イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Paris Day 2

ほんと、遅まきながらの・・・パリ二日目の彷徨い記です。(一日目は、ここをクリック)行ってから何日経ったことやら。

********

せっかくパリに来ているというのに、何と言うこと!

一夜明けて、目覚めたのはもう、とっくに昼を回った時刻!!!

なんて勿体無い・・・。

急いで着替えて出発、出発!

・・・初日の出発がバスティーユ近くだったことと、泊めて頂いている所がバスティーユまでバスで一本だっていうこととで、この日の彷徨いもバスティーユから。

セーヌ川を渡って、中州の島に。
018_20090912222837.jpg
橋を渡ったすぐの所・・・普通の建物かもしれないけれど、雰囲気あるぅ~。さすがパリは、違うわ。

などと旅人的感動を胸に、

小道沿いに色々面白いお店が並び、一つ一つにフラフラ入っていきながら、前に進みます。
019_20090912222836.jpg
これは、操り人形を売っているお店。

ちょうど昼休み時間(フランス、21世紀になろうが、未だに、そういう慣習、引き続き、やってるんですね・・・)で、閉まっている店も多くて、、全部には入れないくらいが、ちょうど良いかもね、、と負け惜しみながら、進んで、、

90度ほど左に曲がって、もう一つの島に行こうとしたら、
020_20090912222836.jpg
カヤックをローンチするのに丁度良さそうな、スリップ・ウエー発見!
・・・あ、でも、セーヌ川は、カヤックやったり出来ないみたいだから、、じゃあ、何の為のものなの、これ??


間もなく、まるでノートルダム寺院みたいなものが見えて来て、
021_20090912222831.jpg

へぇ~、ノートルダム寺院風な建物って、ざらにあるんだ、

なんて思いながら、


で、何なのだろう、と近づいて、正面に回ってみたら、


・・・やっぱり、ノートルダム寺院でした。。
022_20090912222831.jpg
この前、これを見たのは、21歳の時だから・・・一体、何年間のご無沙汰だったのか、計算するのが恐いほど前のこと。

川岸の、歩きにくい歩道をブラブラ歩いていたら、バトン・ムーシュ♪
023_20090912222830.jpg
(っていう名前なのを、この時、初めて知りました・・実は!)


橋に付いている顔たち。
024_20090912223108.jpg
遠くから見ると、皆一緒に見えたけれど、全部、違う顔です。作るの、時間かかっただろうなぁ・・・、と、陶芸をやり始めてから、そういう風に思えてしまいます。


で、いつの間にか、まるで「サンジェルマン・デプレみたいな感じの所」に出て来た、と思ったら、やっぱりサンジェルマン・デプレでした。。

ノートルダム寺院と言い、私って、勘が良い?違う違う、逆だ、逆!こういうの、なんて言ったっけ?と、暫く考え、

無事、

「能天気」

という表現を思い出すことが出来ました。

025_20090912223108.jpg
疲れたので、咄嗟に、このカフェに座って、値段を確かめもせず、カフェオレをオーダー。

・・・21歳の時、パリのユースホステルに泊まって、朝ご飯の時にカフェオレボールで、たっぷり飲んだことを思い出して、スイートな気持になっていたのに、・・・一杯4.5ユーロもして、吃驚!

店を出た後で、恨みがましく、証拠写真を撮っておきました。


ちょっと歩いたら、イタリアン・ジェラートの店があって、口直しに、これ。
026_20090912223107.jpg
ピスタチオのアイスと、ダークチェリーのアイスです・・・お値段も妥当だし、愛想も良かったから、ああ、あのカフェに入って損した、と、後悔しながら、舌鼓を打って、食べました。。

ジェラートの店の正面にあった花屋。
028_20090912223107.jpg
ロンドンでもありそうな気はするけれど、やっぱり、パリはお洒落度が違うわ・・・なんて思ってしまう。

