イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

苺白書、なんていうもんじゃあ、ないけれど。

路地モノ苺の季節です

実はこれ、もう10日以上前に撮った写真なんですが、うちの苺畑。
網を被せた

拡大すると赤いポツポツ、微かに見えるかも・・・苺がそろそろ赤くなって来たから、白い方を表に向けた上で、鳥に取られないように網を被せた時の記念撮影です。


その翌朝のこと。

あれ???

赤いポツポツ、無くなってるのは、どうして?
 ←この時点では、未だ頭が回らない。

しかし、

残っている赤いものも、こんな姿になっていたりする!
齧られてる

怒!

・・・そうか、鳥たちが、網目の外から食べてしまったんだ、

と気付くまで、暫くかかってしまいました。

網をかけておけば大丈夫、なんてものじゃなくて、もっと対策が必要・・・。

網の上からネットをすっぽり被せて、もう、これ以上は、横で苺に添い寝するしかない。。。


第一話は、これにて


いえ、鳥以外にも、なめくじという被害の路線もあって、日夜の見張りが大変!!!

********

苺についての第二話:長ったらしいです・・・。愚痴が主なので、そういうの読みたく無い気分の方は、すっ飛ばしてくださいね

バンクホリデー(イギリスの祝日は、日本みたいに名前がついていたりせず、ただの「バンクホリデー」っていうのが大半で、味気ないです。。)の月曜日。

その数日前に、何度も紹介している「ガーソンズ(Garsons)」から

「早起き鳥(Early Birds)への割引キャンペーン。朝、10時までに入って頂いた方に、10%引きのヴァウチャーを差し上げます。このヴァウチャーは終日、ファームショップ、PYO、ガーデン・ショップで使えます。」

っていうニュースレターが届いた。

当日、遅寝したとはいえ、9時ごろには起きたので、じゃあ、苺のPYO(Pick Your Own)に行ってみようか、と夫と二人で出かけたんです。

9時半過ぎに着いたんですけど、苺のPYO場で

「ヴァウチャーください。」

って言ったら、

「いや、ヴァウチャーは、PYOの支払いを済ませた段階で差し上げます。」

って、そこの若いお兄さん、お姉さんが言うので、話が違うんだけれど、面倒くさいから、言われた通りに、摘んだ苺の代金を割引無しで払って、で、ヴァウチャーを手にした。

***

次に、ファームショップに行って、巨大な大根やら何やらを買って、10%引きヴァウチャーを使おうとすると、

自信満々のレジのおばさんが、

「これはね、10時までしか使えないの

って、文字通り、食って掛かる。

・・・時計を見ると、10時を10分程過ぎている。

おばさんの恫喝の剣幕に後ずさる、などというイギリス初心者では、もはや無くなっている私なので、

「いいえ!ニューズレターで、今日は10時までに入ったら、ファームショップもPYOもガーデン・ショップも、全部終日割引だ、って書いてあったんですよ。聞いてないんですか?」

と、きっぱりと言った

すると、そのおばさんが、隣のレジの人に、

「10時過ぎてるから、ダメよね。」

って、本当に自信満々で応援を求めたら、その人もよく判らなくて、カスタマーサービスみたいな人を連れてきた。

その人が、幸い、

「終日使えるのよ。」

と言って、一件落着

***

・・・なんだけれど、こうなっては、PYOでのことも持ち出したくなって来て、

「PYOも10%引きっていうことだったのに、割引してもらえてないの、その清算も、して欲しい。」

って言ったんです! ケチかな・・。でも、ケジメつけたい気分が盛り上がって来たし。

レジで、何だか気まずく、待ちんぼうさせられること、約、5分か。

やっと、割引額(ほんの小銭。しれた額ですが、、)を持って、カスタマーサービスの人がやって来て、で、受け取ってファームショップを後にしました。

***

な~んか、後味悪し!

PYOはガーソンズだけじゃなくて、他にもあるんだし、もう、ガーソンズはやめようかな、とまで思いながら、車の助手席に乗っていると、夫が、

「あのレジの人、謝りもしなかったよな。」

ってボロリと言う。

イギリスの客あしらいへの期待がゼロ以下になっているから、気付かなかった私も、

「ほんと。あんな剣幕で客に噛み付いておいて、知らん振りだったね!」

と、改めて、気分悪し、が倍増!

