イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フエの宮殿は物悲しいか

今日はベトナム旅の番・・・なんか、あと5回くらい続きそうな感じ、、早く終わらせたいです。貯まってた下書きを留守中の予約投稿でアップロードしておいて良かったです。次々書いておきたいことが出て来てしまってる。。。

********

ベトナム中央部のフエは、世界遺産の宮廷があるので有名な一方、ベトナム戦争で激戦地になったとしても知られている街。今回のベトナム旅では逃せない所でした。

川を挟んで旧市街と新市街に分かれており、新市街にあるホテルから橋を歩いて渡って旧市街へ。更に、城壁で囲まれてある内側に入って行く。
橋を渡って
ハノイの比では無いけれど、やっぱりバイクがぶんぶんやって来るので、歩くのは恐怖。それなのに、なぜ「歩き」で行ったのか・・・タクシーの運ちゃんと交渉するのが何か鬱陶しいのと、この前日にシクロ(人力自転車)の運ちゃん達と一悶着あって、もう、自力が一番、と決心したからです。

*一悶着は、ベトナムを訪れる人なら誰もが経験している模様。原因は運ちゃんの英語力貧困の為のコミュニケーションのすれ違いと、あと、彼らのごまかし精神の両方だと思います。こういうの、何とかならないと、ベトナム旅のリピーターは育ち難いんじゃないのかな。

宮殿とか城とか、全世界的のそのようなもの同様、堀に囲まれてます。
堀に囲まれてます

王宮に入る際、「外人はこっち。」って言われて、「そうか、入場料がベトナム人と外人とで違うんだ!」と気付き、なんかガチンと来て、ベトナム人用の入り口にも行ってベトナム人の入場料を確かめたりした私って、ブラックリストに載ってしまったりしたかな。。

入場する際の注意事項です。特に三番目に注目(クリック拡大します)。
特に三番に注目
ダイナマイト、毒、武器を持ち込んではならない、とのことです

中に入ると、宴の後、随分時が経った、っていう雰囲気にすっぽり包まれた佇まい。

草むした廃墟。
草むした廃墟

転々と当時の建物が残されていますが、現在修復中のものも多い。
点々と当時の建物が

夏祭りの作り物のニワトリと龍のハリボテ、大き過ぎて置き場所に困って、あ、ここに置いとけ、と置いてます、
祭りの後ここに置き去りなのか
みたいに見えたんですが、真実を確かめる術無し、でした。
*ニワトリと龍が対面しているように見えますが、実は龍の顔、ぐるり、とそっぽを向いているんです。

夫は亀だ、と言い、私は、亀の首はこんなに長くないから、くじゃくが羽を隠して腹這いになってる所だ、と主張したトピアリー。
くじゃくか亀か
いったい、どちらが本当か、これも不明のまま。

巨大蛙のカラオケ大会だ、と夫が言うんですが、そうじゃないことは判っていても、じゃあ、何なのか、これもまた判らぬまま・・・。
大蛙の合唱なのか

北京の紫禁城同様の建物も地図には載ってるんですが、結局どれなのか判らないまま、薄暗くなって来たのでした。

もっと判らなかったのは、どこにも皇帝がその後どうなったのか、が説明されていないこと。いったい、どういう運命を辿られたのか、ガイドブックにも載っていないんです。

********

その足で向かったのは・・・皇帝がグルメで、連日、何人もの料理人に数々の料理を作らせたそうで、その名残の「フエ料理」が有名とのことだったので、ガイドブックが推薦していたレストラン。

一人10ドルで9コース。どんな宮廷料理が出て来るのかワクワク♪

最初はこれ。
最初にこれ
小さな春巻きみたいなのが串に刺して出て来ます。

ふむ、、ま、こんなものか。

次は、フエ式パンケーキ。
フエ式パンケーキ

ふむむ、美味しくはあるけれど、宮廷料理っていう感じはしないな。。

以降、次々に出ては来るんですが、「クライマックス」は無く、また、きらびやかさも無く、淡々と、ごく普通のものが少量ずつ出て来て、

気がついたら全部終わっていました。
楽々お腹に全部

最後のデザートは花の形のおまんじゅうをプラスティックの「茎」に刺して、「花瓶」に入れられて出て来るんですが、「茎」は使い回ししてるから、前の人のおまんじゅうの跡が付いていたりして、なんか・・侘しい。

肩透かし、でした。西洋人には量不足だろうし。ガイドブックは最新のものでも一二年前の情報だったりするから、ベトナムのような発展の激しい所では、余り頼りにならないな、と痛感したのでした。

