イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あの、ピーターシャム・カフェで誕生パーティ♪♪

そんなこと出来たら、なんて素敵でしょう!

あの、

・セレブ御用達で有名な、
・こういう手があるんだ、って感動のメニューが目白押しな、
・そして、ランチ(しかやってない)なのに、{食前酒+3コースミール+ワイン+食後の飲み物}=一人60~70ポンドは軽~~~く行ってしまう、

ピーターシャム・カフェは、

いつ行っても、何かに触発される、

独自な「ラスティック・ソフィスティケーション」そのもの。
筵の天井
例えば、夏のアルフレスコは、こんな感じ。自宅でこんな筵の天井にしてたら、貧乏臭いだけだけど?!

「セレブ系」なんて言われると、普通なら大いに疑問視して、足を向けたくもない、アマノジャクの私でも、ここだけは、文句無く、大好きなんです。

********

だから、夫の親友の一人、

「50歳の誕生日パーティをピーターシャム・カフェでやるから、来てね、」

って、何ともカジュアルに招待してくれた数週間前、

わを

なぁんて、ラッキーなんでしょ!

と、心の中で飛び跳ねるくらい、わっくわくしてしまいました!

*Cは、月に二、三回は食べに行く、常連さんみたい・・・・・・・・・・・・・・・。いいな。

********

あそこは、ランチしかやらないので、時間帯は昼間。

12時15分集合、っていうことだったけれど、遅れては失礼、と、余裕を見て、11時半に家を出ました。

ところが・・・この日は、ローカルな話題ですみませんが、

・折からの好天でハンプトンコート界隈、満員の模様、
・カップファイナル当日、
・トゥイッケナムのラグビー場でも何か催しがあった模様


という三重苦のため、道、ぎっしり、車、動かない!!!

またまたローカル情報ですが、私が強力に推した

「ハンプトンヒルからテディントンに向い、ハンプトンウィック経由でキングストン」

っていうルートが大正解で、途中からは、すっと抜けられ、現地には12時半に到着できました。

********

急いで中に行って見回すんだけれど、知った顔は見当たらない。

おねえさんに「のパーティーはどこ?」って聞くと、

ちょびっとムっとした顔を装って、

「12時の予約なのに、未だ、誰も来てないですよ。」

ですって!焦って損した!!

********

待つ事30分!

家に予め集合して、徒歩でやって来た数人が、やっと到着。

席について、Bellini(食前酒)を飲みながら、更に待つ事15分程で、あと数人が。

もうあと二名、未到着だったけれど、ぼちぼち始まりました。

********

こちらが、メニュー。
メニュー

普通のメニューと違って値段を外してありますが、スターターは、15ポンド前後、メインは25ポンド前後、デザートが7~8ポンドなことを、私は知っている!ワインだって、一本30ポンドくらいのが標準だし。

太っ腹なC・・・。

********

スターターは、

メニューによると、四種類。

Shaved Courgettes, Parma Ham, Pea Shoots & Creme Fraiche
:ズッキーニをスライスしたのにパルマハム、ピーシュート(若ピー?)&クレーム・フレーシュ

Veal Tannata with Capers, Tomato, Rocked & Olives
:子牛肉と、え~と、何だぁ??・・・色々と。。

Mozzarella, Baby Artichokes with Mint & Anchovy Dressing
:モッツァレラチーズ、ミント風味ベイビー・アーティチョーク&アンチョヴィ・ドレッシング

Asparagus with Tomato Crfush & Creme Fraiche
:アスパラガスと、・・・色々、とをクレーム・フレーシュで。

どれにしよう、、、、、と悩んでいたんですが、

「全種類が数皿ずつ出て来て、それを皆でシェアしてもらいますから、メインだけ選んでください。」

って言われて、だから、全種類が食べられるという段取りが、ニクイニクイ。

スターターの一つ
左が「子牛肉と、色々。。」  右が「アスパラガスと、色々。」

私が一番気に入ったのは、ベイビーアーティチョークのグリルだったんですが、お皿を取ってまわして、っていうのに忙しくて、写真無し・・・。

これなんですけど、
スターターこれも
どう見ても、どう食べても、蟹だったんですけど、メニューには無くて、だから、おまけ???  或いは、間違い?
*右側の黄色い三角の物体は、バルサミコを垂らしたパン様のものです。パンなんだけれど、バターをじゅわっと染み込ませて、焦げる手前までトーストしてあるのか・・・ふわふわじゃないんだけど、カチコチでも無い・・そして、これが、何とも美味しくて、こればかり、沢山食べた、貧乏性の私!?