********

通りがかりのプティックのウィンドウに、ピタッと来て、中に入ってみると、私好みの紫系が沢山・・・。入荷したばかり、っていう雰囲気で、品揃え良し。イギリスと違って、私のサイズもあるかな、と、最小サイズのスカートを試着してみるんだけれど、全部、ずりずり、ヒップボーン・スカートになってしまって、本当にがっかり。

でも、どうしても気に入って、ボタンの位置を変えれば何とかなるかな、と、スカートを一つ買ってしまいました。
skirt
一つのひだの中に、花模様の刺繍が覗く♪


・・・昨夜、やっと、曲がりなりにも「お直し」をして、今日、日本から到着する「スペシャル・ゲスト」をヒースローに迎えに行く時に履いて行くことにしま~す♪

********

ジェラートで元気になって、また歩いて行くと、何とかっていう建物の周りを、正面が弧を描いた建物が取り囲んでいる・・・放射線状の道路が珍しくも無いパリ、っていうことは、こういう、弧を描いた建物も、珍しくも無いんだろうか。
035_20090912223107.jpg

そうこうするうちに、

リュクサンブール公園に出てきました。
037_20090912223432.jpg
ここの花壇は、初日の植物園と違って、よく手入れされていて・・・でも、イギリスと比べて単調な気もする。

池で、ヨット(但し、ミニチュア!)を走らせてる・・・何かの競技なの?
041_20090912223431.jpg
と思ったら、池の傍に、「貸しヨット屋」があって、妙に感心。こんなの、ここ以外で、見たこと無いけど、パリでは普通のことなんだろうか。。


またまた歩いて、パンテオンに到着。上まで登って、パリの景色を眺めよう(毎日、こればかりだ!)としたら、5分遅れで、この日の受付は終わっていたので、

がっかりして、建物の前の階段に腰を下ろすと、階段には化石が一杯!
044_20090912223431.jpg

すると、突然、「閉めるから出て行けぇ~。」みたいな感じ悪さで、その辺の観光客が、一網打尽に、強硬に追い出される!
046_20090912223607.jpg
失礼な扱われ方に、もう少しは、感じ良く振る舞わないと、もう、来てあげないから!!


またまた歩き出し、ソルボンヌ大学前を通って、
047_20090912223431.jpg

メトロに乗ったら、兎がドアに手を挟まれないように、と注意をしていて、
050_20090912223431.jpg
あれ?ロンドンだと、どんな風だった??と、全く思い出せないんだけれど、ロンドンの地下鉄でも、こういうの、やってましたっけ?

エトワールでメトロから降り、

凱旋門の一番上に登る。
053_20090912223431.jpg
遠くの方に見えているのは、前日登った、グラン・ダルシュ。

ここからは、くっきりと見えたエッフェル塔。
054_20090912223743.jpg

何しろ、並木道ばかりなので、どれがシャンゼリゼなのか、判らないんだけど、確か、これの筈。
055_20090912223743.jpg

階段をぐるぐるぐるぐる登って、また、ぐるぐるぐるぐる降りるんです。
057_20090912223742.jpg

凱旋門の下には、絶えることなき炎が
058_20090912223742.jpg

********

・・・もう、いつの間にか、8時!遅く出発したけれど、これだけ歩き回ったら、ま、いいか、と、夕食を食べる段取りを考えるんですが、やっぱり胃腸は本調子じゃなくて、あっさりしたものが食べたい、、

そうだ、ベトナム料理なんてどうなの?

と探すんだけれど、

「探していない時にはゴロゴロあって、探し始めると潮が引くように無くなる」

っていう、不変の原則通り、ベトナム料理屋は、見つけられなくて、

タイ料理を食べました。


二日目、これにて、終わり♪

「パリ」って、そこに居るだけで、自分迄センス良くなったように勘違いさせてくれる・・・空気の成分が違うとか? なんでしょうか!?

