イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

窓は二重が標準とはいえ、

イギリスの窓、ガラスが二重になっている「ダブル・グレイジング」が標準です。
*日本だと旭硝子の登録商標の「ペアガラス」の方が通りやすいんでしょうか。

つまり、ガラスが二枚あって、その中に空気を封じ込めることによって断熱効果を増す。

効用は一言で言うと、

「暑さ寒さをマイルドにする」

ということですが、具体的効用は、むしろ、

「結露を防ぐ」

だと思います。

********

さて、拙宅、窓ガラスはダブル・グレイジングではあるんです。が、ダブル・グレイジングでも古いものは空気が漏れていて効き目が劣るみたいで、

そして、この家、建ってから未だ50年弱の新しい家ではありますが、建てられた当初からそのままかな、と思われる窓部分、やっぱり効き目が鈍い。

だって、結露が、かなりのもの・・・。特に寒さが異常に厳しい今冬は。

********

毎朝、結露を拭くのが日課になっていたんですが、

もう飽きた!

なんとかならんのか!

と思っていたその頃、これはこれは、というものを発見。

ウインドウシール

これです

その名も「ウィンドウ・シール」:そのものズバリの直球ネーミングなので、名前を聞いただけで、どんなものなのか想像がついてしまいます・・・。

「インスタント・ダブルグレイジング」というキャッチフレーズが、パッケージ上のフラップ部分、赤字に白抜きで書いてありますが、本来は、一重のガラスをあっという間に二重ガラス化する、っていうのが売り。

でも、さっき書いたみたいに、効果の弱っているダブルグレイジングを増強する為にも勿論使えるわけです。

********

箱の中には

・両面テープ
・セロファンみたいな透明シート(6m四方)

が入っていて、

使用方法ですが、

1.ガラス窓のフレーム部分に二重テープを張る。
2.ガラス部分より若干大きめに切り取った透明シートを両面テープで留める。
3.2.の段階ではしわが寄っているんですが、ドライヤーで熱風を送ることで、ピン!と張らせる。

終わり。

********

透明シートとガラス部分に隙間を作り、その部分を真空状態にすることで目的達成、っていうことだと思うんですが、発想にちょっと感心してしまいました。

お値段は1箱が5.5ポンド前後。たった5.5ポンドでダブルグレイジング達成って、ほんと?!と、疑わしくもあるけど。

何でも売ってるので有名な(私の中で!)近所のハードウェア・ショップに絶対売ってると思って行ったら、

「今年は入荷しなかった。ウイックスで見たから行ってみて。」

って言われて、ウイックスまで車で行くのが面倒だったので、そこには行かず、「安い物ならお任せ」系統の店(と私は思っている)、ウィルキンソンに行ってみたら、

ご明察!売ってました!

********

一番気になる寝室の通りに面した窓

寝室の窓

で、やってみました。

夫は全く乗り気じゃなかった!

その第一の理由は、両面テープを窓枠に貼るるわけですが、窓開閉の取手部分
窓開閉部分

はストレートじゃないので、その上に貼ると、窓開閉が出来なくなるから。

私には、その部分はジグザグに貼れば何とかなる、と腹案があったので、彼が居ない間に独力で何とかやっつけたんですが、

「インスタント」って言うけど、物凄く手間隙かかりました・・・・・・・・・・。

一番面倒なのは、透明シートの切断。何しろ透明だし、ふにゃふにゃ頼りないし、それなのに大きな面積を切り取らないといけなくて、ほとほと往生しました!

して、効果のほどは?!






覿面(てきめん)!

もう、結露しないんです♪

魔法みたい。

********

新たにダブルグレイジングをやり直すのは莫大なる費用投資(拙宅にとっては!)が必要だし、その上、業者を頼まないといけないのが苦痛なのとで、ケチケチ作戦ではあるけれど、取り合えずは、これで良いかな。

寝室以外にも数箇所、やっつけたいんですけれど、そして、何とか修得した技能を忘却しないうちに実行したいんですけど、、面倒で未だ・・・。

********

ところで、この商品、マークが可愛い♪
マークが可愛い
Window Sealだから、マークはseal(=英語でアザラシ)。商品名も直球なら、マークも直球。この会社の社長ってきっと、単純明快な人なんだろうな。。

はいはい、そしてこのマーク、「クリックしてね君」に見えませんか?