***

その日の夕飯後のデザート。

葛でぷるぷる

苺をガーッとやって、フルーツのコンクジュース&水を足して、葛でぷるぷるさせたプディングです。その中に、生の苺をめり込ませました。
・・・アイスクリーム(先日紹介したブージャブージャですが)が溶けているように見えるのは、、、溶けているからです。何かの弾みでフリーザーから出して、そのまま冷蔵庫内に置き去りにされてあったのを発見し、慌ててもう一度フリーザーに入れましたが、これを食べる時には未だカチカチに戻っていなかったから

********

その夜、寝る前、気分悪いのが盛り返して来て、どうせほったらかしにするんだろう、と思ったけれど、苦情のメールを出した。

そうしたら、な~んと驚き百万回!

翌日、「ディレクターが謝る手紙を書きたいので、住所を教えてください。」と返メールが来たのです。
        ↑
日本だと、苦情処理専門の腰の低いおじさんが、菓子折り持ってやって来たりするのが一般的でしょうが、イギリスでは、リアクションが返って来るのすら、稀有ですから。

ディレクターっていうのは、年老いたおじさんで、e-mailできないから手紙なのか、と思いながら、住所を教えたら、

翌日、ガーソンズのロゴ入りの大きな封筒が届いた。

中を開けると、「申し訳なかった。」っていって、A4サイズの、巨大なるヴァウチャー10ポンド分が入っていた。

あれま、二度びっくり。。こんなこと、イギリスで初めての経験かも、です。

***

せっかくなので、文面をそのまま載せておきます。

Thank you for your e-mail dated 25th May 2009. I am very sorry that you had a disappointing visit to us that day.

Please find enclosed a £10 voucher, which we hope you will accept with our apologies for the confusion over the Early Bird 10% offer on Bank Holiday Monday. We will make sure our staff are more aware of the details of our offers in future.

We hope you will visit us again very soon.

Yours sincerely,

***

ヴァウチャーの大きさは、

「このデカイのを持って来た客は、ウルサガタだから、気をつけよ

っていう目印なんだろうか、と疑いながら、数日後に、ガーデンショップで野菜用のコンポスト、「3つで12ポンド」っていうのに使いました。

***

さて、これから、明日の化学のテスト(明日は、Fundamentals of ChemistryとPrinciples of Chemical Reactionっていう二つ)に備えんと、勉強しないといけないんです。

応援クリック→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ←してから帰ってもらえると

嬉しいんだけどな~

いつも有難うございます。








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やっぱり、言うべき事はいうべきですねぇ。
私も外国のホテルで、朝ご飯付きのツアーのはずが
朝ご飯は有料と言われて、躊躇せずにわめき散らして
朝ご飯をGetしたことがあります。
日本の感覚と違うとこありますよねぇ・・・・。

そうそう、うちの椎茸君もナメクジに、よくやられるのですよ。悔しいですよねぇ。
作物作りって、自然との闘いですねぇ。

ひろ | URL | 2009/06/10 (Wed) 19:00 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/10 (Wed) 19:54 [編集]


うちもここ毎日イチゴ祭りです。でも練乳かけて食べるだけ…残りはジャムで(といっても父が作ります…)。ひと手間かけてのデザート作り、見習いたいもんです。。。
うちの苺、鳥害はないですねぇ。。。無農薬栽培なのに。たまにダンゴ虫が地面についた苺かじってるくらいでしょうか。てかそもそも鳥来ないですね。うちの庭に来るのはスズメと野バト夫婦くらいです。日本では最近全国的にスズメすら激減してるらしいし、なんでしょうかね。

それにしても10ポンドのヴァウチャーゲット話、素晴らしいです!

