イギリスは不思議の国! にて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

持ち寄りランチ会のフォローアップは、夫らのパブ会になるのか?

たま~~~、なんだけれど、「お気軽お喋りover持ち寄りランチの会」を、拙宅でやることがあります。

何せ、主催するのが私なので、必然的に「オーガニック and/or ホールフードなもの」っていうのが、一つの基本線。これって、そう言う拘りの無い人には、結構な悩みなのかも、と感得してるんですが、、、いやはや、、申し訳無いです。

最低限、

・「精白砂糖は使わない」:これは、絶対、お願いしたいんです。
・「材料は、なるべく、オーガニックもの」:なるべく、出来る範囲で。

っていう二大ポイントをクリア頂ければ、うるさいことは申しません。

・・・それでも充分、うるさい、かなぁ~??? うぐぐ。。何故に、これらに、拘るのか、それについては、後ほどチラリと書くことにして、そろそろ、本題にはいらせてください!

月曜日のこと、比較的近くからお二人、割と遠く(オクスフォード郊外)からお二人(うち一人は幼児)が、そんな私の「うるさい」リクエストに応えて、来てくださいました。・・・今回は、全員、日本人女性。


********


これで全部!

008_20100323064102.jpg

・・・と思ったら、写真を撮り忘れたのが、数点。。ああもう、相変わらずの、間抜けだ!!

以下、それぞれのアップです。

全体写真では、一番手前左:牡蠣のベーコン巻き(Bさん作)
   009_20100323064102.jpg

同、右:バターナッツ・スクオッシュと丸麦の煮物(Mさん作) 
   010_20100323064101.jpg
   
一段上、左:豆腐&玉ねぎ&ドライトマト煮物(Nさん作)、アップ、撮り忘れ

同、右:パースニップ&ドライアプリコット煮物&エゴマの実(Nさん作) 
   011_20100323064100.jpg

その上の段  :色々な小花達(拙庭作・・)←注:食べ物ではありません!!

更にその上、左:春雨の煮物(Mさん作)
   013_20100323064059.jpg
   
同、右:玉ねぎ味噌(玉ねぎ味噌、と来たら、私です、、もちろん)、アップ写真、無し。

その右斜め下:海老入りサラダ・鰹節入りドレッシング和え(Bさん作)
   012_20100323064100.jpg
   
その上、左:コールスロー(私です。例のファーム・ショップで買って来た、極みっちりキャベツ使用)
   014_20100323064123.jpg

同、右:桜チラシ寿司(私です:viveraさんレシピを参考にさせて頂きました♪
   015_20100323064122.jpg
   
画面には無い :実蕎麦ポタージュ、シャトルシェフで作って、サイドボードに乗せた為、撮りそびれ

そうそう、「セイタンの揚げ物」も、熱々を食べたいから、皆さんが揃われたら揚げよう、と下準備していたんですが、皆様の料理の数が、予想より多くて、これ以上作っても食べきれないだろう、と考え、省略・・美味しいんだけどね、、また、今度♪

***

色んなのをチョコチョコ食べる、っていうの、日本人ならでは、なのかな、と思うんですが、ちょっとした居酒屋気分(っていうのは、私だけ?!)で、すっんごっく、楽しかった&美味しかった♪♪♪

***

これらだけでは、無いんですよ、デザートはね、

創作実験プディング、名前は未だ無い(Mさん作)・・・豆乳、蕨餅粉などで、ねっと~り&とろんとろん、の、得も言えぬテクスチュア。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておいて、食べる時に、各自、ベリーのシロップや、きな粉&黒蜜をかけて、頂きました。

小豆ブラウニー(私です)・・・ベイキング・パウダーは使うんだけれど、小豆が入っているだけに、どしんと重いので、一切れは小さめです。

飲み物は、南アフリカから持ち帰った「ハニーブッシュ・チャイ」・・・以下の会話とともに。

・一同:何だか、シナモンも入ってる感じね。
・私:チャイって言う位だから、ハニーブッシュに、何かブレンドしてあるんだけど、箱のどこを見ても、書いてないのよ。。
・Nさん(箱を手にとって):んもう、ちゃんと書いてあるじゃない!シナモンとカルダモン入りよ!
・私:え?!?私が見た時には、書いてなかった、、、(んなこと、ある訳無い。。)



