イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリスの普通の庭シリーズ、第二回は「ガーデニング要らずの庭」

※昨日から、文字がやけに小さくなってしまっているんですが、私のPCだけの問題でしょうか?何か妙な操作をしたのかもしれないのですけど・・・皆さんのPCでは変化無いですか?お知らせいただければ嬉しいです。

さて。イギリスの普通の庭シリーズ、第二回目は、第一回とは打って変わった、

「ロー・メインテナンス庭・代表選手」 です。

どう言うわけか、一回目同様、この家も、前庭が広くて、裏庭は狭い。

これは、二階のバルコニーから見下ろした所。
二階から

前庭と言っても壁で囲まれているので、人目憚ることなく寛げる。

ということで、玄関前でどっこいしょと座る人々。
どっこいしょ
※良く見るとガレージの中に、三男の嫁の為に椅子を取りに行くこの家の主の姿あり。

最初の写真の右奥の方はこんな風になっている。
コーナー

玄関横はこんな感じ。玄関横


さて。もう、ここまで来たら、読まれている方、気付かれましたよね?

そう。この庭、
・芝生がほぼ全面的に生えていて、
・常緑の木やシュラブを配し、
・そして手のかからない一年草(今の季節はマリーゴールド一辺倒!)でアクセントをつける。

という、誠にもって、

ロー・メインテナンスのお手本のような庭。

何故か?

→ 理由:ここは、80代夫婦が住んでいる家で、自らの手でガーデニング仕事をしない(出来ない)庭だからです。

・一週間か二週間に一度、芝刈り機をぶぶ~っと運転して芝生を刈ったり、季節の花をどっと植える時に、人に来てもらう。

・あるいは、近くに住む娘が最低限のメインテナンスをしに来る。

・この日はたまたま、アプローチのジャミが芝生の方に寄ってしまうので、イギリス本土からジャミ移動隊(*)が到着、作業中。
ジャミ男
ジャミ女


家の横、壁づたいも前庭と同じコンセプト。
横
シェード気味の所にすらマリーゴールド一辺倒!

物干しの影にもマリーゴールドはいる!
物干し


これ、日本では見たことが無かったんですが、イギリスでは良く見かけるeuphorbia(ユーフォービア)という常緑シュラブ。調べてみると、日本語ではトウダイソウというらしいです。
ユーフォービア
蛍光色みたいな黄色の不思議な花です。手間要らずの代表選手の一人・・・。

ガレージの右横をよくよく見ると、マリーゴールドの中で遠慮がちにブルーベルがいた。
ブルーベルが
※ブルーベルは自生、年々増える、美しい、良い香り、と、実に便利。


・・・という訳で、ロー・メインテナンスでもキチンと(**)した庭、でした。

そうそう、裏庭が狭い代わりに、リビングから裏庭越しには海が見える
sea view

・・・何よりの天然の庭。


(*)イギリス本土からのジャミ移動体=(言うまでも無く)我々のことです。仕事の95%を夫、あとの5%は試しに私が担当しました。。

(**)キチントさん(=夫)の両親の家ですから、やっぱり・・・。


ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログ(3位前後に居るはず)のタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトル(50位内にいると思うんですが、はてさて?)をクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★これも参加し始めました。これも押してださい!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***ランキングへのご協力、何卒よろしくお願い致します!***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるほど~。
イギリスでも夏は世話要らずのマリーゴールドが定番なんですね。
店でお客様に勧める時に使えます。
とてもいい情報をありがとうございます。

kusaki | URL | 2006/05/11 (Thu) 05:20 [編集]


kusakiさんへ

たまたまこの庭は、というだけかもしれません・・・。

あと、場所がジャージー(という島)で、海に近いので、何だか見慣れたのではない、ごっつい感じの種類でした。

りす美 | URL | 2006/05/11 (Thu) 05:52 [編集]


下から三番目の写真の黄色いユ-フォービアですが‥日本ではユーフォルビア(トウダイグサ)属のユーフォルビア・ポリクロマかユーフォルビア・ミルシニテスと呼ばれる植物のような気がします。
間違ってたらごめんなさい。

kusaki | URL | 2006/05/11 (Thu) 17:30 [編集]


久しぶりに!!

ゆっくり見せて頂きましたが、素敵なお庭を楽しませて頂きました。
一回目のにぎやかなお庭も素敵でしたv-254

うちはマンションなのでお庭にはすごく憧れます。マリゴールドは実家にもありますが、確かに可愛くて手間入らないのがいいですよね★

くるみ | URL | 2006/05/11 (Thu) 17:58 [編集]


kusakiさんへ

私はこれを、実はET君と呼んでいます・・・似てませんか?

りす美 | URL | 2006/05/11 (Thu) 20:29 [編集]


くるみさんへ

手間いらず。これこそが偉大なるキーワード・・・。日本でのガーデニングは雑草、夏の蚊との戦いでした。イギリスは結構ましみたいです。

りす美 | URL | 2006/05/11 (Thu) 20:32 [編集]


ユーフォルビア!

こんにちは。三太郎です。
ユーフォルビアいいですねえ。
私も花壇に植えています。
でも半日陰の植物かと思っていたら、そちらでは日向で旺盛に生育してますね。

こんなに広い庭があったらなあ・・・

三太郎 | URL | 2006/05/11 (Thu) 21:16 [編集]


三太郎さんへ

ユーフォルビア、何だか宇宙からやって来た雰囲気が漂ってるんですけどね。。

りす美 | URL | 2006/05/12 (Fri) 05:29 [編集]


宇宙?映画のエイリアンみたいな?
確かに英国のユーフォルビアは発育がよいのか、僕のイメージから逸脱していますね。

http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/euphorbia-poly0.htm

私が植えているのは上のサイトにある品種です。
高温多湿に弱いので、日本では本領発揮し難いのかもね。
そうか、ユーフォルビアの本当の姿はこんなだったんだね。

三太郎 | URL | 2006/05/13 (Sat) 05:59 [編集]


三太郎さんへ

同じ仲間の違う種類のものではないかと思います。イギリスの方が日本より発育が良いんだとすると、寒い所が好きな草、ということでしょうか??

結構あちこちで見かけるので、きっと日本にもそのうち上陸するのかも???

りす美 | URL | 2006/05/16 (Tue) 17:40 [編集]


トウダイグサは日本の山野にもありますが、もっとあっさりした野草チックな植物です。やはり、花のつき方は、不思議な感じです。でも有毒。切った時、白い汁が出る植物って、毒を持っていることが多いですね。

Qu | URL | 2006/06/06 (Tue) 22:24 [編集]


Quさんへ

一度、実物を見に来てください!!

りす美 | URL | 2006/06/09 (Fri) 07:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。