イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヴィレッジ万歳! カントリー礼賛! ルアラル賛美!- 母と娘のイギリス旅から。

※これは、「母と娘のイギリス旅」シリーズものの一つです。

日本人が志向する住環境は、「都会」であって、「都会は偉い。田舎はダサい。」みたいな価値観、ありませんか?

イギリス人にとっての理想の住環境はむしろ、アンチ・都会。

・・・世代や価値観等々によって、勿論違う人も沢山いるでしょうが、少なくとも私の周りのイギリス人は須らくそうです。

都会に住んでいるのは「(仕事上)仕方無い、仮の姿」で、本当はのんびり静かで広々とした、そして風光明媚な田舎に住みたい、というのが本当に本音のようです。

そして、「village/ヴィレッジ」という言葉には「ダサい」どころか、「おしゃれ」「カッコイイ」というコノテーションがある。「country/カントリー」「rural/ルアラル」にも何かしみじみうっとり、というコノテーションが貼り付いているような嫌いがある・・・、と、私は最初は驚き、この頃では、しかと受け留めています。

さて、日本の夏も真っ青なくらいのゴージャス(*)なお天気の中、母と娘を連れて、ちょっとカントリー・テイストの土地をドライブしました。
(*)素晴らしい天気の描写に専ら使われる言葉が「ゴージャス」。イギリス風?それとも、アメリカでも???最早判らなくなってきている私・・・。


イギリスに来たら、

カントリーサイド・ドライブは

欠かせない!!!


※ちょっとだけ注:イギリスの車は殆どがマニュアル車で、レンタカーもその傾向は強いようなので、オートマティックしか運転出来ない人がイギリスに来てドライブする際は、前もって予約するのが安心みたいです。

ウィルトシャ=ストーンヘンジやエイヴベリーのような「石もの」が沢山ある地区への道すがら、です。

イギリスの典型的カントリー風景って、
カントリー風景
こんな ↑ 感じではないでしょうか。

急に暑くなったこの日、羊たちが日陰でさぼって?いました。
さぼる羊たち


典型的カントリー・ロードって
カントリーロード

こんな ↑ 感じでは?


道の横に石の列があるこういうのは、典型的風景ではなくて、
エイヴベリーへの道
ここがエイヴベリーのストーン・モニュメントに導く入り口に当るから・・・。


この、上が平らになった形は、典型的なカントリーの丘
シルバリー・ヒル
・・・ではなく、シルバリー・ヒルという、古代に作られた謎の人造物です。失礼・・・。


嗚呼、

何と平らかな、

のどけき風景であることよ~~~、


とほのぼの。。




それなのに、何たること!


ブンブンやかましいヘリコプター二機が上空を行ったり来たり!
ヘリ二機
イギリスのカントリーサイド、油断しているとこんなこともある。。

※近くの軍事基地から飛び立ったヘリコプターで、イラクやアフガニスタンで地上から攻撃されるのに備える練習をしているのでは、というのが夫の推測・・・。

そんなハプニングもあるけれど、

こんな藁葺き屋根(thatched roofと言います。日本語訳は藁葺き、茅葺き等の草葺き屋根・・・藁か萱か、或いは別の草なのか、未だ調べていません。。)の家に住んで、
thatched roof


屋根の上に鶏(一番右)やあひる(左に四羽)の置物を並べるお茶目さん
鶏とあひる



・・・そういうのが、典型的なカントリー志向のイギリス人、と、私は思う。。


ヨーロッパ情報のブログ・ランキングに参加しています。マークのクリックを、どうぞよろしくお願いします!
※ひよこのマークをワンクリックすると、fc2でのランキングがわかるページに飛びます。
誠にお手数ながら、
・そこで又このブログのタイトルをクリックしてここに戻ってきて、
・次に、「人気ブログ」のマークをワンクリックして、
・またそこでこのブログのタイトルをクリックして戻ってきてください。
    人気ブログのマーク

★ブログ村の海外生活ブログランキングもあります。お手数ですが、これもクリック、どうぞよろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログへ

***いつも応援有難うございます!!!***



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして、本当にそのとおりです。
私の彼もそのまわりの人も、カントリーサイド志向です。シティはうるさいし、危険だし、っていいます。
わたしの感覚だと、田舎は 不便だし、逆に危険?とかおもっていたけど、いろいろカントリーサイドをドライブしてわかってきました。
家もきれいだし(逆にシティよりも値段が高かったりして)たぶん住んでいる人も、変な人はすくないのかも?
ただいまだに、買い物とか生活面が不便でないかなっておもっていますけど。

ケイティUK | URL | 2006/06/14 (Wed) 19:03 [編集]


きれい!!

