イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

果たして、単位獲得なるのか?!

休み明けのコレッジは、6日火曜日の一時間目、「Critical Thinking」(「Logical Thinkingを構築する」っていうような授業。色んな記事を読んだ後、ポイントを絞って議論したり、グループを組んでテーマに沿った記事を即興で作り上げたりします。)で始まりました。

久しぶりのキャンパスです。

キャンパス内

教室に入ってクラスメートと共に席に座って待っていると、やって来た先生:

「この前の試験、意外だったんですが、残念ながら合格ラインに達していない人が沢山出ました。追試を受けてもらわないといけません。」

と言って、答案を返却し始めた。

ぐ、わ~~ん。。

私は最後に貰った。
・・・最後
・・・=最低点
・・・=少なくとも「沢山」の不合格者の一人に間違いないな。。

三段論法で暗い気持ちになって、で、答案を見たら、なんか点数のようなものが走り書きしてあるんだけれど、「Pass(合格)」という文字はどこにも無い。

ぐ、わ~~~~ん!

や、やっぱりか。。

と青ざめる私。

一方、他の生徒は皆、どうってことないっていうおすまし顔

********

試験はクリスマス休み直前にありました。

はっきり言って私には厳しかったです。

2つのパートがあって、簡単に言うと、
・パート1は300~500ワード程度の文を読んだ後、4つの選択肢から正しい答えを選ぶ問題が12問。
・パート2は長文(A42ページに渡って細かい字びっしりで、はっきり言って眩暈がした)分析。

パート1の選択肢は、良くあるように、4つのうち2つは完全に×、残る2つが何れも正しそうで迷う、っていう問題ばかりで、解いていくにつれ、焦りの汗がジワジワとにじんで来た・・。

パート2に至っては、余りの長文で、最後迄やっと読み終えると、既に最初の方は忘れてしまっていると言う始末で、これも大変苦労した・・・。

こっちが四苦八苦してるのに、20歳そこそこの女の子達は、一人、また一人と、まだ30分以上時間があるのに、さっさと提出して室外に出て行く、、っていうのも焦りに拍車をかけた。。

時間一杯まで粘ったのはリチャード(42歳)、ケイト(45歳)、サイモン(多分50歳くらい)、そして私、というマチュア・ピープルばかり。。

年を取ると判断力が鈍る、何よりの証拠か?

でもマチュア・ピープル最若手リチャードは、非常に切れるヤツ。その彼が最後まで居たっていうことは、必ずしも我々がどんくさい人達と決まった訳でもないのかな、
→うん、思慮深い人達一味、「マチュア四人組」だな、

と自分を慰めて部屋を後にしたのでした。

********

さて、この科目を取ったのは、夫のアドバイスによるものでした。

「化学とかメディカル・サイエンス(どちらも必須科目)は超真面目に勉強しないといけなくて大変だと思う。そんなのばかりだと息が詰まるよ。Critical Thinking(選択科目)は、勉強しなくてもテキトーに何とかなるんでは?選択科目は楽に単位取れるのにしとけば?」

実はCritical Thinkingの授業の裏側に数学のクラスがあって、どっちにしようかな、と迷ったんです。でも、数学は、今はもうサインもコサインも微積もベクトルも何やらかやらも、すう~っかり忘れてしまったけれど、百年程前の事とは言え、高校の時に数ⅢBまでやったし、その頃はまずまず得意だったから、必要に迫られる事態が来たら思い出せるかもしれないし、、、ぐにょぐにょ。

ここは一つ、じゃあ、お言葉に甘えて(?)楽させても、ら、お

とCritical Thinkingにしたのでした。

でも、、、怠け心が死を招く(という諺なんて無いかな??)、とはこのこと。

蓋を開けると・・・授業中、つくづく英語が母国語じゃない肩身の狭さを痛感し続けました。私以外は皆、英語が母国語なんですが、長文読解にかかる時間が違い過ぎるし・・。議論だって、立て板に水の如く、すらすら自分の意見を主張するって訳にもなかなか行かないじれったさ。。



ああ、こんなことなら数学にしておけば良かった・・・化学が化学式は万国共通っていうのが幸いして楽勝(今の所は、、)なように、きっと数学も数式は万国共通だから楽勝だった筈だ!

