イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コッツウォルズは、意外に近かった・・・。

日本人女性100人が100人、

イギリス と来たら

→ コッツウォルズに行きたい♪

っていう感じでは無いんでしょうか?


へそ曲がりな私としては、

「コッツウォルズだけが、イギリスじゃないよ。ドーセットとか、デヴォンとか、コーンウオールとか、はたまた、サフォックとか、そうそう、ハイランド(スコットランド)も忘れちゃならない、あと、まだまだ、溜息が出るほど、美しい所が色々ある!!!」

と、大声を出したくなるくらいなんですが、


その、日本人女性に大人気のコッツウォルズに、水曜日に、“ちょっくら”行って来たんです。


またホリデー?!?!

いえいえ、違います、観光ではありません。お勉強なんです!はい。



********

大学のコースは、ディスタンス・ラーニング方式なので、普段は、自宅にて、テキストを読み、指定書を読み、エッセイ(小論文)を書き、コンピュータ画面でディスカッションをし、といった勉強方法なんですが、やっぱり、直接、級友と会う機会は持ちたいので、定期的に会おうね、ということにして、その第二回目。


第一回目ミート・アップは、前モジュールで一緒だった二人と、大学キャンパス=ロンドンで会った(その様子は、こちらをクリック)んですが、その際、そのうちの一人から、

「ロンドンは遠いから、今度は、是非、うちの最寄りで。」

と提案されたものです。

*私の今のモジュール仲間にも、良かったら参加しない?と呼びかけたんだけれど、
「行きたいけど、南アフリカに住んでいるから無理。」
「興味あるけど、ブライトンに住んでいて、遠過ぎる。」
「マンチェスターに住んでいるので、ちょっと不可能。」
などという反応が返って来て、改めて、級友達の散らばり具合を認識しました。ディスカッション・ボードで、面白い発言をする級友と、直接話をしてみたい、っていう願いは、叶えるのが簡単とは言えません。

********


落ち合う場所は、コッツウォルズにある素敵な町の一つ、Cirencester/サイレンセスターに程近い、オーガニック・ファーム・ショップ。←いかにも、Nutritional Therapistを志向する人間が好みそうな場所!?!

敷地内駐車場に車を停めて、さて、中に入ろう、とした時に、目の前に見えた風景です。
008_20100318220502.jpg
左三分の一、木の右側に見える、まん丸なもの、実は、どんぐりの彫り物。


分教場風だけど、ここが、ファーム・ショップの入り口。
009_20100318220501.jpg
こういう外観って、「オーガニック」系店舗として、しっくりくる佇まいと思いませんか? 脱線しますが、実は、ハンプトンコート近くにオーガニック・カフェがある、と聞いて、夫と二人で、二回も探索に行ったのに、見つからず、、、。最近、やっと案内して貰ってみたらば・・・オーガニックのくせに(!)、えらくバリッとしていて、だから気付かなかったんです。


中に一歩入ってみたら、、、
010_20100318220500.jpg
おお♪ おお♪ おおおおお♪  うっとりです・・・。

オーガニック、そして、ファーム、そういう雰囲気が、滅茶苦茶、好ましいし、そして、何よりも、豊富なる品揃え!


********


「電子レンジを使わないので、ちょっと時間かかります。」っていうことなので、早速、ランチ注文の列に並ぶ。
011_20100318220500.jpg
近くに住む級友Aは、ここの常連とのことで、おねえさんに、「今日は、裸なの!服は、どうしたの?!」なんて、軽口叩いてました。


実は、Aがnutritional therapistを志す一つのきっかけになった、運命の人!?、即ち、彼女自身がお世話になった、先輩nutritional therapistが友情出演(!)に来てくれたんです。級友と直接会うのは、滅多にない機会なので、お薦めの本をどっさり、互いに携えて行ったりもして、勉強関係の事を、熱く語り合う我々。


そうこうするうちに、ランチがテーブルにやって来た。

Thalis(カレー色々):私のです。
013_20100318220459.jpg
味は美味しい♪ しか~し:危惧した通り、量が半端じゃなくて、でも、私は、無理矢理食べてしまうので・・・夕方になっても、ちっともお腹がすかず、結局、夕飯は、大根おろし&梅干を乗せたご飯しか、入りませんでした!


