イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薬草園のガイディッド・ツアーに行きました。

まだイギリスに来て間なしの頃、アダルト・エジュケイション・センターでやっていた、アロマテラピーの入門コースに通っていました。

しかし!

「ハーブについての知識が得られる。」という期待に対し、実際は、アロマテラピーのサロンをやっている人が先生で、生徒たちが交代で練習台になっての、アロマ・マッサージの実技が主体!

私   :「あのぉ、学術的なことを教えてもらえると思ってたんですが・・・。」
せんせ:「ああ、そういうことなら、プリントを自分で読んで勉強してね。」←簡単なプリントは、確かに貰っていた。

********

ずっと、なぁ~んか、引っかかっていたんです。

********

ごく最近、私が興味を持つのは、「Phytotherapy(薬草学とでも訳せば良いのかな)」という学問だ、ということが判明!

色々調べている中で、ロンドンで、毎月、薬草園のガイディッド・ツアーをやっていることを知り、申し込んでみました。

********

最初、立派な会議室のような所に通され、簡単な自己紹介(むしろ、興味の紹介)とか、ガイド役のヘンリー氏(元・精神科の医者。引退後、RHSの蘭の委員長などを熱心にやっておられるようです。)による解説が面白おかしく始まり、そして続き、、、あっという間に45分が経過!

申し込んだ時点では、「約一時間程度です。」と聞かされていたので、じゃあ、薬草園のツアーは、たったの10分少々なの???と気を揉む私でしたが、

さあ!いよいよ、ガイディッド・ツアーのスタートです!
tour start

********

以下、写真を見ながら、覚えている限りのことを、書き留めてみました。

★玄関を出たすぐのところ。まさか、そこも薬草園の一部だったとは、知らなかった!
mexican dahlia
ピンクの花、メキシカン・ダリアといって、うどん粉病にならないそうです。それを利用して、うどん粉病にならない茄子を作るとか作ったとか・・・メディシナル=薬用、と、どんな関係あるのか判らない話が最初で、ちょっと肩透かし。


★月見草。花が随分下の方についていて、え?!と思ったら、這性の品種。だけれど、普通のと「内容」は同じとのこと。
evening primrose
月見草油って、かれこれ20年以上も前に話題になって、私自身も製品化プロジェクトに絡んだ、懐かし~い想い出がありますが、結局、効用については疑わしい、とのことです。


★この葉の形、何に似ているか???
pulmonaria.jpg
肺に似ている → 肺疾患に良い筈、とされていたという、「パルモナリア」。実際は、全然、効き目無し、、だそうです。


☆おっと・・・突如、花壇の上に、ととっと駆け上がったガイド氏。一緒について登らないといけないの?と一瞬、吃驚しましたが、そうではなくて、
027_20090903160154.jpg
アカシアについての面白い事実を披露せんが為でした・・・根っからの植物好き、話し好きのようです!


★葉っぱが3つに分かれている。 → 臓器の中で、3つのlobe(日本語では「葉」と訳すらしい)があるものって、なぁ~んだ?
hepatica noblis
肝臓です。肝臓に良いはず、とされていた「ヘパティカ・ノブリス」:けれど、そんなこと、全く無いそうです・・・。

さっきのパルモナリアと言い、じゃあ、何故に、メディシナル・ガーデンに植えてあるのか、謎。。


★これ、「ロンドン・プライド」という名前だそうです。
london pride
で、どうしたの、っていう話は・・聞きそびれました。


★この植物の名前はエフェドラ。
ephedra for ephedrin
ここから抽出したものが「エフェドリン」。


★青い花が咲いているのは、チコリ。
chicoly.jpg
普通チコリって言うと、レタスとかエンダイブの親類みたいな、あれ、なので、吃驚して問いただすと、

「うん、あれとは別物。」

って仰ったんですが、

後で自分で調べてみたら、同じもので、普通、野菜をして売っているのは、芽の部分みたいです。


★これは、タバコ!
tabacco.jpg
育てるの、違法じゃないんですって。日本は違法では??私の勘違い?


★henbaneという麻酔薬の元!
henbane.jpg


★「モンクス・ぺパー」
monks pepper
フランスの修道士(モンク)がポケットに偲ばせ、俗欲を封じ込めたそうです!