そんな風に後悔しきりだったんです。

********

ああ、追試だ、、ああああ、憂鬱。

あ~あ、こんなことなら、数学にしてりゃ良かった。。。。


      ↑
しつこく未だ言っている。。

********

すると先生が、

「りす美、リチャードの二人は、もう出て行って良いです。他の人達は残って、追試の日程の相談をしましょう。」

って言うの。。

え?!




「ひょっとして、私、合格だったんですか?」

と恐る恐る尋ねる私に先生は言った。

「おめでとう!これでこの科目の単位は無事取得出来ましたよ。来週からは、りす美はリサーチの授業になります。」



吃驚したなあ、もうお!

・・・ということで、ラッキーにも、そして意外や意外、15名くらいの中でたった2人の合格者の中の一人と相成ったのでありました。

ああ、ホッとした。。

「あ、ごめん、勘違い、勘違い。やっぱり、りす美も不合格でした

っていうことになると困るので、とっとと荷物をまとめ、脱兎(脱りす、かな?)のごとく部屋を出て、次の授業が始まるまで身を潜めるべく、LRCへと突進したのでした。

LRC外観
LRC=Learning Resources Centre、要は図書館です。

********

祝杯だ、祝杯

********

ところで、試験の時、すらすら解いてさっさと出て行った彼女達は全員不合格。いったい何だったのだろう。

********

祝杯をあげたくても、この日は夫の帰りがごくごく遅くて、だからあげかねて、よもぎ茶を一人侘しくすすっていたバアさんくさくて可哀想な私です。

だからというのじゃないけれど、、

ランキング・マークをにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへクリックしてね

・・・新年から参加のランキング、驚くべき事にサブカテゴリー「自分らしさ」では6位、親カテゴリー「ライフスタイル」では20位辺りに紛れ込んでいます。。

ご協力、深謝

・・・今後とも末永~く、それから、、えっと、厚かましくも、あ、だから、出来ればですが、もしかして、毎日一回の日課にして頂いたりなんか出来れば、、物凄く嬉しゅうございます。

********

今日の「自分らしさ」は・・・昔々の学生時代は、試験の時間が終わる迄座って待っている、っていうのがどうしても出来なかった。塾の父母会でも「ガサガサしないで!」と横の娘に諭された、そんな私でした。それなのに、今や、ギリギリ迄ネバってしまうほどの変貌ぶり。

問題1:上記の理由を以下の中から選んでください。

・選択肢A:頭も動作も鈍くなったから。
・選択肢B:思慮深い大人に成長したから。
・選択肢C:たまたま。
・選択肢D:その他(自由に記入してください。               )

さて、どれが正解かな

********

長文読解、お疲れさまでした。
・・・あの、お言葉ですが、お疲れでもランキングマークのクリックを、、どうかお忘れなきよう。。
実は、今日はここにも密かにマークを忍ばせましたのでね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

********

この日から三日経った今日も、ほんとに合格したのか、依然、半信半疑。毎日ほっぺたつねってるんですけど、あまり痛くないのが・・・ちょっと不吉。。















スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「紅茶国C村の日々」の日本語教師

合格おめでとう。お祝いにクリックしましたよ。数学のほうがよっぽどやさしかったでしょうけど(イギリスの数学のレベルをほめた日本人のことばを聞いたことない、です。)すごーい、クリシン(と略して言う人がいますよね)合格。いくつか習ったことのなかで、一般人にも役立ちそうなこと(問題と答え)教えてもらいたいです。面倒くさい、ですか?

dekobokoミチ | URL | 2009/01/10 (Sat) 09:24 [編集]


dekobokoミチさんへ

早速有難うございます。

面倒くさい、っていうか、、、もうすっかり忘れましたv-40 宜しければ、教科書、お見せします!

りす美 | URL | 2009/01/10 (Sat) 10:38 [編集]


おめでとうございます!
読みながら、りす美さんなら合格してそうだけどな・・・と
思ってましたが、やっぱり合格されてたんですね!
すごい!さすがです☆

英語の文章、見た瞬間にかたまりそうだなー私・・・
英語は嫌いじゃないんで、いつかまた勉強し直したいと
思ってるんですけどね~

コメレス
いつもいつも温かいコメントありがとうございます☆
うれしいコメントに、感謝してもしきれません!

