イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バリは安らぎの島♪

115_20091128024112.jpg

25日(水)に、バリ&日本から、イギリスの自宅に戻って来ました。

今回は、いつになく、日常生活に戻るのに手間取っています。やらないといけないことは、沢山ある、それが判っているのに、何から手をつけるべきか、っていうのを考えることが、そもそも大儀で、我ながら呆れるくらい、タランタラン、ぼやぼやしています。

時差ぼけが長引いているのか???
ま、年だから、っていうこと?


っていうのではなくて、バリでのくつろぎモードが、なかなかリセット出来ない、っていうことに、しています。

********

バリは、夫は初めてですが、私は二回目。といっても、前回は17年も前のことですが・・・その時も、すっごく好印象を持ちました。

身構えずに、ゆったり出来るのが、何より嬉しい。

そういうバリの魅力の一番は、バリ人。

穏やかなニコニコ笑顔。
淡々と、粛々と、マイペースで物事を進めて行く。
ゴリゴリ、むんむん、せかせか、ガメツさっていう「疲れ要素」が皆無!

101_20091128024112.jpg

ヴェトナムの、いつも追い立てられているような喧噪に辟易した、前ホリデーと、ついつい比べてしまったんですが、、、ヴェトナムには申し訳無いんですが、天と地程の違いでした。

092_20091128024112.jpg

参道にズラリ並ぶ土産物店なんかでは、やっぱり価格交渉が必要なんですが、そして、そういうのは、やっぱり勘弁勘弁、っていう感じではあるんですが、トーンが低いっていうか、割とあっさりしていて、へとへとには、ならなかった。品物に手を伸ばすや、店の人達に囲まれて、ぐいぐい買わされそうになる、っていう局面は、無く、ホッ。。

ま、例外は幾つかはありましたが、大勢は、真面目に真摯に、そして、穏やかに、取り組んでます、っていう雰囲気が漂っていて、体を固くして身構える必要は無いのが、それはもう、ラクチン。

091_20091128024113.jpg

********

そういうバリ人の、快適な立ち居振る舞いは、宗教の影響が大きいとしか、思えません。頻繁なセレモニーや、毎日のお供えの中、「自分が自分が」っていうゴリ押しの隙が無いような。裏返せば、向上心に欠ける、っていうことなのかもしれないけれど、とにかく、旅人として訪れる限りにおいては、安心して身を任せられるのが、心底、嬉しい。

021_20091128024113.jpg
↑砂浜で、夕方のお供えをしている女性。

↓朝のお供え物は、ギラギラ太陽の下、すぐ、クシュン、となってしまうのだけれど。
102.jpg

********

ところで、前回、確かに目撃し、しかし、日本に戻って誰に言っても、本気にされなかったこと、「バリのニワトリは、空を飛ぶ。」を、今回、是非、検証せん、としたんですが、「飛ばないよ。」って返されて・・・いや、17年前、確かに見た、空飛ぶニワトリは、あれは、一体全体、何だったんでしょ。

********

そうそう、イギリス人は、殆ど居ない:イギリス人に馴染みなホリデー地では無いみたいです。季節柄なのか、日本人も、そんなに見かけない。私達の泊まったホテルでは、フランス人やドイツ人、ノルウエー人が多かった。で、バリ人とは対照的に、それらのヨーロッパの人たちの表情が固くて、すれ違い時に微笑みかけようとしても、はぐらかされてしまって、白ける・・・そんな気がしたんですが、たまたま???

********

数年後に、また、是非、行きたいな、と思って、帰って来ました。

********

一枚目から四枚目までの写真ですが、ボウルに水を張って、そこに花を思い思いのデザインで浮かべる、っていうの、ホテルや店の玄関やら、通路やらで、沢山見かけました。これらもお供えなのか、或いは、デコレーションなのか、聞きそびれてしまって、帰ってから調べるんですが、検索キーワードがまずいのか、思うような情報に行き当たれないんです。これらの意義をご存知の方、教えて頂ければ嬉しいです。

********

すっかり、暗くて寒い冬、しかも、悪天候!そんな中、戻って来てからも、「バリ、ラブ♡」の余韻に、いつまでも浸っています。一粒で、二度おいしい?? 

う~ん、バリ島は、そういう意味からも、お値打ち!!

















スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おかえりなさい

おはようございます、お帰りなさい!
ちなみにニワトリの先祖がヤケイという鳥でそれは飛べるのですが、
東南アジアにいるということですが今調べてもバリにいるかどうかは
ちょっと分かりませんでした・・・

guitarbird | URL | 2009/11/30 (Mon) 05:29 [編集]


りす美さんお帰りなさい♪
楽しかったみたいで何より^^
バリは行ったことないんですが
話を聞いていてすごーーーく行きたくなりました
一時危ない(治安が)と言われていましたがどうでしたか?

飛ぶにわとり、見てみたい!
笑ってしまったんですが↑のコメントで
先祖は飛ぶとか!?いやー興味津々です^^

なべちゃん | URL | 2009/11/30 (Mon) 07:01 [編集]


お久しぶりです

お帰りなさい。そして
いいですね~バリかあ。
私も、バリは15年前くらいですかねえ。行ったことがあります。
すごく素敵だったと想うのだけれど、
洗練されたホテルに気後れするぐらいの娘っ子だったですあはは情けない…

そうですね。
ありますね。
お花!
私も気になって、あとで何か旅の本だったかで
読んだことがあるんです。

確か、女性が神様が住みついているとされている場所にお供えするというものだったのではないかなあと。
ただ、水に張ったボウルに花を飾るのは
シンガポールのリトルインディアでも見かけられていて
もしかしたら
ヒンズー教での飾りなのかなあとか…
今ふと想ったり。
あまり、確かなことを言えずに申し訳ないのですが。

精霊がそこかしこに住んでいて
見守ってくれているからという
考え方が素敵だなあと想って心に残っていたのでした。
またどこかでわかったらご報告に来ますね
私も知りたい!

