イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今回は、ちょっと手際良くなったかも?

一昨年、初めて「手前味噌」作りを試みて、見事に失敗。アオカビてしまったので、全部捨てたんです。
・・・でも、今から、つらつら思えば、カビをゴッソリ取れば、半分か、それ以上は救済出来たかも、、なんですが、何しろ、素人の浅はかさから、がっくりと肩を落としながら、全て、コンポスト行きにしてしまったんです。

昨年、恐々、もう一度、トライ。絶対にカビさせない為、消毒に細心の注意を払い、且つ、途中の天地返しをしなかったら・・・何とか、ごく僅かのカビが表面にチチチ、と出来ただけで、初心者としてみたら、大成功♪(自己評価)

昨2月20日に仕込んだので、今年の同日に、満一歳を記念して、「食べ初め」を、と思っていたんですが、何しろ、拙宅の「年中行事ナンバー1」である、早春ホリデーが迫って来ているので、焦って来て、昨日、一年に四日足らずながら、開けてしまいました。

感想は、

「一年生(実質)に相応しい、初々しく、そして、おっとりしたお味♪♪♪」

・・・但し、夫には、いつもの味噌との味の違いは、ちっとも判らなかったみたいです。

********

翌日に当たる本日、早速、今年の仕込みを行いました。

昨夜、寝る前に水に漬けた、大豆1kg。朝になって、ふっくらした所で、圧力鍋三つに分け入れて、炊く。
001_20100217215115.jpg

鍋一つずつに、ちょっとずつ、時間差をつけました。潰す作業を一鍋ごとに次々と、しかし、せっつかれ感無しに、流れ作業のように、やれるかな、と思って。

鍋に圧がかかっている間に、「塩切り麹」の準備です。
004_20100217215114.jpg
右が準備完了したボウル。その左に、大豆を潰す為の大鍋を置きました。一鍋ごとに潰して行って、その後、右の、塩切り麹を入れて行く、というプロセスを想定して。


まだ、炊き上がって来る迄に待ち時間があったので、「ベルトコンベイヤー」式に、作業順に道具を並べました。
◇一番左:炊き上がった大豆入り鍋を持って来て、ざるに空ける。
◇すぐ右:ざるで水気を切った大豆を入れて潰す鍋。
◇その右:塩切り麹を待機させる。
◇一番右:味噌を仕込む「瓶」を、容器も蓋も、アルコール消毒して、設置。
005_20100217215113.jpg
さあ、どんと来い!いつでも、炊き上がってらっしゃい

くるりと振り向いた、背中側ワークトップには、落し蓋、重り、塩蓋用の塩の準備も怠らない、なぁんて手際の良い味噌職人!!?
006_20100217215112.jpg
手際が良い、なんて自慢しておきながら、片付けそびれたラムのボトルが見えている・・・アルコールなんですが、今年もラムになりました。今朝からスーパーにウオッカを買いに行ったんですが、アルコール度がラムと変わりなかった(37度程度です)ので、どうせ、一年に一度、味噌作りの消毒用にしか使わないんだし、ラムで良かろう(ラムも、ほっとんど使わないので、在庫期間、長し・・・)、と結論したんです。

********

さて、{圧をかける時間=15分、蒸らし時間=20分}を経て、一鍋ずつ、計画通り、時間差で大豆が炊き上がって来たので、ベルト無しベルト・コンベイヤーの一番左に鍋を運び、作業開始。

一鍋ごとに、ポテト・マッシャーで、潰して行きます。
・・・前に、ハンドブレンダーも使ってみたけれど、結局、超手作業っていうのが、一番楽、と気付いたんです。もっと大量に作る場合は、ミンチ機とか、本格的な機械化をしないと、やってられないでしょうけれども。

~~~ この間、写真、無し。温度管理に厳しい味噌職人ゆえ、写真を撮る隙など、無い!! ~~~

三鍋ともに、潰し終わった後、塩切り麹と混ぜて、一様にする。

~~~  同上。 ~~~

ここで、二回目だからこそ、出来る嬉しいこと・・・去年の味噌を大匙1程度取って、更に混ぜました。

********

混ぜ終わった段階で、テニスボール大の団子(の筈だったのに、てへへ、写真見て、頭ポリポリです、、大小さまざま!)を作ってボウルに積み上げ、

・・・やっと、ふうっと一息。
007_20100217215112.jpg

さてさて、ここからが、味噌作りのハイライト???

