イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あの人達は今・・・。

時は流れ、人も植物も移り変わっていく~。

チェルシー・フラワーショウ真っ最中の今週。グレードは全く違うんですが、気になる「あの人達」ならぬ「あの植物たち」の現在の消息を紹介します。

(手短かに、とは思えど、結果的に随分長くなりました。その上、このブログで過去に触れた様子を項目ごとにリンクしているので、それも見ていくと結構時間がかかるかもしれません・・・。時間に余裕のある方は、リンクにも飛びながら見てもらえば判りやすくはあるんですが。)

尚、私は日本人で、しかもお仕事モードが染み付いている為、箇条書きです。
※念の為に申し添えますと、は、「イギリス人は箇条書きができないのか、という疑問」(ここの6)をご参照ください。)を受けています。

1)アメリカ水芭蕉

昨日、イザベラ・プランテーションに定期自主検分?に行った折。湿地際に、長さ1m、幅40cm程度のでっかい葉っぱがモッサカほっさか生えているのを嫌でも目撃。
アメリカ水芭蕉


あたり一面、何だか、匂う。。

この匂い・・・


・・・

その名も「skunk cabbage(スカンク・キャベツ)」!!!!!

先月、生まれて初めて見た黄色い水芭蕉。(ここにある、三番目の写真です。)
・・・その時も「花が終わったら巨大キャベツになる、鬱陶しいヤツ。」と噂されていたのですが、昨日見たのは、このアメリカ水芭蕉の成れの果て。。

尚、普通の白い水芭蕉の成れの果てと思しきものはこれ。幾分遠慮がちです。
白い水芭蕉



2)水仙

だんだん咲いてくるのを楽しみにしていたあの頃。→(これです。)

オーストラリアから帰ってきたら満開だったけれど狐に踏まれていた、あの頃。→ここです。


つい先日までの「花後の姿」。
水仙つい先日


そして昨日!

        ついに!

すっかり刈り取られてさよなら水仙
芝生に同化していました。

さようなら水仙!

See you again next year!!



3)岩千鳥

球根を10個植えて、やっと10個共無事に育ち始めたあの頃。 → (ここにその頃の写真があります。)

三鉢とも同条件のつもりなんですが、結局その中の一株が並外れた盛況振りを示しています。
岩千鳥三姉妹

岩千鳥満開



4)苧環(おだまき)

知らないとは何と罪な事よ・・・夫が長年、雑草と間違えて抜き続けていた・・・それなのに何とか居残ってきた苧環。

スコットランドに出かける直前に「病気なんでは?」と気付き、慌てて殺虫剤をふりかけて置いて行った。 → (この中の、5枚目の写真です。)

病気だったのかどうか不明確なんですが、現在も二重の花が、何の問題もなく、美しく咲いています。
苧環

拡大するとこんな。
苧環拡大



5)ひまわりスプラウト

ちょこっと芽が出てきたので、スコットランドまで瓶に入れて連れて行ったひまわりの種。→(この中の、最後二枚です。)

結局芽が出たのは10個ほど(30個以上あった中で)。
ひまわりスプラウト
茎の部分が短いまま、もう双葉になってきました・・・。

★大発見1)芽だと思っていたのは、実は根だったのね!?!?! 何よりの証拠に、反対側に双葉が出てきた・・・。

★大発見2)そうか、種を植えると頭に種の殻を被って双葉が大きくなってくる、それはこういうことが起きていたのか。

☆もう一度、もっと茎の部分がひょろひょろ伸びるようにトライしてみます!


6)マリの実
オーストラリアの森で拾った木の実たち。(→ここをどうぞ。最後の写真です。)

その中の、「蛸壺」と言う人もいた、マリの実を使って、こんなものを作ってみました。
マリの実

こんな工作するなんて、私らしくない、と思った、そこのあなた!

ふふ。

たまには、こんなことも致しますんですよ~。

★暇を持て余しているのでは決してございません。お仕事もブログもお裁縫もガーデニングもお料理も、そうそう、忘れちゃならないお洗濯も、してますです。(但し、お掃除はしません!


7)どうしても今紹介しておきたい期待の新人さん達

a:りんごの赤ちゃん達。

庭に二本、りんごの木があるのですが、一本は昨年まで、ずっと実付きが悪かったとのこと。

今年は、結構沢山付いてきていて食糧費削減に寄与する事が期待されます!?
りんごの子



b:クレマチス、新テリトリー開拓が今年度のミッション。

ガレージの壁一面に花が覆うことを期待して植えた、とのことですが、日当りの関係から、意図と逆に、ガレージの戸に向かいがちだったこのクレマチス。

今年は無理矢理にでも壁の方に進出して来るよう、日々、説得と激励を重ねています。
クレマチス



c:藤 in UK。

新人さん、という訳ではないのですが、イギリスでは藤は棚で作らず壁に這わせる仕立てにする模様。

こんな風に。(よその家のです。)

イギリスの藤


☆尚、「続きを読む」に、コンカーと山菜の参考資料を入れました。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***

