イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なんか勝手が違うぞぉ。。

9月3日から行っているコレッジ。休講がディフォルトみたいなふざけた教師が居たりもして、ガタゴト進行ではありますが、あっという間に、既に二ヶ月近く経ち、今週(10月27日の週)はもう、ハーフ・ターム。
ハーフ・ターム=学期の中頃の途中休憩期間みたいなもの。

この二ヶ月間を振り返ってみました。

********

現在履修中の科目は

・クリティカル・シンキング(1コマ):ロジカルな考え方を学ぶ
・ヒューマン・バイオロジー(2コマ):人間に絞った生物学
・化学(2コマ)
・メディカル・サイエンス(2コマ):病理学など。

です。

そして、その何れにおいても、私は押しも押されぬ模範生!

・・冗談ではないんです、自慢しているのでも驕り高ぶっているっていう訳でもありませんので。。

********

英語が母国語ではない&最後に化学や数学の教科書を開いたのは高三、つまり30年以上も前、という二重苦の私ですが、全く問題無し・・・ちょっとがっかりするくらい。

私の学習態度は以下の通りです。

1.時刻通りに教室に行く。
2.授業に毎回、出席する。出席できない場合は事前に申し出た上で、フォローする。
3.宿題は期限までにやりおえて提出する。
4.クラスでは積極的に発言する。
5.予習や復習は特にしない。授業には集中する。

 日本人的には、特別なことは何一つ無いでしょ。

ところが、ところが・・・。

********

まず、1.ですが、遅刻しても気にせずぶら~っと入ってくる輩なんかもいるんです。

すると、

・先生:何故遅れたのか?
・輩 :電車が遅れた。
・先生:電車は朝の5時からやっている。
・輩 :んな、朝の5時の電車に乗るなんて出来ない!

などというコントみたいなシーンがあったりします・・・。

********

2.の出席について。私は一回、化学の授業にどうしても出られない用事があったんですが、事前事後に先生の所に行って説明し、授業中の課題は追って提出しました。

が、そういう「当たり前」のことをやっている手合いは見当たらないかも・・。

出席率も成績に大いに反映されるはずなんだけれど。

********

3.宿題ですが、二週間先に、っていう期限設定で結構時間のかかるのが出たりするんですが、他の科目の宿題もボカスカ出てくると大変なことになるし、だから、すぐやって、すぐ提出するようにしています。

同じように臨んでいる生徒も数人は居ます。が、ずるずる提出を先延ばしにして、するとやっぱり他の宿題も出てくるので益々大変になってしまっている生徒も多々いるように伺えます。

提出物の内容についても、隣に座っている女性が私のを見て、

「ひえ~、りす美のと比べると、私のはrubbish(くず)だ。」


と目を剥いていたんですが、一生懸命やりはしたけれど、そぉんなにも凄い出来って訳でも無い。。ほんとに、です。

********

4.授業中の発言。これは、私は、、、なんていうか、得意分野なので、嬉々として(?)活躍中。

判った、と思ったらすぐ発言している我ありき。

・・・いつからこんなヒトになってしまったんだろう・・・。

が、発言、全然しない人、居るんです~。恥ずかしがり、とか、そういう事ではなくて、何かこう、暗ぁ~い雰囲気の人々なんですが。。

********

5.シラバスが配布されてはいるものの、次回の授業内容がクリアじゃない。それを良い事に、予習しません。復習も昔から苦手なので、普通は、やっぱりしません。授業中に前週のノートをちらっと見たりするのみ。

そんな感じで、ただ授業に集中するだけなんですが、基本的に難易な内容ではないので、それで大丈夫・・・。

なんですが、ごちょごちょお喋りしたり、iPODと思しきものを耳に突っ込んでる兄ちゃんが居たりもする。もちろん、そういう輩に限って、質問されても答えられないんですが。

********

基本的には、何らかの事情で高校(に当たる学校)からストレートに大学進学を果たせなかった人達が、やっぱり大学に行きたいと思って、その為に取っているコースなんですが、勿論、熱心な生徒も沢山居るので、怠け者の集団、という訳ではありません。でも、上記の5基本ポイントを恙無く実行しているのは、私がダントツだと思う・・・。

イギリスの生徒常識って日本と全然違うの?????