これらの団子を、バシャっ、バシっ!と、瓶に投げ入れて行く。そのようにして、空気抜きをする訳ですが、この作業、楽しいです♪

ボウルに団子を積み上げた時点では、全部、瓶に収まるだろうか、という不安がチラリと頭を掠めたんですが、杞憂でした。
008_20100217215112.jpg
全く問題なく、中に収まりました。
・・・塩蓋、、そして、アルコール消毒したポリ袋、その上に、落し蓋(IKEAで見つけたプラスティック皿二つを組み合わせました)、そして、重り(去年のを流用)。完了!
009_20100217215128.jpg

里さんのブログ(→こちらをクリック)で初めて知った、「ポスカ」で日付(等)を書き入れ、一件落着です。
010_20100217215127.jpg

ウオッカを買おうと思って、ラッシュが一段落した9時半過ぎに外出したので、着手が遅くなりはしましたが、10時半から始めて、全く、何の問題も発生せずに、作業がスイスイ進み、12時半には、余裕で完了。

一年目(失敗)、二年目(昨年)は、特に、潰す作業で四苦八苦しましたが(だって、すっごい力作業、、)、二年目ともなると、手際が良いです~、と自画自賛。
・・・もっとも、時間がかかってしまうと、温度が必要以上に下がってしまうから、スイスイ進めないと、元も子も無い訳ですけれど。

********

一つだけ、残念なことに、全部終わってから気付いてしまいました・・・今年は、viveraさんに倣って(→こちらをクリック)、塩蓋じゃなくて、酒粕蓋を、と思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。来年、ですね。

********

今年の作業がスイスイ進んだ、一番の「脇役」が、この子です。
016_20100217235246.jpg
今を遡る、4年半前、日本からの引越し荷物に入れて、わざわざ持って来た(凄く気に入っているので、、、)浴用椅子なんですが、台所でステップとして使っているんです。今回、大豆を潰す時、これに乗って、上の方から、「えいや!」「えいやぁ!」とばかりに、力を入れることが出来たのでした。

********

★最後に、イギリスで味噌作りをしてみよう、と言う方の参考までに:

・大豆は、自然食品店等で、オーガニックものが手に入りますが、麹は、イギリスでは見かけないので、日本に行った時に買って来ました。去年は、オランダで買いました。
・瓶ですが、パンケースを流用しました。フリー・マーケットで売っていた物です。普通に買うと、TKMaxですら、20ポンドくらいもするのでは?なんですが、5ポンド程度だったかな・・・チャリティ・ショップをまめにチェックしていると、味噌瓶や梅干瓶に打ってつけ、っていうものが手頃価格で売ってますよ。







スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。文中リンクありがとうございます。
これでいつでもリス美さんの素敵な駄洒落コメントにダイレクトにアクセスできます。^^

蓋に日付を入れればいつ仕込んだのかハッキリ分かるのでいいですね。私も今年は日付も書き込もう♪しかし、素晴らしい手際のよさですね!私はもっとアタフタしてます~。(汗)消毒用の焼酎を買いそびれてて今年はまだですし。早く私も仕込まなくっちゃ~。

新しいブログにこちらのリンクを頂きました。事後報告で申し訳ないです。

里 | URL | 2010/02/18 (Thu) 10:05 [編集]


リス美さん、おはようございます!

お味噌作り、おつかれさまでした!!!
そうですよね。。。
そちらで、日本の食材って入手しずらかったりしますよね。

お味噌、完成が楽しみですね♪

三十路オンナ | URL | 2010/02/18 (Thu) 10:24 [編集]


味噌づくり、お疲れ様。
出来るのが楽しみね。

私も昔はよく作りましたよ。
友達の家に行って手伝ったこともありました。
だから、結構、手際良く作れるようになったんですけど、最近は作っていません。
手作り味噌が美味しいのはわかってるんですけどね。

最後に「えいや!!」と投げつける作業、結構、好きです。(笑)

私は半年くらい経ったら、食べちゃいますよ。

なつ | URL | 2010/02/18 (Thu) 17:48 [編集]


里さんへ

素敵な駄洒落、、、言葉通りに受けとめて喜ぶべきか、恥じ入るべきか、悩んでいますv-15(笑)

台所仕事の手際って、私、驚く程、悪い、、それは、自分が一番判っているんです。それなのに、今回の味噌作りは、すいすい進んで、ちょっと恐い程でした。味は、どうなのか・・・1年間は、寝かせたいので、来年の今頃、判明、です。

リス美 | URL | 2010/02/20 (Sat) 01:37 [編集]


三十路オンナさんへ

味噌は、本当は二年、少なくとも一年は寝かせたいんです。「楽しみにしている」と、ついつい味見してみたくなるので、仕込んだ事を忘却しようと努力中なんです!!!

リス美 | URL | 2010/02/20 (Sat) 01:39 [編集]


なつさんへ

味噌、毎年、作り続けるのかな、、今の所はそのつもりなんですが、そのうち、貯まりに貯まって来てしまうかもしれませんね。・・・いえ、実は、ちょっと思惑があって、日本の家族への土産、いっつも何を持って行くべきか、悩むんですが、今度から、手作り梅干と、手前味噌にしようか、なんて思っていたりするんです。イギリス土産としては、ちょっと妙かな、、、。

半年程で食べられるし、麹の量を倍にすれば、確実に半年でOKって言う話も聞くんですが、なんでしょう、、一年はどうしても置いておきたい、この拘りは、一体どこから来ているのだ!!?

リス美 | URL | 2010/02/20 (Sat) 01:42 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。