イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ふと「え?そういうことだったの??」と閃いた・・・小さな疑問への答えかもしれないこと、色々

近頃立て続けに判って来たこと、或いは、判ったかもしれないこと、がある。まずは、私のこのブログの最初のお話(恥を忍んで・・・これです~。)の蒸し返しから。

1.洗濯物が変色するのは硬水のせいではなく、むしろ洗濯温度?なの?!?!?

日本の洗濯機がどんなんだったか、すっかり忘れてしまった、この驚くべき忘却力よ・・・。

でも、ダイアルに、そんなに色々色々色々な選択肢がついて無かった筈。

或いはひょっとして私が無視していただけかも??

・・・記憶を辿ると、

「ぼかっと洗濯物をネットに入れて、それを洗濯機に入れて、洗剤を入れて、ONのスイッチを押す、」

それだけで30~40分できれいに洗いあがってきた、んですが。

イギリスの洗濯機は自分で細かくプログラム設定しないといけない。

まず、メインのプログラム・ダイアルにはAからLまで12個の選択肢がある。

その内、幾つかについて端折った説明をすると、


A:白綿及び麻。酷い汚れ。 →洗濯温度:予備洗い40℃、本洗い95℃
B:綿。酷い汚れ →洗濯温度:予備洗い40℃、本洗い40℃
C:白綿及び麻 →洗濯温度95℃(95℃ですよ!!)
D:色落ちしない綿、麻及びレーヨン →洗濯温度60℃
E:色落ちし得る綿、麻及びレーヨン →洗濯温度40℃
F:化繊 →洗濯温度50℃
G:アクリル →洗濯温度40℃
H:ウール(洗濯機OKのもの) →洗濯温度40℃
I:あ、Iって言うのが無い!
J:絹 →洗濯温度30℃
K:さっと洗い →洗濯温度35℃
L:手洗い →洗濯温度25℃


★こう言うのにIを入れないのがイギリス流儀なのか?だから12個じゃなくて11個の選択肢です。


うひゃ~、めんどくさ! 


そう思いませんか?普通、思いますよね?!

これだけじゃない、更に、所要時間(Cだと何と140-150分!、Dで125-135分!)の短縮スイッチ、回転スピード調整スイッチ、すすぎ調整スイッチ等がついているので、

順列・組み合わせの公式なんか持ち出すまでもなく、嗚呼殆ど無限な組み合わせが可能・・・。


人一倍めんどくさがりの私、本当に恥ずかしいことながら、自分で勝手に単純化しておりまして、

全てをD

でやっていたのです。

だから、色落ちしないだろうと多寡を括っていたものから60度ともなると色落ちして、それが私の美しいパンティーに移った・・・そういうことだったんですね。

すっごくすごく恥ずかしい。。。

これからは、洗濯機の周りに合計11個の籠を置いて、洗濯物一つ一つがAからLのどれに当たるのか吟味して選り分け、そして最適な洗濯環境で洗濯します!

なんて悠長な事、私がする訳ない・・・。

今度からE一辺倒で行ってみよう!

と思ったら、偶然発見したWasherhelpというこのサイトに、

「全部Eでやってるけど、ダメ?」っていう、私の姉か妹みたいな人の質問が載っていて、答えはNOでした・・・。ベッドのシーツとか、ダニが死なないから、みたいな理由だったので、ああそれなら、日光消毒するし、と思って、でもちょっとだけ考え直して

最新の私の結論は、

綿が多い時はE、化繊が多い時はFで統一しよう!


なんですけど、やっぱりもっと精緻にやらないとダメでしょうか??

★ちなみに、Washerhelpっていうこのサイトは、元洗濯機修理屋のおじさんが作っている洗濯機についての無料アドバイスのサイト。修理関係が多いんですけど、洗濯機一筋29年、でもこの頃は洗濯機をプロに修理して貰おうなんて人はいなくなって商売あがったり、だからウェブサイトを作ってみた・・・みたいなマニアックな人です。すっごくイギリスっぽいと思ってしまった・・・。


あらあら、あれれれこれを書いている間に小さな泡がぷくぷく頭の中で出てくるように、こんな思いが次々と出てきたのでした。

            そうか!だからイギリス人はオートマ車じゃなくて、マニュアル・シフト車が好きなんだ・・・?!

花王のアタックがイギリスで売ってないのは使っている酵素が超高温に耐えないからなんだ??!

                           こんなことまで自分でいちいち考えないといけないからイギリス人は何をするのも時間かかるのよ!!

正解はあるでしょうか・・・最後のは絶対当たってると思うけど!

★思いのほか長くなってしまったので、今日の所は1.のみでおしまいにします。あと、5個の小さな発見があるんですが、寝かせておいて、近い内に書きます。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあるんです。これもクリック、よろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

洗濯機

ちなみにうちはたいていのものはEでやってます。あとデリケートなものはJで。それでも怪しそうなときは水温だけ下げて水洗いにしてます。真っ白な綿シャツはAで思い切ってボイルウォッシシュすると、汚れの首輪まですっかりとれて真っ白に。息子が中高時代、制服のシャツを洗うときよく使ってました。

残念なのは洗濯機OKのウールもやっぱり洗っちゃうと風合いが落ちるってことかな。一度、目の粗いカシミアウールを洗っちゃって、きゅーっ!と縮まっちゃったこと。泣きました。

Iがないのは自動車のregistration numberと一緒で1と間違えやすいからだろうな。

しかし、きょうは布団を虫干ししたくなる天気ですね!

LucyO | URL | 2006/05/18 (Thu) 21:50 [編集]


LucyOさんへ

勉強になります・・・。

何だか風、強いですよ、この辺りは。。

りす美 | URL | 2006/05/18 (Thu) 22:05 [編集]


私がサウジに住んでいたころも洗濯機には泣かされました。
同じようにたくさんの選択肢のある洗濯機で洗濯してました(早口言葉か!)
う~ん、私もEで洗うだろうなあ、洗濯物のいかんに関わらず。 考える時間がもったいないですからね。

kusaki | URL | 2006/05/19 (Fri) 10:47 [編集]


kusakiさん

さらっと書かれている「私がサウジに住んでいた頃」というの、えv-15?!そうだったんですか・・・経験談、是非聞きたいです!

で、kusakiさんもズボラ・グループなんですね・・・嬉しいです。。

りす美 | URL | 2006/05/19 (Fri) 16:48 [編集]


ちょ~っと待ったぁ!

ズボラではなくてゴーリ的と言って欲しかった。
例えば靴下の手もみ洗いってほとんどしたことないんです。
どうせまた汚れるから。
それと汚れと靴下の色の違いのわからない茶色や黒の靴下を買います。
ホラ!合理的でしょ(笑)

kusaki | URL | 2006/05/20 (Sat) 14:09 [編集]


kusakiさんへ

おっとぉ~、失敬失敬!

我ら合理的グループとネーミングし直します。

りす美 | URL | 2006/05/20 (Sat) 18:18 [編集]


最初のころ

そうでしたわ、気がつかないで全部一緒にあらって白いものがグレーに。
気がついてからは、白いものも比較的白さを保ってます。

leira-london | URL | 2006/05/20 (Sat) 19:54 [編集]


leira-londonさんへ

「最初のころ」・・・う~ん、、、私はまだ、最初のころ、って言っていて良いのか~。来て半年なんですが、未だにこんなんじゃ、あかんやろうが!!←自分に言ってます。念の為。

りす美 | URL | 2006/05/21 (Sun) 19:16 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010/11/23 (Tue) 12:54 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。