********

ランキング、やっと一つ上がって四位になった、と思ったら、もう五位に陥落していました・・・応援クリック、してね♪

どうか、これ→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←をカチリとクリックくださいませ。











スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます^^
おおー宮廷料理~
お庭にあったのと同じようなニワトリがあしらわれているということは、
雄鶏はベトナムでは縁起の良い鳥なのでしょうか!?
藍のお皿も可愛いです。
が、使いまわしのピックはちょっと..。(^▽^;)
同じアジア人なのにね。そういうのって意外に思いました。
たのしそうな記事がたくさん上がっておられるので、
またゆっくり拝見しにきます!!!
のちほどまた!

harry | URL | 2009/03/26 (Thu) 07:07 [編集]


外国人とベトナム人で
入場料が違う???なんじゃそれーーー!!!
その時点でテンション下がるな~
タクシーでの一悶着も想像できる・・・
ありがちですよね~
だからこそ、語学ができないと怖い!

でも、それでもやっぱり
行ってみたいなーベトナム^^

なべちゃん | URL | 2009/03/26 (Thu) 07:17 [編集]


いやあカチンときますな

おはようございます!
あれね、タクシーの件とか、
串が使いまわしだったりね
心にプールされていくんですよね
「まったくなんだよ貯金」。(とでも呼びますかw)
普通に楽しく楽しみたいのに~っていう感すっごくわかります。
何かでサンドイッチを買おうとしたら
(たぶんその辺の店)5ドル!って言われたので
サンドイッチですら交渉が必要なのか!
みたいなのを読んだことがあってですね
ベトナム。(他の国でもありえそうですけどね)
りす美さんの文章を読んでいてさらに
いやー、本当にありそうだなと。

そして、皇帝がその後どうなったのかわからない!?wwwこれ、すっごいですね!笑ってしまったすみません~それが、すべてを物語っている気がするー。

でも、そのそういった全てが、
ご自身で感じられた旅なのですよね。
その生ぬるさと、そして、前回Upされている素敵さ。
自分が求めてたことが「ばしっ」とくると
本当に幸せを感じられるというのは
心のなんだよ貯金がいったんクリアになりますもんね。
旅っていいですよね。
また、続きを楽しみにしております^^v

naoppi | URL | 2009/03/26 (Thu) 10:06 [編集]


すべての事において値段交渉必要、って
苦になる人と全然ならない人と、パカッと
分かれるような気がしますが、前者の場合、
旅も中盤にさしかかると、それだけで疲労を
感じてしまいますよね。私もそれですが。

カルチャーショックも多々ありますよね~。
ここではこれが普通、と言われれば、あ、そう、
と受け流していくしかないですよね。(笑)

↓ルイス、なかなか素敵な街ですね!
私も探索してみたい~。

里 | URL | 2009/03/26 (Thu) 10:44 [編集]


harryさんへ

宮廷料理、がっかりでした・・いつ出るか、今出るか、って想像している「おお!」っていうのが一つも無かったんです。

藍の器、良いですよね。こういうのも買いたかったのにな。

はいはい、またどうぞ♪

りす美 | URL | 2009/03/27 (Fri) 05:33 [編集]


なべちゃんへ

なべちゃん、だからね、何度も申し上げるように、ベトナムで語学は必要なし、です。だって、向こうの英語が判らないんですもの。度胸と冒険心と警戒心が必須条件。

りす美 | URL | 2009/03/27 (Fri) 05:34 [編集]


naoppiさんへ

naoppiさん、「心のなんだよ貯金」って、うまいこと言われますね。ほんとにね、そうなんですよね。でも、こんな私って狭量なの?って自分が悪いのかと思ってしまいそうでした。

りす美 | URL | 2009/03/27 (Fri) 05:36 [編集]


里さんへ

値段交渉、ほんとに疲れます。夫はもっと割り切ってますけど、好きという訳では無いです。でも、もっとすごくしつこい国もあるから、ベトナムはファインだ!って言ってます。。私が経験不足なんでしょうね。

りす美 | URL | 2009/03/27 (Fri) 05:38 [編集]


盛りつけがすごい~^^。
ベトナムの写真、行ったことないので嬉しいです^^。

izumimirun | URL | 2009/03/27 (Fri) 06:43 [編集]


izumimirunさんへ

飾り付け、ベトナム固有の技が色々あるみたいですよ。私が真似出来るのはトマトの皮の薔薇の花くらいですけどv-15

りす美 | URL | 2009/03/27 (Fri) 06:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。