********

メインです。

前に二回行ったんですが、二回とも、ヴェジ用メニューがカリー風だったから、二回とも、一番おいしそうだった肉料理を選んで、、その結果、その時は美味しくて幸せ、なんだけれど、胃が重くて重くて、食後から丸一日以上も苦しむことになってしまったんです。

今回は、メニューが良い感じだったので、迷わずヴェジ用の
「Grilled Aubergine with Chickpeas, Roasted Tomatoes, Caprini & Basil Oil:茄子グリルとひよこ豆マッシュ&ロースト・トマトをCaprini(というもの、何それ?)&バジルオイルで和えた一品」
を選択。

夫は、てっきり大好きなラムにするのかな、と思っていたけれど、私とシェア出来る魚を選んでくれました:「Wild Seabass with Peas, Rocket, Fino & Aioli:シーバス(スズキ)」。

ラムだ
左が私の。  右が夫の。
*世の「ヴェジ」メニューって、チーズたっぷりだったり、こってりクリーム味だったりしがちなんですけれど、ここのは、さすが、そういうのと一線を画する、納得の舌鼓味でしたよ。

隣りのMが選んだのが、ラム:「Grilled Lamb with Spinach, Cuore di Bue, Heritage Tomatoes & Salsa Verde」
さっきのはワイン


主役&ホストのが選んだのは、うずら肉:「Roasted Quail, Sweet Potato Mash, Salmogrilio & Garden Leaves」
これがquailか
オレンジ色のがスゥイートポテト・マッシュ。・・・イギリスのスゥイートポテトは日本の薩摩芋と違って、真オレンジ色&水っぽい。

*******

ワインは、
この二種類。(左が白、右が白)
この辺でメイン

・・・どちらも、それはそれは、深みのある、上質で麗しい味でした。この銘柄、メモメモ。

「お高いワインほど、喉にサラサラ入って行く」
という名言(by うちの夫)通り、次々に空になっていくワインボトル・・・多分、総勢16名で、10本は、あけた!

*私は、帰り道に運転することになっていたので、グビグビは飲めず・・・飲み過ぎると胃の調子がテキメンに悪くなるので、ちょうど良いんですけどね。。

********

デザート
チョコレート・ケーキ:「Chocolate Slab with Ginger Caramel & Jersey Cream」
充実のチョコ
まぁまあ、、、それはもう、リッチなこってりした、でも強烈な甘さっていうのではない、さすがの充実チョコでした。
*砂糖、どういうの使ってるのかな・・・白砂糖の入ったのを食べると舌が痛くなる私ですが、これ、痛くならなかったんです!

これは・・コーヒーを飲みながら、満足じゃ、満足じゃの図。
満足満足じゃ

********

5時になると体よく追い出され、食事&お喋りの後は、リッチモンド・ブリッジに程近い、Cの家の前まで車を移動し、そこから歩いて、ブリッジの上のパブで二次会です。

5時過ぎでもギラギラの太陽。

テムズ川に面した、パブのパティオには、人、人、人!
人が一杯

芝生にも人、人、人!
もうもう一杯一杯

川辺にズラリと人、人、人!
芝生にずらり


灼熱の太陽光で、室内に居ると、サウナに入ってるみたい・・それほどの好天でした。

********

贅沢なる超美味ランチと、かなりな量のアルコール、そして楽しいお喋りとで、すっかり出来上がってしまった夫を連れて、ワインの量は控え目&パブではソフトドリンクしか飲まなかった私の運転で、帰途に着いたのでありました。

夕暮れじゃなくて
車に向かって、リッチモンド・ブリッジを歩く途中、酔いに任せて「愛してるよ。」と夫が言ったのかどうか、ははは、どうだったでしょう?!

********

誠にラッキーな土曜日でした。たっくさん頂いたのに、胃もたれ全然しなくって、それも感動でした。

たまには、こんな贅沢も、いいですよね~。

********

Cの50歳のバースデーを祝って、ランキング・マークをクリックしてね♪
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


いつも有難うございます。







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうだ、そうだ!!!
なんか、昔の事思い出した!!!
って、NZのレストランで食べた美味しいものの話。
なんで、イギリス人って、羊を上手に料理するのでしょうねぇ???
日本で羊食べても、なんかぱっとしないけど
NZで食べた羊はすごく美味しかった!!

って、自分勝手な感想でごめんなさい。
また、イギリス料理が食べたいなぁ・・・・。

そうそう、私が行ったのは、ロトルアとオークランドです。イギリス人の下宿やさんもいい人でしたよ。

ひろ | URL | 2009/06/01 (Mon) 20:43 [編集]


確かにおいしいもの
いや、おいしいというか良いものというか
そういうお食事って胃が全然もたれないんですよね~
なかなかそういうお料理に出会うことってないんですけど
あるんですよね~私も以前感動しましたよ^^

Cさん太っ腹だな~素敵すぎる!