ヴェジ・フリタータ:Aのです。
014_20100318220724.jpg


サンドイッチ:先輩nutritional therapist、Cのです:はは、齧りさし!
015_20100318220723.jpg


どれも皆、奇を衒わない、真面目に作った、しっかりした内容でした。


********


食べながら、

話す

話す

話す話す話す


***


先輩Cは、

開業当初、地元の女性達に、無料トークをやったりして、顔を売ったとのこと。

その後も、四半期に一度だけれど、ニューズレターを送ったり(メール添付すると、また後で、と、開きもしない場合が多いので、費用も手間もかかるけれど、郵送しているそうです。)、

自宅でイベント:{トークと、その後、トーク内容に関連した、手料理を振る舞う(2時間もの、一人40ポンド)}を催してみたり、

「C's Favorite Recipes」っていうレシピ集を作って、配布(販売?)したり、

・・・個人コンサルテーションのセッションだけじゃなくて、手を換え、品を換え、色々アクションを起こしているとのこと。


ふむむむ、参考になります! 


Cが自宅でやるイベント、次回は、是非、参加させて貰いたい、と思ったのと、あとは、自宅で、たま~にやっている「持寄りランチ会」も、何だか目的が全く漠としているので、それなら、こういうのの「模擬」イベントをやってみても良いかも、なんて、思ったり。・・・でも、そういうのに興味ある人、って、どれくらい、居るんだろう。。


***

「個人コンサルテーションは、ダメダメ食生活と、満点食生活の間の、どの辺りが現在地で、どの辺りまで行く事が出来るのか、その人の状況や性格を考えて、決めて行く。こちらが押し付けるのではなくて、どこまで行きたいか、っていうことを、クライアント側から、提案してもらう。」

なぁ~るほど。オーガニックとか、ホールフードって言うだけで、引く人も多い(んですよ!!)から、「究極な食生活を押し付ける」なんて、現実離れしている。現実直視で、「少なくとも、今よりは、良い」っていうレベルから始めないと、っていうことなんですね。

***

「コンサルテーションの後、何だか、気になって、気になって、、、すると、夜中に、あ、そうだ、彼女は、○○が問題なんだ、だから、こうすれば良いんだ・・って、閃いたり、するのよ。」

・・・ふふふ、仕事時代(!)に、新製品コンセプトを考え抜いて、悩み抜いて、、、っていうプロセスの後、夜中にふと、名案が「降りて来た」体験、私も数多く持ってます。そうか、この仕事も、そう言う感じなのね。180度異なる世界に進む、みたいに考えていたけれど、実は、長年やって来たことと、似た世界なのかも。

***

私が気になっている事の一つ。拙宅は、ロンドンの端くれにあるんですが、公的交通機関が非常に便利、とは言えない。でも、クリニックは、自宅の一室でやりたい。。Cに相談してみたら、

「うちの辺りなんて、公的交通機関無し、だから、みんな、車で来るけど、問題無いですよ。」

・・・私の場合、まだ、ロンドン地方在住の日本人に多くの顧客を求めるか、地元中心(=必然的に、イギリス人)に狙いを絞り込むか、気持ちが固まっていないんですが、日本人女性は、車に乗らない人も多いし、日本人が多く住む、北ロンドンや西ロンドンからは、便利とは言えないし、、、。やっぱり、地元イギリス人に絞り込むべきかな、と、黙考。イギリス人に絞り込むとすると、出来れば、今年内に開始したいと思っている、「食メルマガ」、日本語と英語の両方でやろう、と想定していたのが、英語だけで済む、っていうことになる、その方が荷が軽いか、、なんて思ったり。


***

私:「コンサルテーション代金の請求って、しにくくないですか?」
C:「予約を入れる時に、ディポジット20ポンドを振り込んで貰う事にしているし、大丈夫よ。」

ふむ。。

***

「資格を取る勉強は、科学的な内容が多いけれど、開業すると、ガラっとフェーズが変わって、超、現実的になりますからね。」

・・・そりゃ、そうよね、、勉強内容に基づいて、判り易く具体化して伝えないと、意味無いものね。やっぱり、その練習の為のメルマガ、やる価値あるかな。

***

開業は、未だ未だ先になりますが、色々、生なヒントを貰えて、有難かったです。

********

都合2時間以上に渡る、お喋り(・・・いえいえ、「セッション」ですよ!!)の後、この、夢のショップで、買物をすることに。

これでも人参!写真、大ぼやけですが、直径10cmほどもあるんです。見た事も無い太さ。
016_20100318220722.jpg
スが入ってるんでは、と用心したけれど、常連のAが、是非買うべし、と強く推すので、買いました。ローストして食べたら、まあ、美味しい事!


017_20100318220721.jpg
広い店内を、カートを押して、一品ずつ、舐めるように、チェック!
018_20100318220719.jpg


パンの棚、既に、果てしなく空っぽに近い・・・。
019_20100318220756.jpg
そんなこともあろうか、と、店内に入るや、何よりも、まずは、パンを確保したワタクシ、先見の明、ある!!って言いますか、良いパンは、どこでも早く売り切れる事が多いので、油断禁物。


********


「ちょっくら」なんて、最初に書きましたが、実は、片道、2時間半、と踏んでいたんです。なかなかの長旅。大丈夫か!?