私     :「効いたんですか?」
参加者A :「フランスではNOでしょ!」
全員    :爆笑
・・・・・・・・


★銀杏!高くならない種類とのことです。それなら、うちにも一本欲しいわ!
ginko.jpg


★センナ。
senna.jpg
便秘に著効あるも、使い続けると効かなくなるばかりか、逆に便秘を誘発し、そうなると便秘状態が永続する、絶対に連用してはいけないものとのことです。恐!


★高~い樹木は、「ウィンターズ・バーク」
winters bark for scarvy
壊血病治療に用いられたとのこと。


★ほおずきもあった♪
hoozuki.jpg


★フィーバーフュー。
feverfew.jpg
私    :「うちのは、こんな花じゃないですけど?」
ガイド氏:「うんうん、デイジーみたいなんでしょ?そういうのもある。」


★Catharantus roseus:ニチニチソウの一種。
catharanathus roseus
若年性白血病に効く!・・・そういえば、確か、キューガーデンでも、そう言う説明書きとともに植わっていた。


★八角
star anis
なんですって、これが!

********

今回は、これで、ツアー終了。

時計を見ると、既に四時半。

二時間弱もの間、薬草園の案内をしてもらっていました。

********

建物の中に再び誘導されたら、なんと、コーヒー&お茶各種とビスケットが用意してあったんです!感激!!!

053_20090903161243.jpg
参加者の一人とお喋りしているうちに、気付けば、ビスケットは皆無になっていた・・・・ほ、欲しかった、一枚。。

4月から9月までの第一水曜日にやっています。

つまり、私は、今年の最終回に滑り込みセーフでした。

来年は、毎月行きたい!
・・・今度からは、ビスケットも食べたいし?!

********

やっているのは、Royal College of Physiciansで、場所は、リージェンツパーク駅から歩いてすぐのところです。なお、無料です!

********

おっと!今、何気にメールチェックしたら、ヘンリー氏からメールが入って来ていた!
・・・ツアーの折、「今年は10月にもう一度あるよ。」と、言っておられたんですが、ウェブサイトには9月までしかスケジュールが出ていなかったので、どちらが本当なのか、確認のメールを出していたんです。

・10月もやる(7日の水曜日、午後二時からです):ウェブサイト修整を依頼する。
・もう、君の分は予約しておいたよ。

とのことでした。

ロンドン近辺在住の方で、興味のある方、今年は、この回が最終ですので、どしどし、どうぞ♪♪ 予約が必要ですが、電話すると、感じ良く応対してくれますよ。
*注:勝手に宣伝しているだけで、関係者ではありませんので、念のため・・。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

薬草園ツアー楽しそうですね。
私も薬草には興味大で、
信州・駒ヶ根にある養命酒工場の
薬草もいろいろある工場地敷地内の庭を
散歩させてもらっています。
(一般開放されているんですよ)
残念ながらツアーはありませんが
併設の展示室に薬草の解説が詳しくあり
(養命酒の原料が中心だけど)
はたまた、散歩中に植物の手入れをしている
社員の方に出会ったときは、
あれこれ教えていただいたり…。

そのとき仕入れた実用化情報で
クロモジ(爪楊枝によく使う)の木の
幹で作るクロモジ酒は、胃に効いたかどうかは
わかりませんが、なかなか美味しいです。

夏海 | URL | 2009/09/08 (Tue) 00:56 [編集]


夏海さんへ

そこ、私、絶対行ってみたいです!

クロモジ酒、なんだかよく判りませんが、飲んでみたい!

・・・こういう風に、何にでも興味を示してしまうのが、私の良い点であり、悪い点。。。

リス美 | URL | 2009/09/08 (Tue) 05:29 [編集]


これ全部薬草なんですか?
麻酔薬の元も植物なんですかね
チコリもほおずきも・・・ほえーーーー
すごく勉強になりますね^^楽しそう♪

↑のコメントの方、
信州に見学ができるところがあるとは!!!
信州旅行の際には是非行きたいな~要チェック☆☆☆

なべちゃん | URL | 2009/09/08 (Tue) 06:56 [編集]


なべちゃんへ

麻酔薬系、つまり、幻覚剤!沢山ありましたよ・・・。ちょっと恐かったです。

信州、お宅からだと比較的近いんでしょうか、いいなあ~、松本に一度行きましたが、良い所だった!