なべちゃん | URL | 2009/06/03 (Wed) 07:48 [編集]


おはようございます。
あ~本当に美味しいもの♪食べたくなっちゃいました☆
遅くなりましたが、今日UP予定の記事でリンクいただきました♪

ゆん | URL | 2009/06/03 (Wed) 08:22 [編集]


きゃーーーーー(//∇//)*:+゜・。*

そんな有名店でのお誕生日パーティーですって??
なんて素敵ななんでしょう~~~!!!
リス美さん、そちらでも人気物なのね~~(((≧∀≦**)))♪カッコいいな~~


しかし、(笑)!
10本も空けたんですか?ワイン!
人数も多いですが、それでもワインの量も多い!!(笑)

うう、お料理も凄いしワインも凄いし、
人生一度でいいから経験してみたーーーーーいい!!!!



あれ?リス美のお誕生日っていつでしょうか???

りいこ | URL | 2009/06/03 (Wed) 08:42 [編集]


なんて素敵な誕生日パーティーなんでしょう!
私達がいつかこんなパーティーを開けるとしても、よっぽど親しい友人しか呼べないだろうなぁ~。

リッチモンドの風景が懐かしく、ふとあの時の楽しかった事ばかりを思い出して、『ちょっとだけ訪れてみてもいいかな?』と思えました。

あゆみ | URL | 2009/06/03 (Wed) 11:34 [編集]


うわ~豪華な誕生パーティ!
時間にアバウトな感じ(?)でホッとしてみたりして(笑)
デザートの砂糖がわたしも気になる(笑
何をつかってるんだろう~♪
それにしても人もすごいな~。
お料理どれも美味しそう!

うーら | URL | 2009/06/03 (Wed) 13:52 [編集]


りす美さん♪

わーーーー、いいないいなーー♪
私も仲間に入れてほしい~!
ステキにおいしそうなお店だな~♪
やっぱり食事って、喜びながら楽しんでいただくと
消化力が違うそうです。

~~
ザリガニ食べられたらどんなにいいでしょう・・・
でも、日本のどこかの村はザリガニ塩茹でか何かで
食べるところがあるって聞いたことが・・・

vivera | URL | 2009/06/03 (Wed) 20:54 [編集]


テディントンから、キングストン経由とは、大周りだけど、ハムへ抜ける道は混まないから大正解ですね。

りす美さんの家からだと、テムズを渡らないと、リッチモンドまで行けないですが、橋二本じゃやっぱり渋滞しちゃいますよね。

ラム、やっぱり美味しい! ”ベジなんてやってらんない”、って感じになっちゃいます。ケーキはやっぱりブラウンシュガー使用してるのでしょうね。 

テムズ沿いの家を買うのが夢ですが、このあたりは超高値で手が出ません。。。

きゃら | URL | 2009/06/04 (Thu) 01:06 [編集]


ひろさんへ

イギリス人がラム料理が上手、っていうのは、気付きませんでしたが、そうなのかも・・・。或いは、こちらのラムが美味、っていうことかもしれませんよv-14

ニュージーランドは、小さな町にも必ず一軒や二軒は、ピンポン!っていうレストランがあって、私も好印象です。

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:08 [編集]


なべちゃんへ

Cは、身体も太っ腹だったけれど、運動をうんとして、締まった体系になっているんですよ!すごく良い人です♪♪

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:09 [編集]


ゆんさんへ

うんと美味しいもの、たまには食べに行かないとねv-91

*リンク有難うございます♪

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:10 [編集]


りいこさんへ

いえいえ、夫の親友だから、カップルで招待してくれただけで、私が人気者っていうのは、全然、無いですよ!!

イギリスに来ることがあったら、ここ、お薦めですからねv-91

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:11 [編集]


あゆみさんへ

あのね、ウイークデーは、お得なセットメニューがあることに気付きました。だから、一緒に行きましょう!!イギリスにも良い所はありますよ♪

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:13 [編集]


うーらさんへ

ここのシェフ、レシピ本を二冊出してるんですよ。素敵な本なんです・・・眺めてるばかりで、再現してませんが!

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:16 [編集]


viveraさんへ

そうか、、喜んで楽しく食べる、っていうことを心がけないといけないですね。「よく噛んで、よく噛んで!」っっていうだけじゃなくて。ほんとに。

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:19 [編集]


きゃらさんへ

うちからだと、ハンプトンヒル経由は、大まわりでも無いんですよ。同じくらいです。ハンプトンコート界隈は、橋もあるし、特に休日は気をつけないと、大変!キングストンがガラガラだったのに救われました。

今の家を探していた時、テディントンやハムも候補地だったんですが、そもそもディタッチト・ハウスの出物が無かったです!不動産屋に出さずに、口コミで売買してるのかな・・。

りす美 | URL | 2009/06/04 (Thu) 02:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。