きちゅー | URL | 2009/06/10 (Wed) 20:26 [編集]


店から来た案内と店員さんの対応のあまりの違いには驚きですね。ディレクターからのお詫びは、もしかすると他にも大勢苦情が来てて、さすがにマズイと思ったのかもしれませんね。どう考えても、被害者はりす美さんご夫婦だけとは思えないですから。

苺のデザート、美味しそうです♪アイスが溶けかかってるのも、ソース風にしようとわざと狙ってそうしたのかと思いましたよ。

里 | URL | 2009/06/10 (Wed) 21:06 [編集]


まずはいちご!
やっぱり自分で収穫できると嬉しいですよね^^
うちは入居した当時嬉しくていちごいっぱい育てていたのですが・・・
ものすごいナメクジ被害にあいまして・・・。
戦うのが嫌になって、今いちごは中断・・・。
だけど、いちごのデザートとてもおいしそう。
自家製のいちごで作れたらさらに美味しさ倍増でしょうね!いいなあ。

丁寧な詫び状とヴァウチャー、よかったですね!
早朝わざわざでかけたお客さんの気持ちを察してくれたということでしょうね。
せっかく買い物に行っても嫌な思いをするのは残念ですものね。
今回は、丸くおさまってよかったなあって、こっちもホッとしました^^

harry | URL | 2009/06/10 (Wed) 21:54 [編集]


りす美さん、凄い!

怒りをちゃんと話せるのが!
私なんて感情が乱れると日本語さえ
うまく話せなくなっちゃうのに^^
でもちゃんと言って良かったですね♪

苺のデザート、おいしそう~~!!
自分で作った苺だからおいしさ倍増☆

~~
器の傾斜、いい感じでしたか?
今度の陶芸で器を作るときは是非♪

vivera | URL | 2009/06/10 (Wed) 22:30 [編集]


おおおぉ! E-Mailのクレームに対応なんて、初めて聞きました。すばらしい。

なんせ、サービスという言葉は、”うるさい客を黙らせるために、何かをすること”と、勘違いしてるような店員しかいませんものね。

こんな体験すると、次回もお買いものに行こうって、気になりますよね。グッジョ!

きゃら | URL | 2009/06/11 (Thu) 00:20 [編集]


ゆってみるもんですねー

ガーソンズ、そんなに気分の悪い人に当たったことないんですが、単にお得なオファーを利用したことがないだけかも。<Early Birdなんかとんでもない;
でもケジメつけたい機運って、分ります、なんとなく。
イギリスはやっぱり「ゆったもん勝ち」ですねー

ろくろく | URL | 2009/06/11 (Thu) 02:57 [編集]


言ってみるもんだなーーーっていう経験
今までに何度もしてますけど
やっぱり言ってみるもんですね^^
今後の教訓にしよっと(笑)

いちご、すごくかわいい♪
そしてデザート、めちゃくちゃおいしそう!!!
とけたアイスもまたいいですよ☆

コメレス
昨日のピリジンジャー麺
焼き茄子がポイントなんですよね~
水菜だけだとやっぱり寂しいかも・・・
トマトはありますか?トマトでもおいしいかなーと
只今妄想中・・・作ってみよっと^^

なべちゃん | URL | 2009/06/11 (Thu) 07:47 [編集]


デザートおいしそう^^。

千鳥さんね、お店にはもっといろんな器がありますよ~^^。
でも帰国時に器買うと、運ぶのたいへんそう^^。

izumimirun | URL | 2009/06/11 (Thu) 07:59 [編集]


おはようございます。
うわ~苺!!鳥さんにヤラレちゃったんですね!!
うちも殆どの果実、鳥にヤラレちゃってます~
苺のデザート美味しそうです!!!

ゆん | URL | 2009/06/11 (Thu) 09:51 [編集]


うちの家庭菜園のワイルドストロベリーは、どうも蟻にやられたみたいです。ぽっかりあいた穴にえんえんと蟻の行列が・・・。

WCR管理人 | URL | 2009/06/11 (Thu) 10:57 [編集]


えぇ~、イギリスで謝罪とバウチャーが貰えたなんて奇跡的ですねぇ~。私達なんて、銀行のミスで巻き上げられた自分達のお金を返して貰うのに2年掛かった上、コンペンセイション全くなしでしたからね。しかも、「お金返したんだから、もういいでしょ。」って感じで、最後の最後まで謝罪はなし!

