イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミックス薔薇ポプリ、差し上げます?

昔から私は親ばか・・・。

娘が生まれた時、「何て美しい赤ちゃんだろう。世界一だ。」と胸が熱くなり、
他の人からは「体操風」と言われても「うちの子の動きが一番キビキビしている」と感嘆し(←バレエです。バレエはキビキビしているのが必ずしも良いとは限らなくとも・・・)、
作文を読んでは、「何て文才があるんだろう。」と腕組みして深く頷き・・・

更に、

どの柴犬を見ても
「ふふふ・・・健ちゃん(実家にて棲息)が一番ハンサムで脚長!」とほくそ笑み、

そして、

自分が産んだわけでも育てたわけでも無い、この家の植物にまで、親ばか精神を発揮している昨今。

最近の注目の一つは薔薇です。

何年も前に植えたという、名前も記憶されていない、そして植えっぱなしに近い状態で過ごして来た薔薇がこの家の庭に10本ほどあります。来年ワンサカ綺麗に咲かせるべく研究しようと思いはすれど、まだしていない・・・でも、どんどん咲いてきていて、花柄摘み(こちらではdead-headingと言います:マリー・アントワネットの処刑を思い浮かべてしまうような言い方がちょっと・・・)に精出すこの頃なのです。

これが、うちの薔薇達です。

真っ赤
赤

クリーム
クリーム

濃いピンク
濃いピンク

黄色
黄色

黄色とピンクのハイブリッド?
黄&ピンク


これは、薔薇の一種なんでしょうか???香り極めて良し。
これは?

全体像、ちょっと見難いアングルなんですが、こんな感じ。
全体像
左の方のつるは、別の物です。
(植物ではなく、むしろ私の全体像になってしまっていることに、写真を載せてから気付いている今・・・)

これは
ポピー
薔薇ではなくポピー、ということは私でも知っています!

開花した後、こんな風になっているのがあって、
咲いた後のポピー
何だか感心したので、薔薇と違うのに載せたくなりました・・・。


それはそうと、イギリスって薔薇がごく普通に咲き誇っている国なんですね・・・気候風土がぴったり&手入れも適切なんだろうなぁ、と有名ガーデンのは勿論、通りすがりの家の庭を見てうっとりして、うちの薔薇も何とかベストな状態に持ち込みたい、と密かに願っています。淡いピンクのも加えたいし・・・。


元に戻って「親ばか」気質の件・・・手入れも満足にされていないのに、こんなに次々咲いてきて、何てけなげな薔薇達・・・そうだ、花びらでポプリを作ってみましょう!と思って、きれいな花びらだけボウルに集めて自然乾燥させています。
乾燥中


きれいな花びらも乾くときれいじゃなくなるので、きれいじゃない花びらも混ぜようか、と迷ったり、

ラベンダー
ラベンダー
もちょっとブレンドしてみれば良いのかも、と思ったりしながら、とりあえず、家の薔薇各種の花びらのきれいなものを集めているのですが、


ところで、

ポプリって、で、どうやって作るの?!?


こんな風に自然乾燥しておいたらそれでOKなものなんでしょうか?!?

それに・・・どうなったら乾燥完了?!?

これを読んでいる中で、どなたか、必ずポプリ作りに詳しい方がおられる、と、私は知っています・・・どうか、教えてください・・・。

それから、無事出来たら、うちの薔薇ミックスポプリ、欲しい方、おられますか?先着数名様に差し上げますよぉ~。

ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ポプリのつくり方

ちょうど、時同じくしてつくりましたので・・・。
でも、本で覚えたものなので、本格的な人は追記ください。

材料(※すべて乾燥したもの)
●主材料=花、花びら、ハーブの葉や枝。
●副材料=スパイスラック類。たとえばクローブ、シナモン、コリアンダーなど。
●保留材=香りを長持ちさせる精油、安息香やサンダルウッドなど。
※分量は、主材料8:副材料4:保留材1の割合で。だいたいでいいようです。

つくりかた
①主原料となる花やハーブを密閉ビンに入れる。
②粒状の副材料はすり鉢などを利用して細かく砕いてから、ビンに加える。
③香りを合わせ、長持ちさせるために、保留剤を2~3滴落してビンのなかの材料によく浸透させる。
④しっかりと密閉して冷暗所で10日~1か月ほどねかせて熟成させる。ときどきビンをゆすって材料をよく混ぜ合わせる。

成功を祈ります!

ish | URL | 2006/06/14 (Wed) 17:21 [編集]


ishさんへ

うわ・・・早速どうもありがとうございます。。

乾かしただけでOK!では、やっぱり、ない・・・結構、手間隙かかるんですね。

やってみるぞ!!!

りす美 | URL | 2006/06/14 (Wed) 17:43 [編集]


きゃ。ハートのボウル!

やっぱり可愛いわ~~~~♪
ポプリ・・・分けてくださいね!なんちゃって。^^;

hami | URL | 2006/06/14 (Wed) 18:30 [編集]


hamiさんへ

ハートのボウル、可愛いですよぉ~~!今はポプリ製造器と化しています。

ポプリ、了解です!

これから少し、「研究」してみます。

りす美 | URL | 2006/06/14 (Wed) 18:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。