イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「三世代で楽しむイギリス入門旅」の練習問題

今回の母と娘の来英に当っては、75歳の母と24歳直前の娘の双方が世代を超えて無理なく楽しめる旅程、というのを意識しました。

私の世代がコーディネーターとなっての「三世代でのイギリスの旅」、というの、結構あり得る事では?と思ったので、結果の概要を紹介します。

イギリスに来られる際の参考になる点があれば良いのですが・・・。

※但し、晴れ女が三人のトリプルパンチなのか?と思うほど、今回、天気は例を見ない快晴続き。

これは、二人が来る数日前の夕暮れ前の様子が綺麗だったので「二人が来る時も良い天気だと良いね。」と言って、何だかのどかに撮った写真:
前日の空

前日の空その2

・・・蓋を開けてみると、

おぉ!おぉ!おぉ!

イギリスは

一体

どうなってしまったの?!?


とびっくりする程の超好天に終始一貫恵まれた為に出来た、「晴れプラン」です。雨天の場合は、博物館やミュージカル鑑賞等を多用の「雨プラン」に転換した筈でした。



◆まず、大きなポイントの一つは、

「拠点を(ロンドン中心部ではなく、)ロンドン南西部の郊外に置いた。」

ということ。


・・・私達の住居がロンドン南西部の郊外、という必然性ゆえなのすが、
・このブログ頻出のリッチモンド・パークを始めとする豊かな緑、
・キュー・ガーデンやウィズリー・ガーデンのような各種の著名庭、
・(そして忘れちゃならない・・・)テムズ川沿いのパブ、

などに気軽に出会えるので、遠出せずとも日頃の喧騒からのリフレッシュが可能・・・特に都会在住&ストレスからの解放を志向する方にはお薦め!!


◆次に、

「小カントリー系戸外を軸にした。」

・・・宿泊を伴うほどの遠出は控えて、あくまで日帰りで行ける所(勝手に「小カントリー」と命名。)ばかりにし、煩雑さを避けました。

又、ラッシュアワーを避けて早めに帰って余裕を持たせ、午後9時過ぎ迄明るい夕方は、上述のパブだとか、公園だとか、或いは庭でバーベキューなどをして、この、類まれなる晴天続きを疲れすぎずに戸外でたっぷり楽しむことに注力したつもりです。

<主な内容は以下のようなもの。>
・ロンドン市内観光は乗り降り自由のオープン・トップのダブルデッカー観光バスで。

・オックスフォード探訪。

・ストーン・ヘンジ~エイヴベリー(巨石モニュメント等)。
エイヴベリー

・リッチモンド:リッチモンド・ヒル、リッチモンド・パーク内を色々。

・ハンプトン・コート:帰りはテムズ川をボートで。
テムズを船で帰る

・キュー・ガーデン。

・テムズ川でカヤック。
カヤック
娘が初体験。母は、今回はパス:多分、次回??

・母:ルースリー・パーク ・ 娘はこの日、ブリティッシュ・ミュージアムへ。
ガーデン

・ギルフォード:ウィンドー・ショッピングと運河沿いの散歩等。


◆食事は、

「当家風無手勝流・無国籍料理」(*)

(*)ご飯・豆腐・味噌汁なども活用しながら、バターナッツ・スクオッシュ、大マッシュルーム、パースニップといった日本では珍しいけれど食べやすい食材を取り混ぜた流儀を指す!

<これは一例:赤いル・クルーゼの中は、この日のメイン料理、当家名物!ラムの赤ワイン煮>
食事


を中心とした上で、

外食は

イギリスでは欠かせない(!)インドカリー(何と、母は初めて。何だか大変気に入ったみたいでした。)、タイ料理。

※私自身、イギリスで日本料理店に行ったのは、数年前の出張時に一回と、つい先日、大学の同窓会ロンドン支部の集いで一回だけ。イギリスでは「イギリスならではの健康で(出来るだけ)おいしい食生活」でやって行きたいと思っているのです・・・。


~~~母は、想像を遥かに上回る適応力と積極性を発揮し、初イギリスで「イギリスって良いなあ。」と思ってくれたみたいで、まずは穏やかで気持ちの良いホリデーが実現出来たようです。~~~

明日から二三日は、行った所をもう少し詳しく紹介してみようと思っています。もし、「ここに興味がある。」というのがあれば、コメントやメールでリクエストをください!!出来るだけ反映するよう心がけますので。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ガイドとシェフ、フル回転ですね。

お疲れ様でした、と言うべきでしょうか。
とても楽しそうな女三世代そろい踏みという感じがしました。
今度は、ご両親そろって渡英できればいいですね。

ish | URL | 2006/06/13 (Tue) 19:34 [編集]


ishさんへ

有難うございます:実際には夫がフル回転で活躍して、私は助手レベルでした・・・。

りす美 | URL | 2006/06/13 (Tue) 19:39 [編集]


お疲れ様でした。
キューガーデンに興味あります。
以前行った時には広くて全部をくまなく見ることができなかったので。 温室の中にも入らなかったし。
グラスのコーナーが良かったなー。

kusaki | URL | 2006/06/13 (Tue) 21:31 [編集]


kusakiさんへ

キューガーデンは入場料が確か12ポンドとちょっと≒2500円v-12
・・・それでもご興味あります、ね?!?

りす美 | URL | 2006/06/13 (Tue) 22:30 [編集]


のんびり...

お互い、同世代の三世代!
とてものどかな雰囲気が漂いますね~

お母様も、お嬢様も、リス美さんも
女性としての生き方を異なった世代で
見つめ合ったのでは...
素敵な瞬間だったと思います。
リス美さんの次世代に送るメッセージは、
お嬢様がしっかり受け継がれますよ~!

皆さんにいつかお会いしたいですね!
いつまでも、お幸せに!

hitomi | URL | 2006/06/14 (Wed) 00:54 [編集]


キューガーデンの入場料って

そんなに高かったんだぁ。
知らなかった。 
旅行中はお金の感覚が麻痺してしまうのかなぁ。
キューガーデン? 行くしかないでしょう。
コッツウォルズ? もちろん。
ハンプトンコート? はずせない。
ってな感じでしたからね~。

kusaki | URL | 2006/06/14 (Wed) 05:58 [編集]


hitomiさんへ

hitomiさんは、もうすぐ四世代旅も可能ですねv-237

四世代でイギリスにどうぞ!!!

りす美 | URL | 2006/06/14 (Wed) 17:45 [編集]


kusakiさんへ

「元を取るためのキューガーデン探訪のコツ」みたいなのをブログでトライすれば良いんですねv-218

りす美 | URL | 2006/06/14 (Wed) 17:47 [編集]


UKIさんへ

B道路とか、ヘッジが高くて見通しが悪いので、自分で運転するとなると怖いかもしれないんですが、人に運転してもらう分には極めて気分良し、です!!

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 17:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。