特に若い連中の中には、「本当に大学に行きたいの?何の為にここに来てるの?」と言いたくなる様な生徒も何人も居て、頭の中が「????」状態になることも多し。

********

あと、非常にカルチャーショックだったのは、授業内容が判らないのは、先生の教え方が悪い、と先生を非難する、という流儀が大手を振ってまかり通っていること!

日本人の場合、授業が判らない=自分の理解力が劣っている、と考えて、まずは自分で何とかついていけるように手を打ちませんか?

しかし、こちらでは違います。

クリティカル・シンキングとメディカル・サイエンスは履修生が少ない事もあって問題無いんですが、多くの生徒が取っているヒューマン・バイオロジーと化学とは、生徒間格差が大きいです。長く勉強から離れていたり、一度も化学を学んだことが無い、っていう人も取っていて、そういう場合は当然、一生懸命勉強してついて行くのは当たり前なんじゃないの、と思うんだけれど、そんな風な心構えが希薄な人が少なくないです。

ヒューマン・バイオロジーの折、或る女性が泣いた!

「私は学期の途中から来たし、学校を出てから随分経っているから、何のことか全然判らない。頭がくらくらして来た。こんな教え方はひどい。絶えられない。」

・・・確かにサインカーブが出て来たり、ちょっと難度は高かったかもしれないけれど、「うむ、、図書館で文献に当たって理解度を深めよう。」と自己努力で何とかしないとな、と思っていたんです。が、そうか、「そんな教え方では判らん!」って思うべきだったのか?!?

かと思うと、

化学の授業中、或る男子がリュックを手に教室を出て行こうとした。理由は、

「もう沢山。こんな教え方では全然判らない。僕の頭が悪いんじゃない。前回出られなかったからだ。」
・・・おい、君!前回出なかった時、キャンティーンでぶらぶらしているのを目撃されておるが。。

・・・尚、この男子を含む数名が殊の外、化学の理解力が劣っており、そのおかげで同じ内容を何度もリピートされたりして、私どもは非常に退屈。。問題が出されるや、すぐ答えが暗算できる(←モルの計算とか、化学式の左右をバランスさせるのとかの化学の基礎で、理屈を教えてもらってからやる訳なので、日本人なら誰でも出来ることを保証します!!)私を不憫に思った先生は、「皆さんはこれを解いてください。りす美は、それはもういいから、ほら、こっちの難しい問題をやるように。」と特別扱いをしてくれ、逆に居心地が悪いような・・。

********

さて、ハーフタームが終わったら、ヒューマン・バイオロジーでは羊の解剖実習(←生徒が解剖をするのでは無くて、先生が執刀。ほっ。。)などもある。メディカル・サイエンスでは血液の病気の細胞を電子顕微鏡で見たりっていうのもある。

恐ろしいけれど、楽しみでもある。

反面、

この先、このコースがどんな風に運営されていくのか、心配であったりもするこの頃。私の理解を超える学習環境であります。











スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

こんにちは。りす美さんの日記、視点が面白くていつも楽しみです。それにしても、いちおう事情がある人が通う大学なのにそんななんですね!皆さん何を考えているのかすごく不思議です。

ちなみに、もう何年も前になりましたが、私の大学にもそういう人たちはいましたが、数は少なかったです。そしてしばらくするといなくなっていました。↑の方たち、来学期はどうなるのでしょうか…

私は大学で生化学をやったので、りす美さんの選択科目はどれも興味あります♪

Mizuki | URL | 2008/10/30 (Thu) 21:31 [編集]


すごいすごい、さすが、優等生りす美さん!
先生のせいにする、っていうのは、ね、たまに聞きます。以前日本語学校の教師をしてた知り合い数人、それが原因で辞めました。私の生徒にもいましたが、(2年にわたって週3日教えて、最後まで会話成立せず、曜日さえ覚えなかった某アメリカ人中年男性)、私の中学生英語で啖呵切ってやりました。笑

hiro | URL | 2008/10/30 (Thu) 21:56 [編集]