苺をナメクジやカタツムリから守るには、卵の殻を粗く割って土の上に敷くと寄り付かないらしいですよ。私はやった事がないのですが、イギリスのある本に載っていました。

あゆみ | URL | 2009/06/11 (Thu) 14:38 [編集]


ひろさんへ

感情的にならずに、正論をきちんとブツ、っていうのがポイントかな、と思うんですけどね、イギリスにおいては、全くのまぐれ当たりですね・・。期待ゼロだっただけに、本当に吃驚しました。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 01:14 [編集]


鍵コメさんへ

お久しぶりです♪

是非、その時の手紙の文面、見せてください!お手本にさせて欲しいですv-14

はっきり言わないと、ね。。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:17 [編集]


きちゅーさんへ

鳥が来ない・・・そういえば、日本の庭には鳥が来なかったかも。いえ、一度、庭で鳥が昇天していたことがあったわ、、v-40 確かにイギリスは日本より、自然との接点が豊富ですね。その点だけは、恵まれてます。

ヴァウチャー話、わざわざ読んで頂いたんですね・・恐縮です!

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:19 [編集]


里さんへ

イギリス人、はなから諦めていて、何も言わないのかもしれませんよ・・。真相が気になりますが。

>アイスが溶けかかってるのも、ソース風にしようとわざと狙ってそうしたのか
   ↑
そうか、、そう言えば良かったですね!

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:21 [編集]


harryさんへ

丸く収まること、余り無いですものね、この国では・・・黙ってたら、何も問題ない、って受け取られてしまうし、正当な言い分は、筋道立てて主張しよう、結果がどうあれ、、と思います。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:29 [編集]


viveraさんへ

ただ、事実を事実どおりに簡単に描写して、どんなにがっかりしたか、っていうのを付け加えた、それだけなんですよ。返事がすぐ来たのにまず驚きました。無しの礫とばかり想像していたので。

あの葛ぷるぷる苺プディングは、PYOでとってきた(イチゴ狩り)ので作ったんです。うちの苺は、いちどきに10個程度しかとれないので、マチェドニア作るとか、そういうのしか、出来かねるんですよ・・。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:33 [編集]


きゃらさんへ

ね、ね、有り得ないですよね、こんなこと。吃驚もいいとこでした。あそこのお店、行ってあげてくださいね♪

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:34 [編集]


ろくろくさんへ

そう言えば、ガーソンズ、良い感じですよね・・あのおばさんが、初の感じ悪子でした。あの店の風土に合わない、って辞めさせられたりしてたらどうしよう、と今、ちょっとドキンとしました。。でも、名指しはしてないから、誰だか判らないですね・・判るかな。

「言ったもん勝ち」じゃなくて、「言わないもん負け」かも。だって、言っても勝つこと、殆ど無いですから!

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:37 [編集]


izumimirunさんへ

それがね・・帰国時には必ず陶器、漆器、運んでるんですよ。。大荷物になるから、もうやめたいんですけどね、好きなものが目に付くと、欲しくなってしまうんです。是非、うかがわせて頂きます。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:50 [編集]


ゆんさんへ

ゆんさんのお宅は、鳥、来るんですね! 日本でも庭に鳥が来る家、発見しましたよぉ~、きちゅーさん・・・↑。

ところで、どんな鳥なんでしょう。今日は、前庭の木の細い枝に、太い鳩が、それも二羽も、枝をゆっさゆっささせながら、実を貪ってました!

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:52 [編集]


WCR管理人さんへ

蟻、ですか・・・。アブラムシを食べてくれてる、良い人(人?!)とばかり思ってました。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:54 [編集]


あゆみさんへ

そう、奇跡です!またと無い事のような気がします。銀行の話、身につまされます・・・うちの家具屋事件を思い出してしまいました。

>卵の殻を粗く割って土の上に敷く
  ↑
歩きにくくて寄り付かない、っていうことだと思うんです。私は貝殻をつぶしたのを撒いたことがありますが、効き目、無かったです、、。手ごわいです。

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 06:57 [編集]


なべちゃんへ

あれ?入れたはずのコメントが消えているのに今気付く、、どうしてだろう。すみません、順番が狂ってしまって。

言ってよかった経験、ってどういうのなのか、知りたいです!私は、イギリスでは、言う手間かけただけ、エネルギーの無駄遣い、っていう経験は豊富ですv-17

りす美 | URL | 2009/06/12 (Fri) 07:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。