イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特製椅子と特製飛び石と特製マルチ等の材料が出来た、或る日の一部始終。

家の前に、昔っからあったというヒノキ系統の木(葉の形から想定)がある。
伐採前


1.私は杉・ヒノキ花粉症患者。多分、この木がここにあるのも、イギリスに来てまで花粉症が発症した理由と確信。

2.一方では、この木の枝が、強い風が吹くと、まるで鏡獅子の舞みたいに激しくブーラブラして隣家にも侵入しに行くので嫌がられている。

3.更にまた一方では、家の前の土部分、ほんの二畳分の小さいスペースだけれど、風水的にも大切な筈だし、それなりに良い感じにしたいけれど、この木に遮られている。


・・・そんなこんなで、とうとう、この木を伐採する事になりました。

生きているものを伐採する事への罪悪感については、材木を色々な目的で活用することで埋め合わせよう、と自分達を納得させながら。


*************



チェーンソーと伐採用の衣装をレンタル・ショップで借りて来て、はしごを立てかけ、最初に伐採する枝にロープ(*)を巻きつけて、
これからいよいよ


さあ、これから始めます!
(*)そのロープの先は、必然的に伐採助手の役割が回ってきた私の手の中に。合図とともにそれを引っ張ることになっています。


~~~実はこの間、チェーン・ソーが作動しなかったり、プロテクション用の帽子が何度も落ちたり、等々という幾多のドラマがありましたが、


長くなるので




<中略>




一時間程度が過ぎた頃、伐採、概ね完了・・・。
伐採済。



その後は


近い内に取り付ける予定のゲート(=未だ無い!)の土台にすべく、切り株を真っ直ぐに切り直した後、
切り株切る


良い匂いのする切り屑をマルチ材に転用し、家の前の土部分に敷き詰めました。

すると、猫とか犬が大層気に入りそうなフカフカのベッドになってしまい・・・

・・このままでは糞をされる危険性が最高に高い、と、先ほど取り置いた小枝を突き刺し、更に、ヒイラギのトゲトゲ葉を配置。
猫避け1

猫避け2


庭の「飛び石」(石じゃなので、「飛び木」と呼ぶ??)に利用する為、幹から数枚の円盤を切り出す。
飛び石化



*************


一段落した後、追々何かに使えそうな幹や枝を取り置いて、あとは全部、車にぎゅうっぎゅうに詰め込み、一路、ゴミ捨て場へ。
ゴミ捨て場へ


私達が行くのはゴミ捨て場の中の「庭ごみ」用の穴。
庭ゴミ
休みの日は庭仕事をするお父さんが沢山いるみたいです。

- 他にも電池、金属類、ビン缶類、等々、日本と同様の分類だったり、

- かと思うと、日本では見た記憶が無い分類もあります。

例えば、このどデカイ入れ物(スキップと言います)は、「電話帳」専用。
電話帳用スキップ


*************


偶然こんな形になった切り株。取り合えず庭の一番はしっこに置きましたが、近い将来、切りそろえたり磨いたりして、「腰掛」に生まれ変わる予定!
椅子になる株


他の幹や枝も、そのうち色々なものに生まれ変わっていく筈です。

※それから、DIY関係の内容なので、この機に:ご心配をおかけしました「横幅が大きすぎたウオードローブ」。結局、やっと夫も激しい落ち込みから何とか立ち直り、そして結局、一から作り直すことになりました(夫)。ブログで相談した事は、内緒ですが・・・。アドバイスくださった方々、本当に有難うございました。今度は何とか成功しそうです!

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ヒノキは大変ですねえ

私、今の家に引っ越してきたときに、のばし放題の台杉5本(高さ約10m)を手のこぎりで切ったときのことを思い出しました。季節が夏だったこともあり、滝のような汗でした。暑すぎてめまいも。
「飛び木」にするのよいですね。今度機会があったら試してみたいと思います。
我が家はすべて植木鉢の下の台にしました。シーソーもつくろうと思ったのですが、道具的に無理でした。

ish | URL | 2006/06/02 (Fri) 19:36 [編集]


木が切れて

よかったですね。カウンシルによってはじぶんのところの庭なのに勝手に切ってはいけないっていうのがあるんですよぉ。

leira-london | URL | 2006/06/02 (Fri) 20:07 [編集]


ishさんへ

ishさんも色々何でもやっておられるんですねえ・・・。

「飛び木」は

※だいすぎって、そういう字だったんですね。今から20年くらい前の流行じゃなかったですか?実は前の家にも3本あって、おまけに松のでっかいのまでどっかりあって、他は建物も含めておおむね洋風なのに何だかそぐわなくて。結局あれらも切ってしまったのを思い出しました。。

りす美 | URL | 2006/06/02 (Fri) 20:58 [編集]


leira-londonさんへ

お~!!!多分、うちの夫のことだからその辺はチェック済みだと思うんですが、今一度チェックしてみます、、、後の祭りですけども。

りす美 | URL | 2006/06/02 (Fri) 21:00 [編集]


りす美さんからの宿題(写真の件)がまだできていないのでこの頃こちらに書き込むのが何か気まずい私です。

ゴミ捨て場の三人のおとうさんの後頭部をじっと見つめてしまいました。 皆さん苦労されてるんですね。

kusaki | URL | 2006/06/03 (Sat) 06:17 [編集]


kusakiさんへ

うまいこと表現されますね!! あそこに注目されますか、ふふ。そう言う風に婉曲的に言えば良いんですね・・・はい、気苦労が絶えないんだと思います。。

花の名前の件、どうぞお気になさらず! 

りす美 | URL | 2006/06/03 (Sat) 14:05 [編集]


DIYも、日本とはスケールが違いますね。
ゴミ捨て場もしかり、です。

イギリスのパパさんたちは、「働き者」で気苦労が多いという事なんでしょうか・・・。
りす美さんのだんな様、立ち直られたようで、良かったですね!

ゆう | URL | 2006/06/04 (Sun) 23:46 [編集]


お疲れ様でした!

ここまで立派な木を切るのは大変だったでしょうねー。
大きい中略の文字の中のドラマを想像してしまいました・・・・
これで花粉症から解放されるといいですねっ☆

くるみ | URL | 2006/06/05 (Mon) 19:01 [編集]


ゆうさんへ

イギリスのパパさんは、家庭でも働き者です。DIYは必須科目!

りす美 | URL | 2006/06/09 (Fri) 07:21 [編集]


くるみさんへ

この日以来、どういうわけか、うちの夫が朝からしきりにくしゃみ連発・・・ひのきの花粉を吸いすぎて花粉症になったのかも、と、ちょっと心配しているところなんです・・・。

りす美 | URL | 2006/06/09 (Fri) 07:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。