私は難民の人達と学んだんですが、
テスト中に カンニングして何がわるい!わからんのやから後をみる!といった ある国の人達。先生手をやいていました。

ウシミ | URL | 2008/10/30 (Thu) 22:06 [編集]


私のイギリス学生時代を思い出します。
結構、真面目なクラスメイトに恵まれたけど、それでも英語もまともに喋らない私を優等生として表彰したイギリスって一体・・・。私は必要以上には発言しなかったけど、鬱陶しいくらい喋って成績は全くな人もいたしね。

りす美さんも卒業時には表彰されるかも知れませんね!

あゆみ | URL | 2008/10/30 (Thu) 22:31 [編集]


古今授業風景

イギリスにもこんな人がいるんですね!大昔、某アメリカで三角関数を習っていたとき、クラスの一人が「先生は何がいいたいのか、何をやっているのかさっぱり分かりません。こんなの習って、なんのためになるの?」と言った時、残りの生徒も「そうだ、そうだ!」といって授業をボイコットしたのです。授業が分からないのを先生のせいにするなんて、純日本人の私には理解できませんでした。

今、近隣諸国出身の若いオーペアに囲まれて語学授業を受けていますが、先生に対するリスペクトがまるでありません。先生は慣れっこなのか、相手にしていないのか、淡々と授業を進めますが、周りに座っている各国からのおばちゃんたちはハラハラしております。文化の違いなのか?と思いきや、ジェネレーション・ギャップなんでしょうかね。

ふくみ | URL | 2008/10/30 (Thu) 22:36 [編集]


Mizukiさんへ

問題生徒が目に付いてしまうっていのもあるんでしょうが、ついて行けなかったらどうしよう、と不安だったのが嘘みたいな状況で、これで大丈夫なのか、、と心配になってしまうんです!

プラクティカルが特に面白くて、前に進む授業の時は楽しいんですけれど、フラストレーションに苛まれる時も多し、ですv-17

りす美 | URL | 2008/10/31 (Fri) 06:20 [編集]


hiroさんへ

啖呵!かっこいい!!!

・・・実はね、メディカル・サイエンスの教師が余りに時間にだらしないので、それこそ啖呵切ったんですよ、わたし。。おしっこ漏らしそうな顔したので可哀想になってしまいましたv-12

りす美 | URL | 2008/10/31 (Fri) 06:22 [編集]


頑張ってますね!!

やわな若者たちは、びしばしと蹴散らしてやってください。彼らのためです。(笑)

私のクラスメートは、社会人かもっと勉強したいという若者ばかりだったので、圧倒されっぱなしでした。

上手くいかないと、すぐ人のせいにするのは、できたら精神的に楽だろうな、と思いつつ、どうしてもできない私は、日本人です。。。

KH | URL | 2008/10/31 (Fri) 07:44 [編集]


勉強

こんにちわ
とても興味深いお話でした。
りす美さんが模範生というのは、読んでいるこちらも
頼もしくかつうれしく思いました。
読んでいて私も何か勉強したいと思いました。
化学は苦手だったのですが、でも嫌いじゃなかったです。

guitarbird | URL | 2008/10/31 (Fri) 09:32 [編集]


イギリスと日本の差というより、世代間の差かもしれませんね。
日本でも最近は大学に入学しても、中学・高校の基礎レベルができていないので、まずそういうところから大学が手取り足取り教える・・・なんて話を聞いたことがあります。少子化で大学も生き延びるためにはサービス精神をアップさせなきゃならないという側面もあるのでしょうが。

WCR管理人 | URL | 2008/10/31 (Fri) 13:29 [編集]


りす美さん、頑張っていらっしゃいますね~。
さすが!

