イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こどもの日、イザベラ・プランテーションではボーナスが支給されました。

※写真に写っている人達には、ブログ掲載の許可を得ていないのですが、それほど顔がはっきり確認できないと自己判断しています。

もう10日以上も前になってしまうんですが、つつじ満開であろう5月5日、ちょうどガイディッド・ウオークがあったので、懲りもせず、またまた参加したのです。

あの、喋りだしたら止まらない例のガーデナーさんが登場するものとばかり思っていたら、今度は新顔。新顔と言っても、この道30年以上のベテランには違いない。この人は大変静かな語り口。(←以下、ガーデナーその2と略す。)

今回は満員御礼も良い所で、
こんな団体
総勢30名はくだらない。

・「?」って言うような的外れな質問を「?」って言う間合いで連発するおばさま。
・おっきな犬を二匹連れて散歩がてら参加し、説明を聞くごとに、「あら、うちの庭ではこれは~~。」とガーデナーその2に事細かに説明する人。
・大きなバックパックを背負って、それをブンブン振り回しながら先頭を切る二人組み。
・熱心に植物名を書き取っている人:スペルの確認も決して怠らない。

・・・ちょっと引いてしまう。。でも!何しろもう、なんだし!!と自分を励ましながら付いて行く。

この庭園名物のつつじは案の定、今を盛りと咲き誇っている。
名物のつつじたち

今、ならではの他の見物、ハンカチの木
ハンカチの木
  ↑新宿御苑にもあります。あそこで初めて見ました。

アップで見たらこんな感じ。
ハンカチの木のアップ




他にも色々、色々、色々・・・と案内してもらう。


さて、ここまでで約1時間半。この間,一人去り、二人抜け、30人が既に5人に減少。

??自己主張の強い人は飽き性なのか??

すると。静かなガーデナーその2がここで一言。

「今日はボーナスを出しましょうか。

・・・普通は案内していないんですが、もし興味あるなら、ナースリー(nursery=苗木を育てる場所)にお連れします。」

1時間半のレクチャーに耐え抜いた少数精鋭の我ら、

大喜び!

いつも行く度に「ここから先、立ち入り禁止」の標識を見て「どうなっているんだろう。」と思っていた、あそこに行けるんだ!!と、一人で興奮。。

******************

塀の中、ならぬ柵の中・・・こんな風になっていました。

まず、各種各様のつつじの子供たち。
つつじの子供たち1

名札のもとに整列しています。

つつじの子供たち2

或る程度大きくなったら移植されていく。

名札をよくよく見たら、おやおや、でも成程、
日本語の名札
つつじは日本出身だものね・・・日本名がローマ字で書いてある。殆どのものが日本名そのまま。

聞けば、苗を日本から輸入する事が殆どとか。

へぇ~~~。

日本では有り触れたつつじ。ここだけの話、私は余りつつじが好きじゃない。。日本で住んでいた家でも、玄関外の花壇に元々植わっていたのを掘り返して処分し(ごめんね、つつじ達・・・)、ミニ・イイングリッシュ・ガーデン風(←少なくとも思惑は)に改造していた・・・。

種類にもよるんでしょうが、イギリスでつつじがそんなに珍重されるんなら、ひょっとして、日本の苗輸出ビジネス、拡大チャンスあるのかも?!

ここは温室。
種から育てている
やはり日本から買ったというつつじの種をポットで育ててもいる。

これはリッチモンドパークのしだの枯葉で堆肥を作るための場所。
コンポスト
3年寝かせるそうな。うわぁ~~美味しそう(?)な理想的堆肥・・・いいなあ、ただただ垂涎。こんな場所、うちの庭にも欲しい。。。。。

樹齢700年の樫。
700歳

ガーデナー達のお楽しみ用の秘密の池?働く合間にほっと一息入れながら一服する場所なのかも。
池
中には小っちゃなお玉じゃくしが沢山沢山いました。

要するに、立ち入り禁止のナースリーとは、一般オープンにすると損なわれてしまうであろうものを大切に囲ってある場所でした。偶然案内してもらえ、誠にもって光栄の至りでございました。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトル(40位あたりにいる筈)をクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★三つ目になってお手数なんですが、これも押してださい!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***ランキングへのご協力、何卒よろしくお願い致します!Thank you very much!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。