おひさしぶりです。

すっごくいい景色を見せていただきました。
きれいですねー。
のどかですねー。

ゆったりとして気分にさせていただきました。
ありがとうございます。

kyonj1 | URL | 2006/06/14 (Wed) 21:50 [編集]


ケイティUKさんへ

ケイティさんカップルのような若い世代もそうですか、やっぱり???

買い物の不便とかは、何とかなるんでしょうね・・・。

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 01:47 [編集]


kyonj1さんへ

のどか~、なら、お任せください!?

イギリスの夏は良いですねぇ・・・と言っても、昨日今日と雨がちですけれど。

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 01:49 [編集]


>都会に住んでいるのは「(仕事上)仕方無い、仮の姿」
私の事を言われているのかと思いました~(笑)
といっても、ここは日本・・・。
今住んでいるのも、田舎ではないけど、都会でもなし。
そこそこ便利で、身近に自然もあるので、まあまあだとは思っていますが~
娘には、よく「ママはおばあちゃんになったら田舎に住むから、そしたらお野菜送ってあげるね♪」って話しています。(笑)
藁葺き屋根の家、かわいいですね~。
イギリスもいいなあ。

ゆう | URL | 2006/06/15 (Thu) 06:01 [編集]


ゆうさん

ほんとに、イギリスも良いかもしれませんよ・・・!!!

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 06:28 [編集]


憧れの生活!

カントリーに住む。
自分でポプリを作る。
なんて贅沢な時間の使い方でしょう。
うらやましい!

これからもイギリスの普通の生活を紹介してくださいね。

ところで、マイカーの購入はどうなりましたか?イギリスで車を売るの続編も気になっております。

kirakira | URL | 2006/06/15 (Thu) 07:54 [編集]


kirakiraさんへ

がらりと生活を変えて、心身ともに健全な家庭生活をしっかりすることを基本に置いていきたいと思っているのですが、全く逆の生活をずっと続けていたので、要領を得ません・・・贅沢な時間の使い方というより、何をやるにも時間がかかって埒があかない、というのが本当の所です。。

マイカー購入とカー・セールス道入門の件については、前者は昨日、物色再開、後者は断念。断念の理由は、運転が上手じゃないとダメみたいだから。。テストドライブに連れて行ったり、戻って来て狭い車庫にするする入れたりを楽々と出来なければ無理みたいです。。車ではなく、得意分野のものを極上サービスで売る、という方向の方が現実的みたいです。





りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 15:38 [編集]


イギリスのカントリーサイド・ドライブ、ほんとにいいですね!
私もとりこになりました。

確かに、都会に住んでるのは、外国人の方がむしろ多いかもしれないくらいですね。
ごく普通のイギリス人は、こんなところに、のんびり広々と暮らしているのですね~。

日陰で休む羊さんたちが、キュートです!!いいな~田園風景。w

UKI | URL | 2006/06/15 (Thu) 16:13 [編集]


のんびりした風景のお写真ですね。
仕事がなければ田舎生活でのんびりもいいですよね。
イギリスでは「カッコイイ、カントリ-」と「ダサいカントリー」ってあるんですか?

のんの | URL | 2006/06/15 (Thu) 18:38 [編集]


UKIさんへ

乗せてもらうのはv-218なんですけど、Bロードって、ヘッジが高い上に道幅が狭いので、自分で運転は、ちょっと無理では・・・と心配なんですけどね。

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 20:46 [編集]


のんのさんへ

豊かな匂いのするカントリーと、そうじゃないのと、あると思います・・・偏見かもしれませんが。。。

私が住みたいのは、やや豊かで、よそ者を嫌がらないカントリーです。

りす美 | URL | 2006/06/15 (Thu) 20:48 [編集]


同感です。イギリス人は田園志向。自分たちでペンキ塗りはもとより家の修理なんかも手掛けてしまうぐらい、My Homeをこよなく愛する人たちが多く、そのマイホームの背景はできることなら、はやりカントリー!という考えが主流のようです。現役のときは仕事の都合で都心でも、リタイアしたら田舎へ、と思っている人、多いですよね。

日本のような都会志向というのは、ちょっとないかもしれませんね。都会にいても、大体方言というか、自分の出身の「お国言葉」を大切にアイデンティティとして保つ人も多いし。
(それで、前にロンドンのオフィスで仕事してたときに電話に出るたび、あらゆるアクセントに出くわして、苦労したことありました!)