わたしも若い頃は、勉強が好きではなかったから、講義に出ても、ボーッと聞いてるだけでした。ボーッとしてるから、質問なんて思い浮かばないんですよね・・・(≧∇≦)アハ
そんな私も、いまは勉強したくてしかたがありません。勉強するのが楽しいし、自分で考えて、調べるのも楽しい~♪ 年をとれば変わるものですね~。

でも、年をとれば皆が学ぶことに自主的になるわけではない気がします。
たまたま一昨日、ある講座で似たような場面に遭遇したんです。
ちょっと調べればわかることを(教室にぴったりの本も置いてあるのに!)、しつこく先生に聞く方がいたんです。若い方ではないんですよ。たぶん50代。
たまりかねて、ある生徒さんが「○○さんが書かれた本を読むと、よくわかりますよ」とアドバイスしたら、「○○さんの本はいっぱいありますよね。どれですか。探すの大変ですよね」と、さらに質問・・・。
そこで別な生徒さんが、「時間と手間をかけて調べることも、大切な勉強じゃないですか」と一言バッサリ。
そのとおり~~~、と心のなかで拍手したわたしでした。
人種や年齢に関係なく、人に聞く前にまず自分で調べてみる、自分から取り組んでみるってことをしない人は少なくないみたいですよね。
――ってことは、やはり個人の問題でしょうか・・・。

ともかく、りす美さん、頑張ってくださいね~!
わたしもりす美さんを見習って頑張ろう、っと~~e-415

追記・ひゃー、長くなってすみませんm(。-_-。)m

Hana | URL | 2008/10/31 (Fri) 17:54 [編集]


えっ
なになに???
えっと~ りす美さんが、勉強してるってことですよね??
ええ~ すっご~い!!
しかも、きっと、英語で提出するってことよね(あたりまえよね~ すみません・・・・)
すごいなぁ~ すごいなぁ~
私なんて(恥ずかしい)
娘と一緒に英検の4級受けようかと(あ~おはずかしい・・・)
落ちたらどうしようかと今からどきどき・・・
りす美さんのような方めざしてがんばりまっす。

かめ代 | URL | 2008/10/31 (Fri) 18:06 [編集]


ウシミさんへ

先生も大変だな、私には到底出来ないわ、と思ってたんですが、オランダの先生もやっぱり大変みたいですね・・。

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 04:50 [編集]


あゆみさんへ

そうそう、私は外人なんです、それに多分一番年上=学校の勉強から一番長く離れている。それなのに授業の進み方が遅くてイライラする、っていうのはどういうことなんだろう、と、本当に疑問ですv-40

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 04:54 [編集]


ふくみさんへ

いえね、仮にも一旦足踏みした後、やっぱり大学に行こう、と決意した人達の筈なので、熱意ギラギラだろう、と予想していただけにね。。ジェネレーション・ギャップなのかな~。おばさんになると真面目になるんでしょうか、ふふ、そう言えば私も若かりし大学時代はかなり不真面目だったかもv-15

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 04:57 [編集]


KHさんへ

頑張ってないんですよ、それが、、頑張ったら物凄く目立ち過ぎてしまいそうなのが歯痒いのです。。それなりにマイペースで行こうと思います。

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 04:59 [編集]


guitarbirdさんへ

他の生徒がだらしないから自分が模範生に見えるっていう図式なんですが、なんだかね・・。

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 06:10 [編集]


WCR管理人さんへ

やっぱり世代差と思われますか。年を取る=真面目度アップっていうことなんでしょうかねえ。

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 06:15 [編集]


Hanaさんへ

いえね、義務教育じゃないんだから無理矢理来ている人は居ない筈なんです。そこのところが一番不思議なんですよ~。

その依頼心の強いおばさん生徒ですが、そういう人、居ますよね・・・他山の石とせねば。。

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 06:19 [編集]


かめ代さんへ

英語ですが、私の場合、多少なりとも出来なければ夫とのコミュニケーションも取れないので、仕方無いんです!でもやっぱりハンディですよ。本を読むのにかかる時間も母国語の人より長くかかるし、ちょっと癖のあるアクセントは聞き難いし・・・。何とかごまかしながらやってるんですよv-206

りす美 | URL | 2008/11/03 (Mon) 06:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。