・・・やけに興奮してしまって、あっと気付いた頃には、写真を撮る素材が、各自の胃の中に消滅していたり、、だから、デザート類は、一切、写真無し、なんです

********

◇本日の三大成果(順不同)

自分では思いつかない色んなものが食べられたこと♪純粋に嬉しい♪♪♪
・・・思いつかないの例1)バターナッツ・スクオッシュを「皮も食べる」、そして、「煮る」っていうの、私、やった事無いです。そういう手もあったのか。。
・・・例2)パースニップをドライ・アプリコットで煮る!目から鱗です。あと、エゴマの実って美味しい♪
・・・例3)牡蠣をベーコンで巻いて、っていうの、私は、絶対に絶対に、思い付きません。

「母道(ははどう)?」について、話が出来た。
・・・ちょっと、プライベート過ぎる内容ではあるんですが、、私の娘は、私が再婚した時、23歳。今は、もう27歳になる、つまり、もう大人ではあるけれど、ずっとフルタイムで働いて来たこともあって、充分な「子育て」が出来たのか、母としての義務が果たせたのか、っていうの、魂の奥の方で、ずっと気になっていて、そういうことを、「母」達と、「日本語で」充分に話が出来る、っていうの、救いになりました。

イギリス人夫の話し方についての悩みがシェア出来た。・・・「夫の話は、結論までの説明が、長い長い!もう、いらいらして来て、まず結論を言ってから、その説明する、っていう順で話をして、って、いっつも思う。」

誰が、口火を切ったのかは忘れた、けれど、すると、残る二人のイギリス人夫を持つ日本人妻、喜ぶ喜ぶ!

「え?!うちだけじゃないの?そうなのよ、そうなの。説明がほんっと、長ったらしくって、居眠りしそうよ!」

「YesかNoか、それを先に言ってから、理由を言う、そういう風に、私達は、習ったよね!」

「そうだ、そうだ、そうだ!!!」←一同、拍手喝さい


・・・これに勢い付いたワタクシ、散会後に帰って来た夫に、言った!

「イギリス人はね、ほんっと、非効率な話し方なのよ!イギリス以外の世界中ではね、話をするときに、まず、結論を述べて、その後で、その説明をする、っていう方式なのよ!!イギリス人だけが、無駄に長長しい説明をグダグダ述べまくって、で、忘れた頃に、ポロッ、漠っと結論らしきことに達するっていう、そういうことなのよ。MさんとこのDも、BさんとこのNも、二人ともそうなんだって。あなたを入れて三人とも。だから、イギリス人ってほんとに!」←我ながら、ちょっと論旨に問題あり、かもしれませんけどね

すると夫、曰く、

「だって、まず結論を言うなんて、失礼じゃないか。唐突過ぎるよ。違和感無く、自分の主張が聞いて貰えるように、そうろそろ、結論まで持って行かないと。」

私:「いいのよ、お喋りは。とにかく、先に結論を言ってからにしてもらわないとね、イライラするの!!」

夫:「ちょっと待って。Dは工学部、Nは確か、化学専攻。僕も含めて、三人ともが、理系男子。ここがポイントかも。きっとそうだ!要するに、説明を経てから結論に達するっていう話の組み立て方、これは、イギリス人理系男子の共通項なんだよ。そうだ、そうだ。それをクリアにする為に、近いうちに、三人で飲み会をして、この理論が正しいかどうか、じっくり話し合わないといけなくなったな。」

???!

私:「何、その屁理屈。・・・・・そう、そう、そう、そう!そう言えば!!!イギリス人は、屁理屈が上手、っていう話も出た!それにね、Dはね、あと暫く、中国出張中だし、遠方だしね、そんな無駄なトピックの飲み会なんて、成立しないですよ!!」

・・・さて、この後、この件、どうなりますことやら??!?!