********

さて、パリの思い出に浸ったところで、今日は今から、「スペシャル・ゲスト」の為に、秘伝(!?):「フィリングぎっしりアップルパイ」を作り始めるとしようかな。
pie dish
イメージ写真
・注1:パイ皿の淵にまでクラストが被っていないのは、幅の狭い方のオーブンの端に当たって擦れるから。
・注2:直径20cm強のパイ皿ですが、うちの1ポーションは、四分の一サイズだったりします・・・。
・注3:このフィリングは、エルダーベリーを混ぜたので、こぉ~んな色ですが、今日のは、りんごだけ、かな。
・注4:dekobokoミチさんへ:パイ皮は、粉+菜種油+水(+塩)で、自分で作ります。ずっしりした、ホームメード感みなぎるクラストです。
・注5:何が秘伝かというと・・案の定、大したことでは無いのですけれど、、塩水をくぐらせたりんごでフィリングを作りますが、甘味料は一切入れなくても、充分、甘く出来るっていうことです。甘過ぎない分、モリモリ食べられてしまう、というのが欠点かな。













スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わーお

りす美さんどうも御無沙汰しております
naoppiです!
ぱりぃーですね~
りす美さん21歳の頃行かれたのですねー
私も同じようにです。20歳の頃行っていました・・・
なななつかしーーー
しかし、今も大して成長していないだめぶりなのに
どう考えても身のほど知らずの小娘だったですはあ・・・
行ったと行かせていただいたということだけが
青春の1ページに刻まれたという。
もうこっぱずかしいことが山ほど押し寄せそうになりながら、憧れ目線で読ませていただきました。
ありがとうございます。
やっぱりあれです。ヨーロッパリベンジしたいです。
これからです。きっと。(遠い目)←もうなんのことやらww

naoppi | URL | 2009/09/28 (Mon) 20:48 [編集]


うわぁ~バリバリのパリ観光ですね!私もパリには23歳の時に行った頃だからもう10年以上も経ちますね。。。しっかし昼休みバッチリとるとか時間が来ると冷酷に客を追い出すとか、相変わらず変わってないですねパリ…。でも2日間しか行ってないのでシャンゼリゼ通りも凱旋門も見てないし、エッフェル塔登ってないしまたゆっくり行きたいですね。
ちなみに花壇のデザイン技術はやっぱりイギリスが世界一ですよ!!

きちゅー | URL | 2009/09/28 (Mon) 21:06 [編集]


一日目も盛りだくさんだったけど
2日目も精力的ですね~。
沢山歩き回ったんですね。
パリ、どこをとっても絵になる建物や
風景。
行ってみたいです~。

fanifani | URL | 2009/09/28 (Mon) 23:26 [編集]


ほんと?小麦粉、菜種油、水+塩だけで、パイ皮ができてしまうんですか?あのう、お手数ですが、分量教えてください。料理本を見れば書いてあるんだとおもうんですが、直接教えてもらうほうがなじみやすくって。すみませんが、よろしくお願いしま~す。
パリ、たっぷり歩いて、たっぷり写真を撮られましたね。お1人じゃ、もったいないってか、いえいえ、1人だからこそできたパリ歩きだったかも、ですね。
カフェオレボール(?)は、値段表にもそう書いてあったんでしょうか?それとも、リス美さんの顔を見てチャージされたとか?

dekobokoミチ | URL | 2009/09/29 (Tue) 03:36 [編集]


ジェラートのド迫力写真に思わず見入ってしまいました^^
すごく食べたい・・・アハハ♪おいしそー!
パリ、一度しか行ったことありませんが
外を散歩しているだけですごく気持ちよかったな~♪
ルーブルも前まで行って入らず仕舞
なんてもったいないことをしたんだろう・・・やっぱりまた行かなければ!

