瞬何が起こったのかわからず、体中がひやーっとし、夜遅かったので、大家さんや警察に連絡することまで頭がまわりませんでした。

大切なものが盗られてショックだと思いますが、元気出してくださいね。

mushromi | URL | 2008/10/17 (Fri) 23:37 [編集]


心からお見舞い申し上げます。
そんな災難の後にこうしてブログにアップしてくださるおかげで、こちらの身も引き締まります。
しばらく、家の中にいるのも落ち着かない(怖いのほうが適切でしょうか?)日が続くことになるのかと思いますが、どうぞお大事になさってください。

sugarplum | URL | 2008/10/18 (Sat) 01:19 [編集]


大変でしたね。

恐かったでしょう。
大切な自分の家が悪意に踏み荒らされるなんて!

でも、ファイト!
お二人とも、無事で良かったです。
悪いことする人なんてロクなことがあるはずありません。
きっと、すぐ捕まりますよ。
ほんと、ほんと。

Qu | URL | 2008/10/18 (Sat) 01:27 [編集]


Tomojanaさん、ハイジさん、AiMさん、鍵コメさん、hiroさん、harryさん、そらじさん、鍵コメさん、ふくみさん、キャシさん、ろくろくさん、パセリさん、鍵コメさん、夏海さん、きちゅーさん、dekobokoさん、guitarbirdさん、Hanaさん、あゆみさん、なつさん、KHさん、里さん、WCR管理人さん、mushromiさん、sugarplumさん、Quさん、加えてメールやメッセージ、お電話を頂いた皆様へ:

吃驚させた上にお気遣いをさせてしまって恐縮です。愕然としながら気味悪い思いも感じながら模様を描いたのですが、今回の事件は余りに無防備であったことへの警告だった、だから今後二度とこういうことにならないように対策を実行して行こう、と気持ちを切り替えて行こうとしております。皆様方から頂いた温かいお言葉にぐっと来るとともに、実質的なアドバイスの数々も大いに参考にさせて頂いて実際の対策を行っています。個別にお返事せずに、まとめてこういう返事の仕方をしてさぼってしまって誠に申し訳無いのですが、何卒お許し下さい。

とにかく、本当に有難うございました。近いうちにまたブログ再開しますので、お見捨て無くお願い致します。

りす美 | URL | 2008/10/20 (Mon) 06:59 [編集]


お見舞い

ぶっそうですね。
ああ、お訪ねした時の、
ここも、あそこも・・ですか・・
再犯防止に努めてください。
こちらも近年は危なくなってきています。
昔は鍵をかけることさえ知らなかったのに。
どこの国にも必ずいるんですね、悪い人。


てぬきやマイルス | URL | 2008/10/26 (Sun) 23:29 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。