*夫に「話が長い」と文句を言うのが憚られるほど、長くなってしまったのですけれど、何故に私が、「精白砂糖はNG。」と「なるべくは、オーガニック物」っていうのに拘るのか、「続きを読む」をクリックすると、出てきますので、お時間ある方は、お読みくださいませ。


☆まず、「精白砂糖はNG」について、ですが、以前にも、ごく簡単に書いたことがあるのを思い出しました。お手数ですが、ここをクリックください。

あと、ここをクリックした下の方にも、精白砂糖について書いていました。私も、なかなか、しつこい、、いや、だって、精白砂糖入りのものを食べると、本当に具合悪くなるので、ついつい、しつこく書いてしまうのです。。

☆次に、「オーガニック」への拘りですが、三つに絞って、ごく簡単にまとめると、以下のような理由です。(それぞれをサポートする文献の言及は、省略します。)
・非オーガニック野菜、果物類の、残留殺虫剤の体への影響(発癌性等)が恐い。
・同じく、GMO(遺伝子組み換え)製品の体への影響(同上等)も、恐い。
・非オーガニック動物食は、飼料内成分が、残留して人体に、やはり、発癌等、悪影響を及ぼすのが、恐い。(抗生物質、ホルモン剤等)


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

やっぱすごいですよね

オーガニック云々もですが、やっぱり料理がすごいですよね。丁寧というか手がかかってますよ~。

こんな風に作ってみたい(お呼ばれされたいw)ですね。憧れの眼差し

のびー | URL | 2010/03/24 (Wed) 06:58 [編集]


牡蠣のベーコン巻き、これおいしそうだな~~~
それから実とかナッツとかをアクセントに加えるのって
すごく好きです^^
viveraさんのあのお寿司もすごくおいしそうだったし♪
持ち寄りパーティって何を作ろうか、いつも悩むんですが
やると楽しいんですよね~^^

なべちゃん | URL | 2010/03/24 (Wed) 07:22 [編集]


リス美さん、こんにちは!

本当に美味しそうなお料理が一杯ですね♪

持ち寄りのパーティーって
沢山の美味しいものが食べられるってというのが
本当にいいですよね!

牡蠣のベーコン巻き、これはトライしてみたいです(w)

三十路オンナ | URL | 2010/03/24 (Wed) 12:17 [編集]


potluck party

リス美さ~ん
ぜひぜひ 参加したかった私です 
最低限の資格は クリアー出来ていますから

他の方の一品々は 非常に興味深く 参考になりますね スクオッシュ、パースニップ、ルバーブはwaitrose(John lewisの下にある)で 見ながらも 最後まで使用しませんでしたから 
少し心残りです 次回滞在時?にはチャレンジしたいと考えていますが・・・

パーティー開催は大変ですが メニューを考えるのは 楽しいですね
卓上の 可憐なお花たちも とてもlovely です

lily | URL | 2010/03/24 (Wed) 16:07 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/24 (Wed) 21:06 [編集]


持ち寄りだと、いろんな家庭の味が味わえて
面白いですよね~。
牡蠣のベーコンまきはうちのクリスマスの定番でした。
パースニップとかスクオッシュとか、日本では
見かけないお野菜の料理がいいですね。

精白糖や精白穀物、私も普段はなるだけとらないようにしてるけど、
菜食じゃないので、たまにはいいのかしら?
だんな様同士のパブミーティングもあるのかな~。
日本人の奥様の共通点のディスカッションとか?

fanifani | URL | 2010/03/24 (Wed) 22:23 [編集]


イギリス流が貴重なのかも

御無沙汰です。
とても楽しく読ませてもらいました。

「イギリス人はね、ほんっと、非効率な話し方」から始まり
「じっくり話し合わないといけなくなったな。」で終わる
会話、イギリスに住んだこともあって、自称「英国オタク」
の理科系のマイミクさんにも紹介して、どう思うと訊いてみ
たくなりました。

根っこは同じ民族なのに、説明の仕方がなんでアメリカとイ
ギリスでこんなに違うんでしょうね。もしかしたら、アメリ
カが人種の坩堝ということも関係してるのかも知れません。
そう考えると「イギリス以外の世界中ではね」というのは逆
で、今あまりにもアメリカ流が幅をきかせていますが、むし
ろイギリスの純なところは貴重なのかも知れません。
学会での議論の様子などを思い出してウンウンと頷きながら
この日記読みつつ、そんなことを考えました。
 

Hiro | URL | 2010/03/25 (Thu) 05:28 [編集]


こんばんは。
ランチ会の様子、ブログで拝見できてよかったです。
いろいろアイデアを頂いて、体によいものを取り入れていく努力を
したいと思いました。

リンク先も改めて興味深く読ませて頂きました。
砂糖をはちみつで置き換えるのは、マクロビ的にはいかがなのでしょうか?

mano | URL | 2010/03/25 (Thu) 06:37 [編集]


うちもうちも!

