イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DIY三本立て(?)

年末を迎えるに当たって、大掃除ならぬ、「DIY」熱が迸る(ほとばしる)昨今です!?

1.私がやっつけた“DIY(??)”!

リビングルームと、私の部屋にしている増築部とのつなぎ部分は、ちょうどユーティリティ・ルームに面していることもあって、キャスター付きの洋服掛けを「とりあえず」そこに置いて、、、そして、越して来てから二年余り、「ずっと」、洗濯干しに使っていたんです。

本当は、天井に付け外し出来る器具を付けて、そこから垂らした二本の棒に竿を渡して(←実家の廊下にあるんです。ブランド名、度忘れを通り越して、全く思い出せない。。)、っていうのをやりたかったんだけれど、夫がその案乗り気じゃない(←そういう「工事」は、彼の業務範囲)ので、いつまで経っても、果たせない!

最近のある時、

そうだ、廊下の長い方の辺は長過ぎて無理だけど、短い方の辺なら、悟空棒を渡せるじゃないの、それなら自分でできる

と、苦節(?)二年を経てやっと気付き、

すわ

と、近くの荒物店に走って、棒を求め、そして、平行&垂直ということに、少しは気遣い、

あっという間に完成!
008_20091211082529.jpg

こんなのをDIYなどと偉そうに言えるかどうかは、大いに疑問ですが。

そうそう、それから、洗濯物は、イギリスに来たばかりの頃、前の家では、天気の良い日は外干し、雨の日はコンサーバトリーに干していたんですが、今はもう、室内干し専門家です。(この件、2.↓に続く。)
・・・理由は、鳥の糞が恐いから。
001_20091216224741.jpg
↑ 一二回しか使ったことの無い、物干竿・・・。

2.強行に主張した人=私。(実施者=夫ですが。)

一番上の写真、右側に見える戸の中が、「ユーティリティー・ルーム」。洗濯機は、イギリスの家の多くが、キッチン内、ディッシュ・ウオッシャー横に置いているんですが、この家は、この部屋の中です。

本来なら、乾燥機も隣に置きたいけれど、隙間の幅が若干足りず、乾燥機は、ガレージに居ます。
・・・結婚直後に、乾燥機を持っていない夫に
「なんてこと!衣類乾燥機は、こんな鬱陶しい天気続きのイギリスで、無しでなんて、生きていけない!!」
と激しく談判して、購入。しかし、使ってみると、日本の乾燥機みたいに、ほかほかになって出て来ず、中途半端に冷えて、だから、なぁ~んか、カラッと気持ちよく乾いている気がしなくて、一年に二三回しか使っていないんです!
キャスター付き洋服掛けでの室内干し(今後は、悟空棒↑)の後、あと一息の乾燥完成が必要な場合は、

・エアリング・カバード(お湯のタンクの上に板を渡して、そこに置いて乾かす)に入れる。
043_20091216224930.jpg

・ラジエーターを利用する。
041_20091216224740.jpg
このように 

ということにしています。

さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ、DIYその2、です!

で、乾燥機を置くには幅が足りない隙間、以前の住人は、冷凍庫を置いていたけれど、我が家では、冷凍冷蔵庫その2(その1はキッチンに)を、やはり、ガレージに置いているんです。

ここに、棚を作りたい、と、これもまた、ずぅ~~~っと思っていたんです。が、夫の腰は、なかなか上がらず。

もう我慢できない、よし!それなら、この私が、いっちょ、作って進ぜよう!

と、チラッと思ってみたものの、ずぶの素人の私では、時間が膨大∞にかかるだろうし、そういう時間は、今の私には厳禁(∵宿題、宿題。。)、、、。

IKEAのオンライン・カタログで「shelf」の所を見ていると、ちょうどここに、すっぽり入りそうなものを発見!

横60cm、深さ40cm、高さが2m弱。

隙間を測ってみると、幅は80cm以上、つまり、余裕を持って、入る。

で、日曜の朝、早めに、一っ走り、買いに行くことに。

ところが、出かける直前に、

「組み立てた後、本当に、入るよな。」

と心配する夫が、段ボールを切って、60cm×40cmのボードを作り、シミュレートしてみたところ・・・

右に出ている「梁」が邪魔して、あと少しの所で、入らないことが判明。


・・・ああもう、それはそれは、トコトン、がっかりしました。


これで、やっと、この空間がすっきりする、積年の願いがやっと叶う、と大喜びだったので。


・・・肩の力を落としながらも、気を取り直して、今一度、オンライン・カタログで探してみると、今度は幅40cm、深さ60cm、高さ180cm程度、っていうのを発見。

これなら、全く問題無い、ということで、結局、同日、IKEAへGO。

時間を無駄にしてしまったので、早いとこ済まそう、と、、到着するや、入り口からじゃなくて、出口から入って、必要なパーツ類のみをパパパッと収拾し、そして帰途についたのでした。

実は、その後、エラいことだったんです。車のルーフラックに積んで持ち帰ったんですが、激しい雨が降って、段ボールが濡れそぼったことが原因だったんでしょう、走っている途中で、車前方に、じゅるじゅるっズボッ!て、落ちたんです!冗談抜きに、罷り間違えば、命の危険に及んだ、とんでもない経緯があったんです。。。

持ち帰って組み立てて、隙間に入れる。
009_20091211082529.jpg
背が高すぎて、写真一枚に入らない・・・上方、下方
010_20091211082528.jpg

棚の左側の隙間は、アイロンボードを入れるのに都合の良い空間。

満足満足

・・・でもこれも、DIYなんて、言えるほどのことも、無いかな・・・。なんちゃってDIY未満ですね。


3.夫が現在、渾身の、真剣DIY。

これこそは、本格的DIYです。

うちの裏庭、向って右隣との間、何本もシュラブ(小木)があって、家を買った時は、超こんもり茂り放題のそれらが、目隠し役をしていたんです。

我々の計画ですが、これらシュラブを一本ずつ、果樹に換えて行こう、と思っております。

その前に、まずは、刈り込みました。

すると、お互いに、見え見え三昧。

それで構わない、と言えば構わないんだけれど、

「もっとプライベートな空間にしたい。」

という希望を、しきりに持ち出す夫。

実は、右隣の塀は、いわばお隣さんの「管轄」なのですが、右隣さんが塀を作ろう、という動きは無い。うちで作っても良いか?と打診したところ、良いよ、とのこと。

・・・で、半年以上にわたって、「塀を作る。」「塀を作る。」と呪文を唱え、

「どれくらいの高さが良い?」
「どんなデザインのが良い?」

と、試行錯誤しながら、塀作りに情熱を持ち続けている様子の夫でした。

そして、いよいよ。この年末をもって、VAT(消費税)が元のレベルにアップする(過去17.5%→今15%→来年からまた17.5%)ことが引き金となって、先日、関係部材の調達を済ませました。

ずらっと、コンクリート柱を芝生に並べて、計画中。
012 - Copy

この、現在、金網しか無い所に、塀を作ります。
014 - Copy

当プロジェクト、着工はしましたが、
042_20091216224740.jpg

完成には、まだ暫くかかるだろうな。

折からの寒波で、こんなことになってたりするし。
062_20091216224739.jpg


それに、すさまじい力仕事ですよ、、。

********

以上、我が家の昨今のDIY実績でした。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。