リス美 | URL | 2009/09/08 (Tue) 07:17 [編集]


面白そうなツアーですね。身近にそんなイベントがあるなんて羨ましいです。
チコリですが、リーフ・チコリというチコリを育てて畑にほっておいたら、今年の初夏花が咲きました。すごくきれいな青い花。
とう立ちしちゃうと、野菜としてサラダ菜みたいに育っていた状態からぐっと雰囲気が変わってしまいます。花茎が右に左ににゅるにゅると繁殖します。チコリにはエンダイブみたいに葉をそのまま食べるものと、いわゆるベルギーチコリのように軟白栽培を経て、白い小さなラグビーボールのようなものを食べるものとがあるようです(後者が有名?)。

WCR管理人 | URL | 2009/09/08 (Tue) 08:09 [編集]


チコリ

せっかく勉強されているのに、
チコリだけ薬草勉強会
痛風とか消炎、利尿効果があるようです。
このハーブ
花が1日花、で淡いブルーが綺麗です。
食べるのは花や若芽はサラダ、根を砕いて焙じてコーヒー代わりに、タンポポコーヒーよりはマイルドです。
我が家のチコリは土地が酸性になり始めたのか減っています。
カレーにはいる八角始めてみました。

自然を尋ねる人 | URL | 2009/09/08 (Tue) 20:41 [編集]


素敵なガイディッドツアーですね!しかも無料とは素晴らしい!行ってみたい!けど通訳がいるなぁ…。

私も薬草学興味あります。そこからアロマテラピーを調べたんですが、学習内容がもみもみテクニックとか「あら?なんか思ってたのと違う…」と。おんなじですね…。

このブログ、終わってしまうなんて考えただけでとっても寂しいです。いろんな話題でとても楽しませてもらってますし。。。なんとか継続していただけると嬉しいです。

きちゅー | URL | 2009/09/08 (Tue) 21:56 [編集]


たばこ

あっ、ちなみに日本ではタバコ栽培は違法じゃないですよ~。タバコ農家って数は少なくなりましたがまだまだ地方にはありますしね。(私の大学の裏にタバコ畑がありました。)タバコ栽培は免許制とも聞いたことがないので誰でも自由に育てられるんじゃないでしょうか。
でもタバコはOKで大麻はダメってのもよう分からないですけどね。。。

きちゅー | URL | 2009/09/12 (Sat) 22:05 [編集]


WCR管理人さんへ

有難うございます!おかげ様でチコリについての疑問が全て解消しました!食べるのを楽しんだ後、とう立ちさせて花も楽しめる、お得な植物なんですね、来年、育ててみたいものリストに早速入れます!

リス美 | URL | 2009/09/13 (Sun) 14:33 [編集]


自然を尋ねる人さんへ

チコリコーヒー、以前、イタリア辺りで囚人用の飲み物されていたように聞いてから、何だか悲しいイメージがあったんですが、チコリに罪は無いですよね・・・たんぽぽコーヒーですが、煮出すのがちょっと面倒、、いえ、造る手間を考えたらそんなこと言ってられません。ほっこりしたい時にピッタリなので、これから寒くなって行くと出番が増えそうです♪

リス美 | URL | 2009/09/13 (Sun) 14:38 [編集]


きちゅーさんへ

興味ありますか?次回のイギリス旅行は、このツアーとスケジュールを合わせるのも良いかもしれませんね!!薬草を用いたセラピーのこと、phytotherapyと言うんですが、このキーワードで検索すると、きちゅーさんの求めておられる情報に出会えるかも、ですよ。

たばこは、育てられる・・育ててみたい、と少し思いましたが、たばこ吸わないしね。でも、存在感ありました。

リス美 | URL | 2009/09/13 (Sun) 14:42 [編集]


ハーブって

身近なハーブも効能とかを知ると結構興味深いですね。
と言うか、使用方法を間違えるとちょっと怖かったりしますね。

上の4枚目のパルモナリア、日本ではプルモナリアという名前で日陰の庭の人気者です。
またモンクスペパーは日本ではセイヨウニンジンボクと呼ばれて数年前まで人気だったし。
う~ん、勉強になります。

kusaki | URL | 2009/09/18 (Fri) 11:08 [編集]


kusakiさんへ

お久しぶりでぇ~す!!なるほど、そうなんですね、、日陰部分のグラウンドカバーに、昔、肺に良いと思われていたあれ、採用したくなって来ました。こちらこそ、勉強になります!!!!

リス美 | URL | 2009/09/19 (Sat) 01:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。