なべちゃん | URL | 2009/09/29 (Tue) 07:28 [編集]


おひさでございます。 パリかあ、私も大学の時、行きました。w。30年ほど前です。笑 友達がバスティーユ界隈に住んでます。彼女はパリで一番好きな地区、と言ってました。 
アップルパイは私も、りんごをたくさんいただいたときに作ります。 全粒粉、オリーブオイル、塩、で自分で生地を作って、りんごは砂糖なしでそのまま煮るか、このごろでは、生のりんごをそのまま櫛形に切って生地に並べて焼くだけ、という手抜きで作ってます。美味しいですよ。なにしろ、全粒粉だし甘味料なし、だしカロリーはかなり低いので、安心です。
私は食についていろいろ疑問があって、この情報過多の時代、いったい何をどう食べればいいの?と日々悩んでおります。いつかりす美さんにゆっくりお聞きしたいです。v-16

hiro | URL | 2009/09/29 (Tue) 21:17 [編集]


おはようございます
パリ!!
やっぱり行きたいわ~♪♪
なんか、リス美さんとパリって似合いますね~
ホント、素敵だわ!!

ゆん | URL | 2009/09/30 (Wed) 10:01 [編集]


ご無沙汰していました

大変大変ご無沙汰していました、Hanaです。

パリに行ってらしたんですね!
じつは、私もパリで遊覧船に乗ったとき、
あの橋の下についてる彫刻の顔に気がついたんですよ!
だから、りす美さんの写真を見て、「おぉぉぉv-10」と感激でした。
ヨーロッパの古い建物って、ノブに綺麗な細工がしてあったり
天井の隅に可愛い彫刻があったりするので大好きです。
ミュージアムなどに行くと、
展示物以外のところもすごく気になっちゃって
キョロキョロ「・_・ )(「・_・)"しまくりの私です。

(私のブログも細々と再開しましたので
また遊びに来て下さい。
5月にりす美さんから頂いたコメントに
ようやくお返事書きました・・・
<(_ _*)> 遅れてスミマセン。アリガトォ)


Hana | URL | 2009/10/06 (Tue) 09:45 [編集]


naoppiさんへ

ヨーロッパリベンジ・・って、きっと、ヨーロッパ再訪時は、もっと大人の楽しみ方をしよう、っていう意味なんですね?!是非どうぞどうぞ!!

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:29 [編集]


きちゅーさんへ

花壇のデザインが世界一、ですか・・・世界一のものが一つでもあってホッとしました!気遣いして無いように見えて、ちゃんと形になっている、っていう感じ、そういう「いい加減」部分が、逆に魅力、っていうのが、良いのかも?!

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:31 [編集]


fanifaniさんへ

どこもが絵になっているのか、そういう風に先入観で見てしまうのか、どちらなのか、未だに判らないんですが、やっぱり、きっと、両方の相乗効果なんではないんでしょうか・・・また行きたいです♪

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:33 [編集]


dekobokoミチさんへ

パイ皮は、その時の気分で、あのレシピ、このレシピ、と使い分けている、っていうか、適当にやっている、っていうのが正直な所なんですよv-15
カフェオレは、座ってすぐ、何も見ずに注文したんです・・・それが、いけなかったんでしょうね。。

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:35 [編集]


なべちゃんへ

ルーブルは、広過ぎて、かえって困りますよね、、一度行った時は、まっしぐらにモナリザを目指しましたが、人の山で大変だったことしか覚えていない私って・・まさしく豚に真珠!

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:36 [編集]


hiroさんへ

hiroさんのアップルパイと、私のと、同じような味かもしれませんね・・・何だか嬉しい♪

食に関する情報過多で振り回される、っていうのは大有りです!!ピンと来たものを試行錯誤して、自分の気持と体の両方が納得する方法を自分なりにカスタムメイドしていく、っていうことなのかな、と思い始めています。

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:39 [編集]


ゆんさんへ

え?!パリと似合う?!?!?初めて聞きました(笑)。う、う、うれしいです!

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:40 [編集]


Hanaさんへ

同じ彫刻を見ていたんでしょうか・・嬉しいです♪

ブログ、落ち着いたら、遊びに行きますので、待っててください♪♪

リス美 | URL | 2009/10/18 (Sun) 05:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。