ですから・・・今日も、ランキングマークにほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへクリックして投票してね♪

*クリック頂けると、何位につけているのかが判る表が出てきます。さっき見てみたら、「自分らしさ」というサブ・カテゴリーで、お陰様の・・6位でした(親カテゴリー「ライフスタイル」では20位程度。)

いつも有難う♪♪

********

今日の「自分らしさ」は・・・窮地に追い込まれると、私だってDIYできるんだぞぉ~!
逆に言うと、窮地に追い込まれなければしない、ということかも。。)





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私、この手の作業、全然ダメです
ほーんと不器用で、仕上がり絶対汚くなる・・・(涙)
なんだったか、これに似たような作業を
主人にお任せしてやってもらった事があるんですが
大正解!A型の主人、そりゃもう丁寧に
仕上げてくれました~
というわけで心から尊敬します!!!ぽちっ!

なべちゃん | URL | 2009/01/19 (Mon) 08:21 [編集]


こんにちは。+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
年末に紅葉の記事にコメントありがとうございます。
追加記事としてちょこっとのせておきました。

イギリス在住なんですね。
結露ですが、北陸などの寒い場所は二重窓になってました。
もちろん家(都内なので・・)はなってませんので結露しまくりです。
なので、窓の下の方に結露とりシールという不織布に柄が入っているシールを貼ってしのいでます。(それが水を吸い取るので、シーズン終わったらとるのですが・・)

「ウィンドウ・シール」(*´艸`)
そのままのネーミングで面白いですね。
結露もしなくなるなんて実力派です!!
私も同じようなの探してみようかなぁ・・

レイコ | URL | 2009/01/19 (Mon) 17:52 [編集]


世界中に売ってるのかな

うちも結露、すごいです。「毎日毎日、窓なんか拭いてられないわ!」と油断したら、窓枠が大変なことになり、取り返しのつかないことになりました…(大家さんは激怒するでしょう)。こんな便利なもの、こっちにも売っているのかしら?DIYショップに行って説明できればいいけど、説明するすらできないし、りす美さんに送っていただこうかしら?!

ふくみ | URL | 2009/01/19 (Mon) 20:58 [編集]


にゃるほど。そういう風にして二重にする方法があったんですね。でも日本の窓枠はガラスとそう段差がないので、このシートを貼るのはちょっと難しいかもしれませんね…。
日本にも、窓に貼って結露を防ぐシートがあります。包装材に使われるプチプチありますでしょう、あれをちょっと立派にした感じ。空気の層を窓ガラスに直接貼り付けるのです。が、窓の外は全っ然見えなくなるし、ダサイし、効果のほどは「?」なのであまりオススメしないですが。(元ホームセンター販売員)

しかしペアガラスって和製英語(てか商標登録)だったのですね…そりゃ~「ダブル」が自然かぁ。勉強になります。

きちゅー | URL | 2009/01/19 (Mon) 21:31 [編集]


なべちゃんへ

私はアバウトなA型で、夫は几帳面なO型なんです!仕上がりは、だから、どっちがやっても同じようなものかもしれませんv-15

りす美 | URL | 2009/01/20 (Tue) 03:02 [編集]


レイコさんへ

そう言えば日本の家で、同じようなのを張ってたことがあります。でも、それは、そこが結露を受けとめてグショグショになってしまう代物だったので、今イチだったんです。柄入り、ですか・・可愛いんでしょうか?

りす美 | URL | 2009/01/20 (Tue) 03:05 [編集]


ふくみさんへ

ドイツだと数段レベルも見た目も上のバッチリなのがきっとある筈、としか思えないんですが、是非、売ってそうなお店で聞いてみてください!

りす美 | URL | 2009/01/20 (Tue) 03:06 [編集]


きちゅーさんへ

花卉以外の商品の知識も身につけられたんですね・・・物知りだ!!

プチプチみたいなの、っていうのも聞いた事あるんですが、このウインドーシールの方がましですかね、、。非常に原始的だけれど、効果抜群なのが驚きです。

りす美 | URL | 2009/01/20 (Tue) 03:09 [編集]


かわいい・・・

このSealはほんとにかわいいですね!
だけどこのダジャレ(というのでしょうか)は、すぐに思いつく割には、
実際に会社名などで使われているのは初めて見ました。
そういえば、Sealというミュージシャンは
アザラシに似ているからなのかな、という謎がいまだに解けません(笑)。

guitarbird | URL | 2009/01/21 (Wed) 19:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。