イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DIYのウオードローブ。この後一体、どうなるのろう・・・。

夫が強烈にしょげ返っているのです。意気消沈そのもの。

そう言う事をブログにされたらもっとへこむかもしれないので、これは見せられません。

************

趣味と実益を兼ねたDIY。イギリスの男性は大半がDIYに取り組むみたいで、夫の友人宅に行っても、殆どの家で、風呂場を作っただの、フローリングをやっただの、そういうことが話題になるとともに成果を嬉しそうに披露されます。

夫も例外ではない。

寝室のマントルピースの両側にピッタリ・サイズのウオードローブを一つずつ作る、というのは以前からの懸案事項となっていました。

しかし、天候が良い休日は、ついついウオーキングに行きたくなる・・・ということで、なかなか進まなかった。6月早々に母と娘が来る、という日程が迫りに迫った昨今、やっと本格的制作に突入しました。


これはカンナ。噂には聞いていたけれど、西洋ではカンナを押します。引くのではなく。
カンナ
カンナ屑はアスパラガスを植えたプランターのマルチに活用しました!

手前がハンド・ドリル。電動ドリルより注意深く穴を開ける時に使用。
向こう側が日本語だと平準器とでも言うんでしょうか、水平かどうか、垂直かどうかを泡で見るもの。
ハンドドリルとか

これは底板に側面の板を付けて行こうとしている所。
天井板


側面、前面フレームを着々と付けて行っているところ。
組み立て中


途中で「記念撮影、」と言うので、顔を向こうに向けた私。
記念写真


ひっくり返して
ひっくり返して

・・・何をしていたのかちょっと忘れました。

一個目の方が、前面の扉をつければ完成、となった段階で、バラバラにして二階に上げ、組み立て、マントルピースに向かって左側に設置。

そして、取り合えず中身を詰め込んでみるとどうなるか見てみた所。
詰め込む


天井まで届く、背高ウオードローブです。洋服をかけるのに、私は背伸びをしないと届かない・・・。


そして。


これで弾みがつき、二個目も同様に着々と制作されていき、

一個目と同様、二回に持って上がって組み立て、今度は右側のスペースに入れ込もうとした時・・・。



うぐぐぐぐぐ。。。


スペース横幅より、ウオードローブのフレームの方が数センチメートル長い・・・。

だから、スペースに入らない・・・。

「判っていた、判っていた、判っていた。こっちの方がちょっと短いの、判っていた。なのに、何故?!」

「ああ。バカ馬鹿ばか馬鹿、とんま、間抜け、すかたん・・・。」

情け容赦なく自分を攻め立てる夫に私は何と言えばよいのか、口をあんぐり開けたまま。


材料を切るのは切り屑が出るので、庭のデッキの上でやっていたんですが、この所、雨が斑に降るというか、晴れていると思ったら、ざざざぁ~っと曇って来て雨がドドド。この繰り返しだったので、材木を持ち出しては引っ込め、持ち出しては引っ込め。それを休日と平日の夜、数日間にわたって断続的にやっていた、そのプロセスの中で、間違いが起きたようです。

多分、ずっと続けてやっていれば防げたミスのように思えるのですが、何を言っても後の祭り・・・。

「せっかく、これで大半が終わった、乾杯!っていう気持ちで喜びを噛みしめつつあったのに・・・。」と悔しがる夫に、かける言葉が無い。

私:「二つ目のは横向けに置けば?」

夫:「シメトリーが崩れる・・・。」
とキッパリ拒絶。
※左右が違う幅なんだから、シメトリーじゃあ、そもそも、ないんですけどね・・・。

私:「一個目の正面に、向かい合わせに置くのもシメトリー。」

夫:「うん・・・それは有りかも。」


と前向きになってきたので、もう一押し!

私:「ウオードローブ同士がいつも見つめ合っていたいから、横に置かれるのを嫌がったのかもよ。だから、向かい合わせに置くのがウオードローブ達の為!」

夫:「横どうしでも、横目で見られるとおもうけど。」


ありゃりゃりゃ、一歩後退・・・。

その後も、マントルピースの両横に二つ置く、という当初のアウトプットイメージがどうしても頭から消え去らないらしく、二個目のをやり直す気持ちが高まっている夫。

私は、向かい置きで良いんですけど・・・。

どなたか、画期的な解決法、思いつかれたら、是非ともアドバイスください!

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やっぱ作り直しちゃう?

おれシステム洗面の設計製図をCADでやってたけどまずやることは作る前に

「ちゃんと図面を描く」

なんで。っていっちゃぁおしめぇ~ですか(苦笑)。

幅が合わないだけなら天板、底板、ケコミ板等を少しずつ切っていったほうのがいいと思うよ。それも若干短めにね。壁と棚に隙間が空けば化粧板を入れて隠せばいいからさ。

がんばってね♪

のびー | URL | 2006/05/27 (Sat) 04:57 [編集]


今写真見て思ったけど

壁にそのまま入れ込むなら、天板底板要らんとちゃいます?側板を壁に貼付けるかして後は扉か引き戸。イギリスならそれ用のキット売ってんじゃないですか!

のびー | URL | 2006/05/27 (Sat) 05:01 [編集]


のびーさんへ

詳しいアドバイス有難うございます!

図面、確か、描いてたと思います。同じのを二回使ったんでしょうね・・・。

天板、底板は、そもそもはデザイン要素みたいですよ・・。でも、それをギリギリまで削る事も考えたみたいなんですけど、それでもまだ幅が少々オーバーの模様。

やっぱり作り直すことになるんだろうか・・・。

私としては、これはもう、そのまま使うことにして、次のアイテムに進んでほしいんですが。

りす美 | URL | 2006/05/27 (Sat) 05:55 [編集]


それはウチで引き取り、大事に使わせていただきます。
取りに行くのはちょっと、遠いかなー。

em | URL | 2006/05/27 (Sat) 09:37 [編集]


emさんへ

あの~。そういうことでは無くて・・・ですね。それから、扉、まだ付いて無いですよ。

りす美 | URL | 2006/05/27 (Sat) 17:28 [編集]


天板と底板はデザイン要素・・・
という事は。

仕切り部で切り離して、上下分けてしまうというのは・・・無理ですか?
(下のハンガー部分にも天板を付けて重ねて置く風)
扉は隣のと同じにすれば、見た目は「シンメトリー」を維持できるのではないかと。

すみません、私DIY素人です!

ゆう | URL | 2006/05/27 (Sat) 23:10 [編集]


ゆうさんへ

画期的な新機軸のアイディア!!と思ったんですが、高さが問題ならそういう解決法があったと思うのですが、問題は幅なので・・・。

そうそう、これを機に(??)、DIY道に入られては如何でしょうか?!

りす美 | URL | 2006/05/28 (Sun) 00:57 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。