この前のブログで何だかお騒がせしてしまっている、

1)「コンカーは食べられるのか。」問題と

2)「スコットランドで見かけた山菜は、ぜんまいか、こごみか。」&「リッチモンド・パークのわらびを摘んで食べても法に触れないか。」問題。

責任を取るべく、昨日、何らかの参考資料を求めてリッチモンド・パークに行ってまいりました。

1)ですが、昨日、コンカーの赤ちゃんを見つけました。
コンカーの赤ちゃん
赤ちゃんの頃から既にトゲトゲ付きです。

2)については、これも昨日の様子ですが、これは公園の極く極く、極く一部の写真。こ~んなにワンサカワンサカ、わらび、生えまくってます(もうわらびではなく、羊歯に成長の一途ですが)。
brackenわんさか
※向こうの方にオレンジ色っぽく見えているのは、イザベラ・プランテーションのつつじ達です。

拡大してみるとこんな感じ。
bracken拡大

やっぱり摘んで食べたら、だめ??


本文中で押し忘れた方々の為に、ランキングのマークを並べておきますので、お手数ですが、押していってください!(いずれもヨーロッパ情報部門です。)

   

人気ブログのマーク

にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

りんごの赤ちゃん!

りんごは、信州の農家と2本分を契約して、毎年秋に収穫しています。おいしいですよね、もぎたてのりんご。2週間は家中がりんごのあまい香りで満たされます。

鹿君が食べないのであれば、
ゼンマイでも蕨でもこごみでもよいのですが、食べられるものは食べられなくなる前においしく食べましょう!、が私の真意です。
もったいないです、自然の恵み。

ish | URL | 2006/05/24 (Wed) 21:20 [編集]


ishさんへ

うちには「アップル・モンスター(グレープ・モンスターとも、或いはフルーツ・モンスターと総称する場合もある)」が一匹いて、右向いて左向いている間に沢山のりんごが消滅する場合が多いのですが・・・りんごの木から毎朝もぎたてのを食べるのが何よりの楽しみとのことです。

イギリスは本当にイライラすることだらけですが、庭のりんごを食べられる、これ、「イギリスに住んで良かった事」の一番目かもしれません。

りす美 | URL | 2006/05/24 (Wed) 21:41 [編集]


山菜

はやはり摘んでたべたいですよね。
藤はこの時期たくさんの軒先でみらでますよね。彩がきれいですよね。

leira-london | URL | 2006/05/25 (Thu) 03:14 [編集]


leira-londonさんへ

今年は気づかなかったのでタッチアウト、でしたが、来年はやはり、まずは庭のから試してみようと、手ぐすね引いてます!

りす美 | URL | 2006/05/25 (Thu) 04:31 [編集]


わらび旨そうですね。
採っている人は結構いると思いますよ。
というか見かけました。

荒らさなければ自己判断で採ってきても良いのではないでしょうか。ただ公園法には引っかかると思いますけど・・・
これが日本人コミュニティーの間で広まって、公園が荒れて問題にならなければいいと思いますけどね。

殿様 | URL | 2006/05/25 (Thu) 14:50 [編集]


殿様さんへ

リッチモンドパーク・フレンズの会合で話題にしてみようかな、と思ったりもするんですが、保守的な人達の集まり(サイクリング道路に反対したりする)なので、薮蛇かな、と迷っています。

りす美 | URL | 2006/05/25 (Thu) 15:45 [編集]


藤の花

独身の頃は、藤棚のある庭に住むのが夢でした(夢で終わりましたが(^^;)

イギリスでは壁のはわせるんですね。
ただ、美しいのは日本もイギリスも同じですねー!!!

くるみ | URL | 2006/05/25 (Thu) 17:30 [編集]


くるみさんへ

藤、もっともっと見事なのもあったんですが、どういう訳か写真を撮りそびれていました。でも、この写真の藤の仕立てなら、普通の庭にも応用可能の範囲ないと思いませんか?

ちょっと検討してみよう・・・。

りす美 | URL | 2006/05/25 (Thu) 17:44 [編集]


Richmond Park以外にもあるので調べてみてはどうでしょうか?
敷地が誰の物かわかりませんが
URLの場所辺りにも沢山ありました。

殿様 | URL | 2006/05/26 (Fri) 02:02 [編集]


りす美さんのブログには、大好きな緑や花がた~くさんで、嬉しいです^^
りんごがお庭で収穫できるなんて羨ましい!
意外に、UKのお花事情は日本的だったりするんですね。

ゆう | URL | 2006/05/26 (Fri) 22:46 [編集]


殿様さん

夫(地図が大好き)が帰ってきたら見せてみます。有難うございます!!

りす美 | URL | 2006/05/27 (Sat) 01:27 [編集]


ゆうさんへ

日本にしか無いとばかり思っていた花が、色々イギリスにあるのに、実はびっくりしています。

りんご、幾つ成ってくれるでしょうか・・・今年から口が二つになったので、頑張って倍、実をつけて貰わないと!?

りす美 | URL | 2006/05/27 (Sat) 01:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。