ああ。
旅に出たい。
(ぼそっ)

naoppi | URL | 2009/11/30 (Mon) 09:16 [編集]


綺麗!!

りす美さん♪
おかえりなさい!!

バリ、友達がハネムーンで行ってましたけども、
やっぱりよさそうですねぇ。
文章からもくつろぎモードがまだまだ伝わってきます♡

お花の写真もとても綺麗です。
それに、この雰囲気の中ならばニワトリが飛ぶ!!ということもありそうに思えてきます。
私のいつかは行ってみたい国!!が一つ増えました(*^_^*)

くるみ♪ | URL | 2009/11/30 (Mon) 17:38 [編集]


りす美さん、おかえりなさい!
不思議の国が更新されないのでさみしかったですよー

バリは癒しのリゾートとして日本のOlさんに人気ですね。わたしは残念ながら行ったことないですが。

リサイクルがすごく遅れていて観光客は押し寄せるのにゴミ処理問題が・・・みたいなハナシを読んで、その後行きたい気持ちも薄れてそのまんまでしたが、やっぱり今でも癒しの国なんですね
ボウルに浮かべたお花がステキ
どんな意味があるのか私も知りたいですー

ろくろく | URL | 2009/12/01 (Tue) 03:47 [編集]


guitarbirdさんへ

あ、じゃあ、それだ、それに違いありません、だって、本当に、電柱の上の方をバタバタ飛んでいたんです!

リス美 | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:31 [編集]


なべちゃんへ

去年の今頃のことでしょ?実は、去年、行こうと考えていた、ちょうどその時、爆破犯の処刑が決まり、それをきっかけに、また事件が起きるのでは、と、イギリス政府が「渡航禁止令」を出したので、取り止めたんです。結局、何も起きなかったんですけれど。今は、概ね、平穏なようですよ。

リス美 | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:34 [編集]


naoppiさんへ

判ったら、是非おしえてください!!

旅は、タイミングが大切ですよね。行きたいな、って言う時に、行ければ最高。私の場合、この頃特に、季節が逆の所(こちらが冬に、夏の場所)に行くのが、しんどくなって来ていて、ホリデー・パターンを変えたいな、と思ったりするんですが。。

リス美 | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:37 [編集]


くるみさんへ

くるみさんご夫妻なら、絶対、気に入られる筈!あまり観光地化されていない所だと、更にゆっくりするみたいですよ。

リス美 | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:39 [編集]


ろくろくさんへ

あ、、、、実は、何度か読み逃げさせてもらってるんです。すみません。パンの技、すごい!パン教室、開いて欲しいです。

日本野菜、私も欲しいけれど、ピックアップポイント迄出かけないといけない、っていうのがネックです・・・。

リス美 | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:40 [編集]


遅くなりましたが、おかえりなさい。
お会いできてよかったです。

バリってそんなにいいんですね。
以前、うちの旦那がインドネシアに単身赴任していたんですよ。
そこから帰ってくる時にバリかシンガポール、どちらかに行こうって言われて、シンガポールを選んじゃったんですけど、バリにすればよかったかな?

なつ | URL | 2009/12/01 (Tue) 07:57 [編集]


おはようございますー。
また、ブログ訪問させていただきました♪
バリ楽しまれたようですねー。

私はバリにまだ行ったことが
ありませんが、
とてもいきたくなりました♪
イギリスの方はバリには
あまり、いかれないんですね。
知りませんでした。

また、旦那様と
バリ、楽しめるといいですね♪

三十路オンナ | URL | 2009/12/02 (Wed) 08:28 [編集]


おかえりなさい!!

やっぱり、南国はいいですよねぇ・・・・。
住むなら、南国ですねぇ!!

空飛ぶニワトリ!!
うんうん!!
日本にもいましたよ!!
小学校の時に、飼育小屋のニワトリが飛び上がって、高い止まり木に止まってました。
やっぱり「ニワトリは飛ぶ!!」と私は思います。

洪水だじょぶですか??
ニュースでやってました。

ひろ | URL | 2009/12/02 (Wed) 17:59 [編集]


保存

>リンゴ園のご主人が言うには、霜に当てたリンゴは日持ちがわるいそうです。聞いたところでは、ビニール袋にいれるといいみたいですねぇ・・・。今回のリンゴは、暖房を入れない部屋に置いておきます。霜に当たる前に収穫したリンゴだから、しばらくはもつと思います。

ひろ | URL | 2009/12/02 (Wed) 18:49 [編集]


なつさんへ

清潔な都会のシンガポールも、魅力的ではありましょうが、、、どちらを採るか、っていうと、私はやっぱり、断然バリです!!一度、是非どうぞ♪

リス美 | URL | 2009/12/02 (Wed) 19:24 [編集]


三十路オンナさんへ

イギリス人の典型的ホリデー先は、バルバドスではないか、と思うんです。一杯居ますよ!!

リス美 | URL | 2009/12/02 (Wed) 19:25 [編集]


ひろさんへ

追加書き込みも、有難う♪

ひろさんは、絶対、バリの虜になるタイプではないか、と、私は思いますよ。

りんごですが、霜前収穫のを、涼しい所に置いておいても、一週間もすると、柔らかくなっていて、だから、一週間分ずつくらいしか、買わないんです。ビニール袋に入れておけば良いのか・・・やってみます。

リス美 | URL | 2009/12/02 (Wed) 19:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。