ところが、蓋を開けてみたならば、何と、1時間半で着きました!


途中、道路工事でトロトロ運転の部分もあったし、

そうそう、最後、カーナビに、違う所に連れて行かれて、Uターンしたり、っていうのもあった!
後でショップ・カードを見たら、「カーナビの指示する道からは入れないので、カーナビは使わないで。」って書いてあった!


それなのに、1時間半で着けるなんて、あらら、コッツウォルズって、遠い所のイメージだったけれど、そんなこと、無いではないか。。


今回は、ファーム・ショップ集中だったので、素敵な町と評判のCirencester/サイレンセスターは行かず仕舞。これから夏にかけて日が長くなって来るし、是非また、行ってみたい、と心に誓って、戻って来たのでした。


********


そうそう、このオーガニック・ファーム・ショップですが、名前を

「The Organic Farm Shop」

と言います。誠にまんま、な、超直球ネーミング!


ご興味ある方、ここをクリックすると、ウェブサイトに飛びます♪









スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わくわくショップ

在英中 2回コッツウォルズには行きましたが
このショップは知りませんでした。行ったら
沢山 買ってしまいそうです。(いつもM&Sツィギーのエコバッグ持ち歩いていました)
 
学習されている事が 着々と形になりそうでね。
楽しみにしています、頑張って下さい。

ムシャ君 可愛く出来ましたね。スペインの有名
陶器人形が日本でも発売されていますが すごく
お高いですよ。自作されるなんて素晴らしい

そうそう 先生 日本滞在中です。
エネルギッシュに活動されていますね。
4月の講習が楽しみです。

lily | URL | 2010/03/20 (Sat) 01:38 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/20 (Sat) 06:57 [編集]


パンの味

パンの味って国ごとに微妙に違うとおもいませんか??
日本のパンは外国と比べると甘さ控えめ・・・。
と言う感じ・・・。
イギリスのパンはいかがですか??

↓武者くんかわいくってかっこよくできましたねぇ!!
うんうん。手に何か持ってたほうが良さそう・・・。
何持ってたかなぁ・・・。

ひろ | URL | 2010/03/20 (Sat) 11:25 [編集]


リス美さん、こんばんは!

オーガニック・ファーム・ショップ、とっても素敵ですね!!!

オーガニック系大好きなので
私、お店にいったら、興奮しそうです(w)
直径10cmのニンジンさん、すごいですー!!!

本当に豊かな土で育てられたニンジンなので
おいしくて、カロチンいっぱいで、
栄養満点のニンジンなのでしょうね♪

三十路オンナ | URL | 2010/03/20 (Sat) 21:21 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/21 (Sun) 05:10 [編集]


コッツウォルズ、私も日本人の例にもれず
すごくすごく行ってみたい地域です^^
一度も行ったことがないのが
憧れを増長させているのかな・・・(笑)
あーーーイギリスへ行きたい♪

実際開業されている方の話を聞くと
一気に現実味が沸いて、すごく参考になりますよね^^

なべちゃん | URL | 2010/03/21 (Sun) 06:06 [編集]


りす美さん、お久しぶりです!
コメント嬉しかったです^^。
色々作ってくださってるようで大感激でした。
本当にありがとうございます!

もうすぐ帰国なさるとか。
お気をつけて帰っていらしてくださいね^^

オーガニックファームショップ、素敵です^^

izumimirun | URL | 2010/03/21 (Sun) 08:54 [編集]


お久しぶりです♪
オーガニック・ファーム・ショップ♪
これはまた夢中になっちゃいそうなお店ですね♪
イギリスも行ってみたいです~

>私の使ってる塩昆布は、北海道日高産昆布に、小豆島製造の丸大豆醤油・還元水飴・酵母エキス、そして食塩は赤穂の塩が使われているものです。

ゆん | URL | 2010/03/21 (Sun) 09:59 [編集]


イギリスで夏休みホームステイしてたのが
コッツウォルドの家庭でした。
といっても村からちょっとはなれてぽつ~んとあるおうちでしたが、
いろんな村を案内してもらって
すごくよかったです~。
夏はいいですよね。

リス美さんも開業に向けて着々と準備を進めていてえらいな~。
こういう風に実際会ってディスカッションすると
いい刺激がもらえますよね。

今度イギリスに行く機会があったら
今度はコーンウォールに行ってみたいんです。
ロザムンド・ピルチャー女史が好きなので。

fanifani | URL | 2010/03/21 (Sun) 23:19 [編集]


ショップ、すごく素敵ですね。ゆったりのんびり出来るような居心地の良い空間なのが分かります。ナビが間違っていたり、工事があったりしても一時間半なら、慣れたら一時間で行けそうな感じですね~。