前置きが長いし、うだうだしているし、そのくせ理論好きで彼の話を聞くといつもデイドリームにふけってしまいます。おまけに屁理屈大好き!
そんな旦那は大学卒ではないですが一応理系かも?飲みはしないですが、話は大好きなので盛り上げられたら最後、絶対止まらないこと請け合いです。

Marmite | URL | 2010/03/25 (Thu) 08:36 [編集]


嗚呼!
そういえば、付き合い出した頃、彼の御託←!!!に
それは日本語で屁理屈っていうの、ファートロヂック!!
ミにもならないってことよ!と言ったことを思い出しました(下品で失礼)。

また呼んで下さいませね。

Mods | URL | 2010/03/25 (Thu) 18:13 [編集]


のびーさんへ

皆さん、素敵なのを持って来てくださって、感謝感激でした♪のびーさん、次回、参加されますか?大歓迎ですよ。本気でお誘いしています!・・・ユーロスターで、だと、ちょっと遠いかな、やっぱり。。

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 03:59 [編集]


なべちゃんへ

ふふ、ナッツが口に入ると、あ、当たり!みたいで嬉しいですよね♪酸化が一番少ないとのことで、へーゼルナッツを使ってるんですが、実はカシューナッツのとろっとしている感じが一番好きかも、です。

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:07 [編集]


三十路オンナさんへ

どうぞ、是非トライしてください!他のものも全部、お世辞抜きに美味しかったですよ♪

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:23 [編集]


lilyさんへ

日本からの参加、っていうことですよね・・・ほんとにですか!!!?観光をかねて、っていうなら、ありえるかもしれませんねv-14

花にも気付いて頂いて、嬉しいですv-222

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:24 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010/03/26 (Fri) 04:25 [編集]


fanifaniさんへ

パースニップは◎な野菜なんですが、バターナッツ・スクオッシュは、大したこと無いですよ・・水っぽいカボチャと思ってください!

精白モノの欠点の説明の仕方の一つとして、体液を酸性にするので、弱アルカリ性に戻すのに、骨のカルシウムを使う、だから、精白モノを多食すると、骨粗鬆症につながる、っていうのもあるんです。だから、やっぱり、出来るだけ避ける方が安心だとは思うんですけどね・・・。体が不具合を感じないのであれば、気にする必要は無いのかな~私は、精白砂糖が、本当にダメ、、体に堪えてしまうんです。

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:30 [編集]


Hiroさんへ

是非、その知人の方に、ご意見を聞いてみてください・・・凄く興味あります!文系男子がどうなのか、については、仮説無しなんですが、これも興味あり、です。

私は、アメリカ流が、仕事時代に叩き込まれているし、もう一人は、大学がアメリカだった、そして残る一人もビジネス経営者なので、、、ご指摘のように、我々がアメリカナイズされ過ぎという説も成り立つかもしれません。っていうことは、もっと正統派の日本人だと、問題ない、っていうことなのかなv-40

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:34 [編集]


manoさんへ

はちみつも単糖類なので、諸手を挙げてOK、っていうのではないし、あと、ヴィーガンは勿論避けますよね。バリバリの精白砂糖以外は、自分でトライしてみて、体に悪影響を感じなければ、多量じゃなかったら良いのかもしれませんよ。

例えば、アガベ・シロップ、私は大丈夫なんですが、体が冷えるからNG、っていう人も居ますしね。体質もあると思いますよ。

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:36 [編集]


Marmiteさんへ

ははは、ご主人も、同じ穴の狢、ですか!!イギリス人女性は、どう対処してるのか、っていうのも調べてみたくなりました。

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:38 [編集]


Modsさんへ

傑作!!!早速、今晩、使わせて貰います。

石頭=ストーン・ヘッドっていうの、通じるし、ファート・ロジックも、凄く感じが出てて、英語表現として、根付くかもv-91

また、是非どうぞ♪

リス美 | URL | 2010/03/26 (Fri) 04:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。