なべちゃん | URL | 2009/01/10 (Sat) 15:12 [編集]


合格すごいですね。おめでとうございます。
若い方々は早々に諦めて終わっちゃったのかな?
中学の長男のクラスでは、成績の振るわない子には
テストの名前だけ書いて後は寝てる子とか、
わざとふざけた答えを書いて遊んでる子とか
いるそうです。(汗)例えばモンゴル帝国、と書く所に
ゲームか漫画に出てくる国の名前を書いたりとか。

問題1、すごい難問ですね~。(笑)え、え~と、
じゃあ、無難そうな?Bで…。

里 | URL | 2009/01/10 (Sat) 16:30 [編集]


D

私の選択はD:その他です。
りす美さんの中ではおそらく割り当てられた時間の使い方や試験問題の解釈に違いがでてきたのでしょう。時間がかかるのが悪いわけでは決してないです。
不合格になったというさっさと出て行った人たちはわからないから諦めて出て行ったのでは?
合格おめでとう!リサーチのコース頑張ってください。自分的に言えば日本の数IIIbを学んでいればここの数学はすいすい解けますよ。保証します。

Marmite | URL | 2009/01/10 (Sat) 17:39 [編集]


おめでとうございます♪

りす美さんの日記を読みながら、だんだんこちらの気持ちまで暗くなっていったのに、最後になって明るい結末で、大変ほっとしました(笑)

Critical Thinkingってどういう科目かよく分からないんですが、腰を据えてじっくり考えることが評価されるのだとは察します。それはやっぱり若さや語学力だけじゃムリですよね。りす美さんが真面目に葛藤したからこその結果ではないでしょうか。努力が報われたようで、本当におめでとうございます!

美月 | URL | 2009/01/10 (Sat) 20:36 [編集]


なべちゃんへ

ほんとにね、未だに狐につままれてる感じがするんです。だって何点取れたのか、それから合格ラインが何点なのか、っていうの、不明のままなので・・・。

英語、日常的に必要じゃなかったら縁遠くなりますよね。私もそういう時期が長かったので、ずっと触れてたら楽々英語が操れたかもね、なんて思ったりもするんですが。。

りす美 | URL | 2009/01/11 (Sun) 04:39 [編集]


里さんへ

そうなんだ、モンゴルってモンゴル帝国っていうんですね、「モンゴル」としか知らなかったです、勉強になりました!

あと、里さん、無難にBだなんて、ずるいですぅうう!?

りす美 | URL | 2009/01/11 (Sun) 04:41 [編集]


Marmiteさんへ

>不合格になったというさっさと出て行った人たちはわからないから諦めて出て行ったのでは?

そういう風には全く考えてみたこと無かったです、だって、「ふふん♪」って自信満々な感じで次々に退室して行ったんですもの。。

りす美 | URL | 2009/01/11 (Sun) 04:43 [編集]


美月さんへ

暗くさせてしまってすみませんv-17でも本当に、一旦、暗ぁ~~くなったんです!

今度お会いする機会があれば、教科書、お見せしますよ♪美月さんならお茶の子さいさい(←なんか古い言い回し?)だと保証します!

りす美 | URL | 2009/01/11 (Sun) 04:45 [編集]


よかったですね!

おはようございます
記事を読み始めたところで
「りす美さんは沢山の中のお1人じゃないはずだ」
と思っていましたよ。

guitarbird | URL | 2009/01/11 (Sun) 04:59 [編集]


guitarbirdさんへ

ご厚情、有難く存じます。でもどう考えてもボーダーラインぎりぎりで辛うじてセーフ、っていうレベルだっただろうな、としか思えないんですよ。ラッキーでしたv-206

りす美 | URL | 2009/01/11 (Sun) 08:10 [編集]


合格おめでとうございます!
すごいですねぇ?

私も数学の方が楽だったのではないかな?と思います。
6フォーマーの授業を覗いたことありますが、へ?って感じでしたよ。数学苦手だった私でもわかるレベルです。
GCSEの数学勉強しましたがコースワークはもちろん英語で書かなくてはなので苦労しましたが、筆記試験はどれも簡単でした。中学二年くらいのレベルかなあ?と思いました。

問題1の答え・・・D
『イギリスに来て、忍耐強くなったから』かな?

しばゆう | URL | 2009/01/11 (Sun) 08:37 [編集]


しばゆうさんへ

やっぱりそうですか・・・作戦失敗でした。もう手遅れ!

お答え、ほんと、その通りかもv-16

りす美 | URL | 2009/01/12 (Mon) 07:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。