いまはとにかく、こうした田園風景がことのほか美しい季節。満喫したいものです。

Ai M | URL | 2006/06/16 (Fri) 19:36 [編集]


AiMさんへ

私たちも、終の棲家はカントリーに、という夫の希望のもと、私は都会も好きなので、両者妥協地点を求めようとしている所なんです・・・。よく調べないと、排他的なところもあるみたいですね。

りす美 | URL | 2006/06/16 (Fri) 20:04 [編集]


りす美さんへ

おっしゃるとおり、たしかに外国人には居心地が悪いところもあるかもしれませんね。

うちは都心に近く、しかも北東ロンドンなので、まさにmulti cultural communityで種々雑多ですが、たまたま我が家のある一角は庭の部分が異常に長く、大きな木も多いので、今の時期うっそうとして、鳥のさえずりも聞こえ、結構気に入っています。都心にも出やすいですし。
(うちの庭は、どうも100年前に隣に奥の2/3を譲ったようで、短め。そういう家の記録の古文書を前の住人からもらっていて、最古の文書は1853年!こういうのがあるのもイギリスらしい)
でも、カントリーでのんびりというのも、いいだろうなあと思わなくもないです。

場所探しは、やはり誰か知っている人が住んでいたりして、体験談を聞けるようなところがいいかもしませんね。Cotswoldsの方はいかがですか?あ、海の近くがご希望でしたっけ。

とにかく、いいところが見つかるといいですね。

Ai M | URL | 2006/06/16 (Fri) 20:42 [編集]


AiMさんへ

そうなんです、海に近い所。夫が海が大大大好きなもので。。長い間、ワイト島を想定していたみたいですが、あそこ、排他的なんですって。

りす美 | URL | 2006/06/16 (Fri) 23:44 [編集]


ワイト島、排他的なんですか。知らなかった。

ここ数年、ワイト島に何度か足を伸ばしていて、すっかりお気に入りの場所になっています。特に小さい子供連れでは、ロンドンから電車でも行きやすいし、打ってつけ。たったの15分ほどでもフェリーに乗って島に着くと、「海外」に出かけたような気分になります!私たちはもっぱらRideから電車(車両が元ロンドン地下鉄のもの!)で終点のShanklinに滞在していて、そこを拠点にバスなどで島のあちこちを訪れています。Shanklinにはお気に入りのとっても美味しいレストランがあって、底に行くのも楽しみです。ワイト島って、海もいいし、内陸地はイギリスの典型的な田園風景が広がっていて、イギリスの魅力を凝縮している感じがします。

でも、あそこにずっと住むとなると、やっぱりロンドンとかが恋しくなるにちがいありません。

Ai M | URL | 2006/06/17 (Sat) 07:05 [編集]


子供の頃から、読書を通じてカントリーにあこがれていまして。東京の実家から、夫の故郷である愛媛県の郡部(平成の大合併で、市になりました)に来て、25年。自然はいまだ感動しますが、人は閉鎖的です。

人のうわさや、悪口が横行する狭い社会。他人に、特によそ者に、関心をもちすぎるように思います。都会の無関心が、ある意味なつかしい。共同作業をしてきた農耕民族は、そんな風に生きるしかないのでしょうか。

Qu | URL | 2006/06/17 (Sat) 21:21 [編集]


AiMさんへ

よそ者が「住む」となると、冷たいみたいなことを聞いたんです・・・。あと、フェリーに乗らないと本土と行き来できないのもちょっとネック。

夫は、夏の間は、潮目を調べて、本土と至近距離になったときにカヤックで渡ったりしてるみたいです。

りす美 | URL | 2006/06/18 (Sun) 01:21 [編集]


Quさんへ

やっぱり、そういう傾向はありますか・・・。ただ、私は鈍感なので、余り気にならないかもしれない???v-14

りす美 | URL | 2006/06/18 (Sun) 01:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。