同じ道を志す人たちでディスカッション、すごく充実した時間ですね♪大変そうですが、やりがいもとてもありますね。

前の記事になりますが、ムシャくん、かわいいですね~!後姿が歩いてる風ってのが、またお茶目でカワイイ♪

里 | URL | 2010/03/22 (Mon) 15:35 [編集]


lilyさんへ

興味を持たれていることが、私と似ている内容が多そうで、イギリスにおられた時に知り合えれば良かったのにな、と思いますv-16

コッツウォルズ、今後、もう少し色々、探訪してみても良いかな、と考え始めてるんですよ♪

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 16:00 [編集]


ひろさんへ

「イギリスのパン」:最初は、普通にスーパーで売っている「五穀パン」みたいなのを愛用していたんですが、そのうち、オーガニック&イースト発酵じゃないものを探し歩く(文字通り!)ようになって、最近は専ら、オーガニックのライ麦パン、サワードウ、オリーヴ入りサワードウ、あと、イースト発酵してるのは承知の上で、オリーヴ入りパンを買ったり(オリーヴ入りが、すっごく好きなんです!)してるんです、、、という訳で、一般的イギリスのパンを食べていないので、「イギリスのパン」についての感想、、書けないv-15

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 16:04 [編集]


三十路オンナさんへ

はいはい、、三十路オンナさんも、きっと気に入られるでしょうね、ここ!

巨大人参ですが、今度行ったら、栽培方法とか、種とか、聞き出そうと思ってるんです。ほんとに余りに巨大で、オレンジ色の蕪かと思ってしまったくらいですから!

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 16:06 [編集]


なべちゃんへ

コッツウォルズ、だれが、いつ、それ程迄に、日本女性にアピールするように仕掛けたんだろう、、、ツボにはまるんでしょうね。

開業!先と思っていても、時間はすぐ経つので、既に準備マインドになっている方が良いのかな、と思って、、っていうより、夢見ることは実現する、と思っているんですv-14

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 16:09 [編集]


izumimirunさんへ

どこへ行っても、まず目指すのは、この種の店とキッチンショップ、っていう私は、変人なのかな、と思ったりもするんですけれどね。

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 17:16 [編集]


ゆんさんへ

オーガニックな塩昆布の通販ものを探し切れず、そのうち、作り方のサイトに辿り着いたりして、そうか、自分で作れば良いのだ、と思ったんですけれど、レシピのは、皆、醤油で煮るだけで、塩が吹いてなくて、何か感じでないな~と悩んでいる所なんですv-16

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 17:18 [編集]


fanifaniさんへ

おっと~、、、、ちょい待ちです、fanifaniさん。なになに、ロザマンド・ピルチャーがお好きですって?!?!?!?!私、大好きなんです。コーンウオールもの各種で感動の涙、涙、でも、一番泣いたのは、コーンウオールじゃなくて、イビサが舞台のストーリーです。彼女の著作は、心が洗われるような清々しい読後感が、病み付きになります。同好の方を発見出来て、感激です♪

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 17:22 [編集]


里さんへ

ふふふ、この店、きっときっと、里さんもお気に召しますよv-218

*ムシャ君、私が里さんだったら、絵に出来るのに、、、。

リス美 | URL | 2010/03/22 (Mon) 17:24 [編集]


あらら、日本語でもぜひ書いてほしいなあ、と思うけど。ぐすん。でももし英語でしか書く暇がなかったら、英語版でもいいので、メルマガ送っていただきたいです。りす美さんからnutritional therapistのことを初めて聞いたとき、ネットで調べたら、日本人女性一人見つけました。HPを見ると、イギリスで開業しているらしかった。りす美さんのご活躍も期待してます!

hiro | URL | 2010/03/23 (Tue) 20:40 [編集]


hiroさんへ

メルマガ、構想がまだまだ固まらなくて、口だけ、、すみません。

多分、その方だと思うんですが、興味を抱いたので、以前、会いに行ったんですよ。終日はサラリーマンで、週末だけ、エステティシャンをされてるんですよ。イギリスのエステティシャンって、日本と随分状況が違って、凄く、資格を取るのが難しくて、しかも、資格が無いと、出来ないらしいんです(日本は、その辺が、あやふやだそうです)が、何故、nutritional therapistを前面に出されてないんだろう、と思って尋ねたら、「エステとか指圧とかだと、患者さんは、ごろりと横になっているだけでラクチンだけど、nutritional therapyは、患者さん自身が取り組まないといけなくて、面倒だから、それだけでは、生計を得るほどの稼ぎは得られない。」っていうことだったんです。。。

リス美 | URL | 2010/03/24 (Wed) 02:38 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。